オン・ザ・ミルキーロード

オン・ザ・ミルキーロード 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報
Pocket

エミール・クストリッツアが9年ぶりにスクリーンに帰ってきた!
まさに『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』の集大成『オン・ザ・ミルキーロード』

オン・ザ・ミルキーロード 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【作品紹介】

圧倒的で計り知れないエネルギーで描かれる、戦争が終わらない国を舞台にしたミルク運びの男と美しい花嫁の壮大な愛の逃避行。戦争の悲しさ・おろかさを描きながらも、その中で情熱的な恋、狂騒のダンス、温かいユーモアが繰り広げられます。エミール・クストリッツァが率いる、世界中でカリスマ的な人気を集めるバンド “ノー・スモーキング・オーケストラ” のメンバーであり、監督の実子でもあるストリボール・クストリッツアが手がける強烈なバルカン・ミュージックが全編を彩る点も注目です。

オン・ザ・ミルキーロード 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・”ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

【予告編】

■ 監督・脚本

エミール・クストリッツァ
 

■ 出演

モニカ・ベルッチ
エミール・クストリッツァ
プレドラグ・”ミキ”・マノイロヴィッチ
スロボダ・ミチャロビッチ

■ 音楽

ストリボール・クストリッツア

■ 配給

ファントム・フィルム

2016年/セルビア・イギリス・アメリカ/アメリカン・ビスタ/125分  

■ 原題

On The Milky Road

■ コピーライト

(C)2016 LOVE AND WAR LLC





※映画ログ会員の評価・感想※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

オン・ザ・ミルキーロード 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

<<※この映画(記事)のあなたの評価は?>>