きっと、いい日が待っている

きっと、いい日が待っている
Pocket

【STORY】

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語。
エリックとエルマーの兄弟の絆は、希望となって周囲に勇気を与えていく━。

キャスト

監督:イェスパ・W・ネルスン
出演:ラース・ミケルセン(「SHERLOCK」「THE KILLING/キリング」「ハウス・オブ・カード 野望の階段」) ソフィー・グローベル(「THE KILLING/キリング」) ハーラル・カイサー・ヘアマン、アルバト・ルズベク・リンハート、他

2016年/デンマーク/デンマーク語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/119分/PG12

原題:Der kommer en dag
英題:The day will come/翻訳:中沢志乃

あらすじ

1967年、コペンハーゲン。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していた。

エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまう。弟のエルマーは病を抱えながら宇宙飛行士になるという夢を持っており、エリックは複雑な思いを抱いていた。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまう。悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―

予告

配給:彩プロ
宣伝:ブラウニー
コピーライト:c2016 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa International Sweden AB.

※映画ログ会員の評価・感想※

・昔は養護施設でも「しつけ」と称して随分と酷いことをしていたんですね~。たしか里子を引き取ることで国から補助金?をもらえてそれを子供のために使わないという映画かドキュメンタリーを見た覚えがあります。こんな不遇な生活を送る兄弟でも励まし合い、いつか良い日が来ると願うその姿がとても健気です。。お薦めの映画です♪

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック