未来を花束にして

Pocket

ひとりの平凡な母親が参政権運動の中に見い出したもの
それは未来への希望だった

1912年のイギリス。ロンドンでは、当時の政権に対して女性の選挙権を要求する運動が先鋭化していた。50年に及ぶ平和的な抗議が黙殺され続け、カリスマ的リーダーであるエメリン・パンクハーストが率いるWSPU女性社会政治同盟)は、言葉より行動をと過激な抗争を呼びかけていた。その一方で人を傷つけないことを方針のひとつとする穏健派も存在した。

現代社会の深刻な問題となっているテロ行為とは一線を画す、理性に拠る活動だったことが知られている。階級を超えて連帯した女性たちの願いはやがて大きなムーブメントとなり社会を変えていった 。
実話に基づく本作は、そんな女性たちの勇気ある行動を描出した感動作。女性はもちろん、男性にも是非観て欲しい作品だ!

あらすじ

1912年、ロンドン。劣悪な環境の洗濯工場で働くモードは、同じ職場の夫サニーと幼い息子ジョージの3人で暮らしている。
ある日、洗濯物を届ける途中でモードが洋品店のショーウィンドウをのぞき込んでいると、いきなりガラスに石が投げ込まれる。女性参政権運動を展開するWSPU女性社会政治同盟)の行動の現場にぶつかったのだ。それが彼女とサフラジェットとの出会いだった。

資料提供:ロングライド
コピーライト:© Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2015. All rights reserved.

【予告】

※映画ログ会員の評価・感想※

・原題のSuffragetteとは婦人参政権論者の意味。確かに馴染みのない単語であり邦題を付けるのは理解できる。しかし明るいイメージが想起される「未来を花束にして」は本作の内容にそぐわない。(夢見た)未来を花束にして手渡すから受け取った娘達よ、私の屍を越えて行けって内容であり、女工哀史からの市川房枝その後重信房子でもあるからだ。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック