東京喰種(トーキョーグール)

東京喰種(トーキョーグール) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報
Pocket

【イントロダクション】

全世界が注目!!累計発行部数2300万部を超える超人気コミックが、アニメ、舞台、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化。

累計2300万部を誇る話題沸騰の超人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」。人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京。人間の姿をしながら人肉を喰らう正体不明の“喰種”の脅威に人々は恐れを感じていた。読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」で、自分と同じ作家の本を愛読する女性・リゼと出会い、想いを寄せる。

東京喰種(トーキョーグール) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。人の命を奪い、喰い生き永らえる怪人“喰種”の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界のあり方を模索する青年の未来は――!?

食物連鎖の頂点とされるヒトを狩るものたち、人はそれを喰種(グール)と呼ぶ。
両者の衝突が激化する中、いま一人の青年が立ち上がる。

東京喰種(トーキョーグール) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【ストーリー】

人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。

東京喰種(トーキョーグール) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

【予告編】

■ 原題・英題

東京喰種 トーキョーグール

■ クレジット

監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」
( 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

■ 出演

窪田正孝
清水富美加
鈴木伸之
桜田ひより
蒼井優
大泉洋
村井國夫
小笠原 海
白石隼也
相田翔子
柳 俊太郎
坂東巳之助
佐々木 希
浜野謙太
古畑星夏
前野朋哉
ダンカン
岩松 了
 

■ 配給

松竹株式会社

■ 公式サイト

http://tokyoghoul.jp/

■ コピーライト

©2017「東京喰種」製作委員会©石田スイ/集英社

■ 公開日

2017年7月29日

■ 公開情報

世界公開

■ 公式サイト

http://tokyoghoul.jp/

■ レイティング

PG12





※映画ログ会員の評価・感想※

・原作ファンで実写化公開を楽しみにしてた。公開前にいろいろあってどうなるか心配だったけど無事公開されて本当に良かった。人を喰うという話だから、元々そういう話とわかってて大丈夫な人しか観ないかもしれない

・原作未読、アニメ鑑賞済み。現実だと赫子って意外と生々しいんだなと見てて思った。面白さはまあまあ。原作になるべく忠実で、俳優さんたちもキャラに近くて良かった。

・蒼井優は見た目リゼっぽくないのにちゃんとリゼでなるほど、といったキャスティング。主役の1人が降板してしまったいま、続編をどう作るのか気になるところ。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

東京喰種(トーキョーグール) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

<<※この映画(記事)のあなたの評価は?>>