Alexandrosサプライズ登壇『グッバイ、ドン・グリーズ!』舞台挨拶

『グッバイ、ドン・グリーズ!』公開記念舞台挨拶レポート

“世界”を表現!川上「夢って意外と遠くない」
花江「未来が明るくなる作品。宝物になってくれれば」

その感動は世界へ――。日本を飛び越え、米・ニューヨーク・タイムズ「ベストTV 2018 インターナショナル部門」(The Best International Shows)に選ばれ、世界中で絶賛された大ヒットTVアニメ「宇宙よりも遠い場所」を手掛けた、いしづかあつこMADHOUSE、さらにキャラクターデザイン・吉松孝博によるオリジナル劇場アニメーショングッバイ、ドン・グリーズ!2月18日(金)に公開となった。
グッバイ、ドン・グリーズ!,画像
主人公【ロウマ】を、興行収入を塗り替える快挙となった『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役を務め、日本声優界には欠かせない存在となった花江夏樹が。病院の息子で秀才、小学校のときにロウマと出会い「ドン・グリーズ」を結成した【トト】に、「進撃の巨人」(エレン・イェーガー役)、「僕のヒーローアカデミア」(轟焦凍役)など、数々の人気作に出演する梶裕貴

ある事情から【ロウマ】の住む田舎町にやって来て、「ドン・グリーズ」の輪に加わる少年【ドロップ】を、「ハイキュー!!」(日向翔陽役)や『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』(豆沢サスガ役)など、幅広い作品に出演、話題沸騰中の村瀬歩。そして、【ロウマ】の憧れの同級生【チボリ】を、「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの常守朱役や「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃役など、確かな実力で引っ張りだこの花澤香菜が演じる。

また、【ロウマ】の父親役をロンドンブーツ1号2号の田村淳が、母親役を指原莉乃が務めるなど、豪華なラインナップとなっている。

さらに本作は、ロックバンド[Alexandros]の新曲「Rock The World」が主題歌として作品を彩る!

公開記念舞台挨拶を開催
声優を務めた花江夏樹、梶裕貴、村瀬歩、花澤香菜と、いしづかあつこ監督、そして、主題歌を担当した[Alexandros]がサプライズ登壇!

本編の上映終了後、客席から割れんばかりの拍手が贈られる中、花江夏樹、梶裕貴、村瀬歩、花澤香菜、いしづかあつこ監督が登壇。

まず初めに、本作の主人公・ロウマを務めた花江が「まだ気持ちの整理がついていないかと思いますが、傷をえぐるような形で思い出をしゃべりたいなと思っています。」とユニークに挨拶。ロウマの親友で「ドン・グリーズ」のメンバー・トト役の梶が、すかさず「みんなで共有したいということね!」とフォローし、息の合ったコンビネーションを見せた。
グッバイ、ドン・グリーズ!,画像
続いて、梶は「今、皆さんの中で色々な思いが沸き起こっているところだと思います。短い時間ではありますが、作品について一緒にお話しできればなと思っています。」と挨拶した。ドン・グリーズの新しいメンバー・ドロップ役の村瀬は「作品の魅力をこのメンバーで語れることを楽しみにしております。」とキュートな笑顔で挨拶。

そして、ロウマ憧れの同級生・チボリ役の花澤が「みんな、涙拭いてるー?!」と元気いっぱい客席に向かって呼びかけた。いしづか監督は、自身の元に「もう一度観たい」という声が届いているようで、梶も映画監督の堤幸彦さんから「こういう作品に出会いたかった!」という熱のこもったメールをもらったという。「堤監督、ありがとうございます!」と監督はご満悦になった。

自身が演じた役について、花江は「ロウマは段々と自身の意志を見つけていく少年だったので、初登場時と最後で精神的な成長があったんじゃないかと思うので、それを大事にしながら演じました。」と述べた。

梶は、「ご覧になった方が感じ取ったものがすべてだと思います。その上で、同じテーマでも、人によって 見方、考え方が変わるということを教えてくれる作品。世代問わず、すごく学べる作品になっていると思います。」と、作品について熱く語った。

村瀬は、ドロップについて「背負ったものとか覚悟がヘビーだったけれど、自分が定めた目標に向かって頑張る姿を見ていて、背中を押してもらえるようなところがありました。」と述べた。

花澤は、来場者特典のブックレットに掲載されているチボリのエピソードに絡めて、「彼女なりにいつも一生懸命だったんだけれど、ロウマから与えてもらったものがたくさんあったことが見えてきました。これまで私も、出会ってきた色んな人に支えられてきたなと共感するところがあって、前を向いて生きていこうと背中を押してもらえる作品だと思います。」と話した。
グッバイ、ドン・グリーズ!,画像
制作にあたってこだわったポイントについて、いしづか監督は、一人のキャラクターを色んな方向から見ることができるところを挙げ、「見方を変えるだけで、ポジティブにも捉えることができるという新しい目線を入れようと思った。」と秘話を披露。そして、「それがキャストに伝わっていたことが嬉しいです。二度目観たいと思ってもらえるきっかけとして、になっているのがありがたいです。」と、感謝の思いを伝えた。

花江は、演じてみて印象深かったシーンに、「日常的な会話」「真正面から向き合っていない会話が多い」ことを挙げ、テンポの良さが気持ち良かったという。また、「大人になった今、子どもからふと言われて突き刺さるような一言が散りばめられていて、印象に残っています。」と述べた。

そして、主題歌を担当した[Alexandros]がサプライズ登壇!会場の熱気が一気に高まった。川上(Vo&Gt)と花江は、以前食事をしたことがあるといい、川上が映画好きということから、おすすめの映画を教えてもらったというエピソードを披露。花江から、【カワカミー賞2021】という独自の映画ランキングが存在していることが明かされ、「図々しく(笑)」とはにかんだ。

主題歌「Rock The World」(最新シングル「Rock The World / 日々、織々」発売中)に込めた思いについて川上は、「Rock The Worldは“ぶちかませ”という意味なんですけど、物事は捉え方ひとつで何とでもなるということを散りばめています。」と語った。そして、監督からは「世界を見下ろす」というキーワードをもらっていたといい、「夢って意外と遠くない」「つかめる」と、自身のアーティストとしての経験から「世界」を表現した。

主題歌制作に向けて事前に話し合ったことや、川上から上がってきた楽曲を聞いた第一印象を聞かれた磯部(Ba&Cho)は、「洋平らしいメロディーだと思いました。アレンジはメンバーで考え、空気が震えるような熱量を込めることができました。」とコメント。白井(Gt)は、最終的に「世界に飛び立つ」というところが、自身たちの活動と映画とがリンクしたと話した。リアド(Dr)は、メロディーについて「ストーリーの中に星空が綺麗なシーンがあったと思うんですけど、すごい美しく輝いているように聴こえました。」と絶賛した。

本作のキャッチコピー【“LIFE”(生き方)を変える】に関連して、自身の人生を変えた出会いやモノ、出来事やきっかけについて

いしづか監督は、自身の母親の余命宣告を挙げ、「他人にとっての”宝物”であるという自分のアイデンティティが実感できた」という。

川上は、照れながらも「メンバーに出会ったこと」とメンバー愛を見せた。

花澤は、自身が声を担当したアニメーション「宇宙(そら)よりも遠い場所」(以下、「よりもい」)だといい、客席に観たことがある人がいることが分かると、「やったね!」と喜びを表した。そして、川上もさりげなく手を挙げていたことを知らされ、「嬉しい!」と満面の笑みになった。そして、「よりもい」に参加した際に、「キャラクターと同じ時間を刻んでいう実感」があったそうで、再びいしづか作品に関われることに歓喜したという。

村瀬と梶は「芝居を始めたこと」とし、それぞれ「社会性を得ることができた」「同じ夢を志す仲間に出会えた」と、声優という職業が自身の人生の変えたことを伝えた。

一方、花江は「梶さんですね」とさらっと言い、事務所に入ったばかりの頃にマネージャーから「お前は梶裕貴になれ!全部真似しろ!」と言われていたことを暴露した。しかし、当時は「ふざけんな!」と反発していたことを正直に話し、梶の凄さを知ってからは「梶さんと僕は違うんだ」と思う反面、「梶さんから少しでも吸収してやろう」と思っていた時期もあったという。現在は、「梶さんの良さは自分には出せないので、”梶裕貴は花江夏樹じゃない“という結論になりました。」と会場の笑いを誘い、梶からは「これからもよろしくな!」との茶目っ気のある先輩らしいレスポンスが。

最後に、花江から「見方によって色んな感じ方ができる作品です。心が温かくなる、未来が明るくなる作品なので、この作品が宝物になってくれれば。」と挨拶があり、イベントは終了した。

イベント後には、花江、梶、村瀬、[Alexandros]が出演する「トクバン、ドン・グリーズ!」が配信され、公開記念ビジュアルと第2弾の入場者特典が発表された。公開記念ビジュアルは、ロウマ、トト、ドロップのドン・グリーズ3人の中学時代を描いたもので、本編の重要なシーンに繋がる貴重な画となっている。

また、第2弾の入場者特典は、映画では描かれなかったロウマ達のその後のエピソードを楽しめる書き下ろし小説「グッバイ、ハイスクール」に決定!いしづか監督による描き下ろしイラストや、作品の裏話が掲載されている第1弾入場者特典のブックレットは、2月24日(木)まで。第2弾特典は2月25日(金)~3月3日(木)で配布される。数量限定のため、無くなり次第終了となる。

映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』入場者特典 概要

《入場者プレゼント第1弾》
『DONGLEES GUIDE BOOK -ドン・グリーズと冒険に出かけよう-』(32P)
配布期間: 2月18日(金)~2月24日(木)

グッバイ、ドン・グリーズ!,画像
ドン・グリーズの世界を探訪することのできるブックレット(32P)仕様となっており、監督による描き下ろし表紙に加え、キャストやスタッフが語るここでしか読めない作品の裏話等が掲載されています。本編視聴後に読むと、より深く作品を楽しめること間違いなし。

※映画のネタバレに触れた内容となっておりますので、鑑賞後にお読みください。
※鑑賞者一名様につき1部、先着順となります。
※数量限定のため、無くなり次第、配布を終了となります。
※2月25日(金)以降の配布はございません。

《入場者プレゼント第2弾》
『グッバイ、ドン・グリーズ!』書き下ろし小説「グッバイ、ハイスクール」(48P)
配布期間:2月25日(金)~3月3日(木)

グッバイ、ドン・グリーズ!,画像
映画では描かれなかったロウマ達のその後のエピソードをお楽しみいただけます。

著者:庵田定夏/原作:Goodbye,DonGlees Project/脚本:いしづかあつこ
※映画の結末に触れた内容となっておりますので、鑑賞後にお読みください。
※鑑賞者一名様につき1部、先着順となります。
※数量限定のため、無くなり次第、配布を終了となります。
※3月4日(金)以降の配布はございません。

『グッバイ、ドン・グリーズ!』主題歌PV映像

あらすじ

東京から少し離れた田舎町に暮らす少年・ロウマ。周囲と上手く馴染むことができないロウマは、同じように浮いた存在であったトトと二人だけのチーム“ドン・グリーズ”を結成する。
その関係はトトが東京の高校に進学して、離れ離れになっても変わらないはずだった。「ねえ、世界を見下ろしてみたいと思わない?」高校1年生の夏休み。それは新たに“ドン・グリーズ”に加わったドロップの何気ない一言から始まった。
ドロップの言葉にのせられた結果、山火事の犯人に仕立て上げられてしまったロウマたちは、無実の証拠を求めて、空の彼方へと消えていったドローンを探しに行く羽目に。ひと夏の小さな冒険は、やがて少年たちの“LIFE”(ルビ:生き方)を一変させる大冒険へと発展していく。

キャスト

花江夏樹 
梶裕貴 
村瀬歩
花澤香菜

監督・脚本

いしづかあつこ

キャラクターデザイン:吉松孝博
美術監督:岡本綾乃 
美術ボード制作協力:山根左帆 
美術設定:綱頭瑛子、平澤晃弘
色彩設計:大野春恵
撮影監督:川下裕樹 
3D監督:廣住茂徳、今垣佳奈 
編集:木村佳史子
音楽:藤澤慶昌 
音響監督:明田川 仁
音響効果:上野 励

アニメーション制作:MADHOUSE
製作:グッバイ、ドン・グリーズ!製作委員会
配給:KADOKAWA
公式HP:https://donglees.com/
©Goodbye,DonGlees Partners

大ヒット上映中!

グッバイ、ドン・グリーズ!,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …
  2. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. ここから始まる殺し屋生活。コイツら、全員めんどくせぇ!! 「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  7. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る