アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊人形の誕生 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報
Pocket

史上最も呪われた“実在する”死霊人形アナベル、ついに明かされる誕生の秘密と恐怖のはじまり─

弱みを見せたら、最後。怖がるほど憑いてくる…
逃げ場のない館で狙われた6人の少女とシスター。最恐の呪いが彼女たちを襲う!

今秋、ホラー映画史上“最恐”の人形アナベルの呪いが、再び日本中を震撼させる!
『アナベル 死霊人形の誕生』は10月13日(金)全国ロードショー。

アナベル 死霊人形の誕生 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【作品紹介】

アナベルに戦慄するシスターと少女たちを演じるのは、ステファニー・シグマン(『007 スペクター』)、タリタ・ベイトマン(『フィフス・ウェイブ』)、ルル・ウィルソン(新作『Ouija 2』、『NY心霊捜査官』)らフレッシュな顔ぶれ。アンソニー・ラパリア(TVシリーズ『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』)やミランダ・オットー(Showtime放送TVシリーズ『HOMELAND』、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作)らベテラン勢も加わり、物語をより恐ろしくドラマチックに盛り上げている。

アナベル 死霊人形の誕生 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【ストーリー】

最強の布陣によって描かれるのは、死霊人形アナベルの誕生と呪いのはじまりの物語。数年前に幼い娘を亡くす悲劇に見舞われた、人形職人とその妻。彼らの館に、閉鎖に追い込まれた孤児院のシスターと6人の少女たちがやってくる。ようやくたどり着いた新居に喜んだのも束の間、やがて彼女たちは人形職人がつくった人形アナベルに狙われ、恐怖の呪縛にとらわれていく。日に日に激化していく異常現象、館中に響き渡る少女たちの悲鳴、どこまでも“憑いて”くるアナベル…。果たして彼女たちは呪いから逃れることが出来るのか?そしてついに明かされる、アナベル誕生の秘密とは!?

アナベル 死霊人形の誕生 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【予告編】

■ キャスト

ステファニー・シグマン
タリタ・ベイトマン
ルル・ウィルソン
アンソニー・ラパリア
ミランダ・オットー

■ スタッフ

監督:デイビッド・F・サンドバーグ(『ライト/オフ』)
製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』)/ピーター・サフラン
脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『アナベル 死霊館の人形』)

■ 配給

ワーナー・ブラザース映画

■ 製作国

アメリカ(2017年)

■ 上映時間

1時間49分
PG12

■ 公式サイト

annabelle-creation.jp

■ 公開表記

2017年10月13日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

■ コピーライト

(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC





※映画ログ会員の評価・感想※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

アナベル 死霊人形の誕生 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

<<※この映画(記事)のあなたの評価は?>>