あれから40年、ガンダムの歴史が再び動き始める『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特報

『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像

アムロ・レイが搭乗するRX-78-02 ガンダムが降り立つ特報映像

1982年 劇場公開『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙』から40年-ガンダムの歴史が再び動き始める。

『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像

今回、解禁された映像の冒頭では主人公アムロ・レイが搭乗するRX-78-02 ガンダムが、とある島に降り立つシーンから始まる。ガンダムが辺りを見渡すと、そこは広大な海に囲われた孤島であった。

『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像

極秘作戦に向かうアムロ達を「嫌な予感がする」と不安そうに見送るセイラに対し心配ないと残置諜者捜索に乗り出すアムロ達だったが・・・突如、一機のザクが現れ急展開に。

そのザクの操縦者はアムロの敵対するジオン軍の脱走兵であり、あの赤い彗星のシャアと並ぶといわれるほどの強さをもつ男ククルス・ドアン。この戦闘の中でガンダムを失ったアムロだが、島の秘密を暴き再びガンダムを見つけて無事脱出できるのか…?

『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像 『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像

さらに、ブライト、カイ、セイラやスレッガーなどホワイトベースのクルーも多数登場。

映像の後半では、ドアン専用ザクが激しく燃え上がるガンペリーを見つめる様子を背に、「お前たちとは戦いたくない」と立ち去るよう促すドアンのセリフや、「決着をつけなければ…」と覚悟を決めるドアンの姿が収められている。このドアンの言動は島の秘密と関係があるのだろうか。

さらに、目を奪われるほど激しいMSアクションにはご注目。ガンダムとザクの一騎討ち。「ガンダム、再び大地に立つ」を体現するような地上戦は必見。果たしてこの勝負、どちらが勝つのか。

特報ながら圧巻の仕上がりとなっている。

ティザービジュアル&劇場バナー

ガンダムよ、このザクを倒せるか。ティザービジュアルを解禁!

『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像

ヒート・ホークを構えるドアン専用ザクに対し、ビーム・サーベルで挑むRX-78-02ガンダムの姿が収められており、互いに一瞬の隙も与えない空気に息を呑む。ガンダムが手にしているシールドが無惨にも切断されている有様からドアンザクの強さが伝わってくる。また、MSを見上げる構図から、まるで目の前で戦いが起きているかのような没入体験ができるのもこのビジュアルの魅力となっている。空は漆黒の闇に覆われ、雲間から稲光が瞬き、一触即発の緊迫感漂うビジュアルだ。

『機動戦士ガンダム▲ククルス・ドアンの島』,画像

劇場バナーは、本作の舞台となる島を背景にホワイトベース隊が並んだデザインとなっている。さらに、誰もが一度は聞いたことがあるであろう大ヒットソング「翔べ!ガンダム」を使用したTVアニメ『機動戦士ガンダム』のOPでアムロ達が天に向かって手を伸ばす名シーンを再現。

《「めぐりあい宇宙」から40年―おかえり、ホワイトベース隊》のキャッチコピーと相まって帰ってきたホワイトベース隊が織り成す物語が待ち遠しくなる感慨深いビジュアルとなっている。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特報映像

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』作品情報

あらすじ・ストーリー

ジャブローでの防衛戦を耐えきった地球連邦軍は勢いのままにジオン地球進攻軍本拠地のオデッサを攻略すべく大反抗作戦に打って出た。アムロ達の乗るホワイトベースは作戦前の最後の補給を受ける為にベルファストへ向け航行。そんな中ホワイトベースにある任務が言い渡される。無人島、通称「帰らずの島」の残敵掃討任務。残置諜者の捜索に乗り出すアムロ達であったが、そこで見たのは、いるはずのない子供たちと一機のザクであった。戦闘の中でガンダムを失ったアムロは、ククルス・ドアンと名乗る男と出会う。島の秘密を暴き、アムロは再びガンダムを見つけて無事脱出できるのか…?

スタッフ

企画・製作:サンライズ
原作:矢立 肇 富野 由悠季
監督:安彦 良和
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利
総作画監督 : 田村 篤
美術監督:金子 雄司
色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
CGI演出:森田 修平
CGI監督:安部 保仁
編集:新居 和弘
音響監督:藤野 貞義
音楽:服部 隆之

【メインキャスト】

アムロ・レイ:古谷徹
ククルス・ドアン:武内駿輔
ブライト・ノア:成田剣
カイ・シデン:古川登志夫
セイラ・マス:潘めぐみ
ハヤト・コバヤシ:中西英樹
スレッガー・ロウ:池添朋文
ミライ・ヤシマ:新井里美
フラウ・ボゥ:福圓美里

【公式ティザーサイト】:g-doan.net

【公式Twitter】:@g_cucuruzdoan
配給:松竹ODS事業室
©創通・サンライズ

6月3日(金)全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  2. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  3. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  6. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る