Pocket
LINEで送る

映画ログ12月のおすすめ映画「バーフバリ 王の凱旋」がこの度遂に興収1億突破!!
【動員:71,757名/興収:100,475,350 2月25日(日)時点】

宣伝隊長江戸木さんの予言通りの大ヒット上映が列島を席巻!
思い出します、あの言葉、あの興奮・・・。

・年間500本くらい映画を観ているが、10本を選ぼうと思うと確実に上位に入る作品(ふむふむ、凄そうだ・・・)
・ここまで凄いものは、正直数十年に一本のレベルです(数十年って、凄くない!?)
・言葉でその「凄さ」を説明するのが困難(あらあら、それは困ります、説明を!)
・とにかく騙されたと思って見て欲しい(なんだかインド的怪しさが・・・)
・数百回観た「ムトゥ 踊るマハラジャ」と同じ常習性!(本当に危なそう・・・)
・何度でも観たいと思わせる麻薬的魅力(それは限りなくアウト!!!)
・密度が濃く、何度見てもその度に味があるのが魅力(キター、味変宣言!!!)
・宣伝費もスクリーン数は桁違い。しかし面白さに関しては絶対にSWに負けていない(待ってましたそのお言葉!)
・この映画を見れば誰にでも幸福と幸運がやってくる!(まさに2018年開運吉祥ムービー誕生の瞬間!)


宣伝隊長江戸木さんインタビューはこちら

そして迎えた12月13日のあの絶叫試写!!!アマレンドラ・バーフバリと日本国民が飯田橋で出会い、遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国の民となった。いや、あの時はまだその衝撃に絶叫ではなくただただ圧倒されていた。呆然としていた民。あれからじわじわと始まった絶叫の嵐。「王を称えよ!」(バーフバリ、ジャイホー!)を合言葉に民が民を呼び・・・。

寒波に負けない熱い熱いバーフバリ旋風はまだまだ絶賛、絶叫、上映中!

★『バーフバリ 王の凱旋』 奇跡のV字回復への軌跡(宣伝公式より)

① 公開直前~直後≪エンタテインメントの究極にして臨界点だと思っていた前作が設定した高いハードルを『バーフバリ 王の凱旋』は超えてきた≫的マスコミの絶賛~コアな観客からの≪やはり間違いない!≫的興奮と激賞がSNSに続々と書き込まれる ⇒噴火前の活火山の如、既に異様な熱量の声援=マグマ蓄積開始!

【公開直後の一般観客からのSNS等への熱い書き込み 例】

『なんちゅう映画だよ…ハチャメチャに面白い一作目より更に盛ってる…』『とにかく、動作設計が異常で…格好いいショットが無限にあった…』『見たいものを見せてくれるだけに終わらず、見たことのないものまで惜しげもなく…もはや、神話だった。』『あらゆる意味で面白かった…面白過ぎて泣いた。』『余韻が収まらない早くまた観たい…。』『絶対、映画館で見た方が良い。』『こんなに絶叫上映に行きたいと思える映画は初めて…。』

② マスコミからの正月時期の強力な援護射撃=パブ掲載 ~一般観客のSNS等への異様なテンションの書き込みが年末から途切れることなく続く

⇒作品に“痺れまくった”全てのオーディエンス(マスコミ&観客)の巨大なエネルギーが爆発=噴火前のマグマの如くさらにエネルギーが蓄積される

③ ≪絶叫上映(サイリウム等を振りながら観客が主人公の名前等を絶叫する上映)≫や≪マサラ上映(絶叫上映に+αクラッカーや鳴り物/紙吹雪の使用もOKな

究極のお祭り上映≫の実施~その空前絶後な体験がSNS等で拡散⇒噴火直前に爆発の土台がさらに強固に ※この時期(公開4週目)から興行成績再び上昇

④ 『バーフバリ 王の凱旋』で初めて“その素晴らしくぶっ飛んだ世界観”を体感した一般観客から熱烈にして常軌を逸したSNS等への書き込み殺到~一般観客から

の終わらない(エンドレス・ループ状態の)歓喜と絶賛の声をマスコミがニュース記事化 ⇒噴火&爆発‼配給会社さえ予想しなかった強力な自転運動開始!!

【公開からほぼ一カ月 『バーフバリ 王の凱旋』で初めてその尋常ならざる熱気の洗礼を受けた一般観客からのSNS等への書き込み例】

『今週一杯風邪気味だったけども、実際に『バーフバリ』観終わった後の体調の良さは凄かった』『わかる!肌の調子がいい!あれはバーフバリのお陰だったのか…!』『観賞前:美容と健康に良いと聞いていたが、信じてなかった。観賞後:大量に涙とアドレナリンが出てスッキリ。喉の不調が消えた。』『『バーフバリ 王の凱旋』を観た人たちが、「体調がいい」「肌の調子がいい」と言い出してる。もはや映画を超えて、見る薬膳、見るスキンケアと化し始めた。』

⑤ 劇場観賞した著名人から続々SNS等へ大興奮と激賞コメントが集まり始める【糸井重里氏/品川祐氏(品川庄司)/歌広場淳氏(ゴールデンボンバー)/なだぎ武氏 等】⇒劇場で想像を絶する興奮と感動、祝祭的空間を共有&満喫した全てのオーディエンスの作品への熱狂と想いが結実し遂に著名人達さえ動かし始める!

お待たせしました、緊急解禁!
「バーフバリ 王の凱旋」大ヒット御礼予告映像!

■ 予告編



さらにプラバース&アヌシュカの新ビジュアルの解禁!


・コピーライト
©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
・公開表記
(新宿ピカデリー他) 全国にて大ヒット・ロングラン上映中!

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

『バーフバリ 王の凱旋』の激アツレビューを映画ログでチェック

関連記事

コメントは利用できません。

祝カンヌ最高賞受賞『万引き家族』予告





注目映画

  1. 映画『きみへの距離、1万キロ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 物語は、遠く離れた地球の反対側から監視ロボットを通じて出会う男女の運命の恋…
  2. 映画『ローズの秘密の頁』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    アカデミー賞®ノミネート監督ジム・シェリダン『父の祈りを』5年ぶり待望の新作が日本公開! ルーニー…
  3. 映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 『空の境界』『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/stay night』な…
  4. 映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    津端修一さん90歳、英子さん87歳 風と雑木林と建築家夫婦の物語 【イントロダクション】 …
  5. 映画『ダンガル きっと、つよくなる』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    「神がかって面白い!」「オールタイムBEST1!」「嗚咽がとまらない!」 インド映画の世界興収№1…
  6. 映画『ドラえもん のび太の宝島』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 昨年3月に公開された『のび太の南極カチコチ大冒険』が新シリーズ最高興収であ…
  7. 映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などで知られ…

予告編 夜間もやってる保育園

予告篇 ワンダーウーマン

予告編 あしたは最高のはじまり

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る