おすすめアニメ!『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』全13話 Vol.3

※この映画はまだ評価がありません。

本作は2年前の2018年に13話をTV放映後に、Blu-ray&DVD Vol.4に収録の未放送話数「Extra Episode」が制作され、2019年には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -』が劇場公開され、今現在再上映されている。
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=violetevergardensidestory
そして本年は『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が公開を控えている。
「主人公ヴァイオレットの成長した姿がみたい、その後どうなったの?幸せになったの?」こんなファンの声が続く限り、劇場版の後も続編制作を期待しているのは映画ログだけだろうか!でも、公式HPには・・・「そして、いよいよフィナーレへ──。」って書いてるー!あー、やめないで~。そんな意味じゃないといいけど、ファンを代表して取りあえず駄々をこねてみたい。
ともかく、とてもいい作品なので、是非TVシリーズから見て欲しいと思うものの、もちろん”外伝”から観ても十分にヴァイオレットの魅力は伝わると思う。また、最初に「劇場版を観るよ」って方もいると思うので、まずはTV作品のあらすじを少しお伝えしたい。

あらすじ

感情を持たない少女ヴァイオレットが愛を知るまでの物語──。

ヴァイオレットは研ぎ澄まされた身体を使い、武器として戦場で利用されるのだが、その幼いままの心はどこに向かうのだろう?武器として扱われることに能力を発揮し、命令に従って、その完遂に使命感を抱いているヴァイオレット…
そんなヴァイオレットに心で世界をみる機会が訪れる。しかし、彼女の言動は様々なシチュエーションで違和感を醸し出す。そして「まるでお人形さん」のようだと形容される表情は、そのまま無表情という意味にも思えるし、純粋とも受け取れないだろうか。
そんな気持ちで世界をみる少女の姿を見ていると、手を差し伸べたい気持ちになってくる。
そして、自由に生きる道が与えられたとき、ヴァイオレットは何を拠り所として歩んでいくのだろう?そんなヴァイオレットを「ある言葉」が揺さぶり続ける。「その言葉の意味を知りたい」この衝動がヴァイオレットを心の旅へと駆り出させているようにも思える。
自動手記人形として、手紙の代筆を通じて「ある言葉」の意味を理解しようとするヴァイオレットには、心のこもった手紙を代筆して欲しいと顧客がやってくる。ある者は言い出せない想いを語り、また、ある母親は自分の死期を悟って幼い娘宛てに手紙を書くのだった。
果たして、歩み始めたばかりのヴァイオレットに、依頼主に代わって手紙を書くことなんてできるのだろうか。
切実な想いが相手に伝われば、一言でもいい。そして「届かなくて良い手紙なんてない」のだと理解するヴァイオレット。「ある言葉」の意味がどういうものなのか、少しずつそこに近づいてゆく。
これまで自分のしてきた過ちを知り、打ちのめされながら、様々な出会いを通して、心に春の日差しは届くのだろうか。見る側に様々な想いを届けてくれるこの作品自体が「手紙」なのだと思えて仕方がない。

愛すること、愛されることが、人間の都合を超えている世界観だからこそ、私たちにしっかりと届くのではないだろうか。

第10話

ヴァイオレットが歩いて来るのを見て、凄く大きなお人形が歩いて来たと、興味津々の幼いアン。これから7日間にわたり、病弱な母クラーラが大事な人へ手紙を書くことになる。その間はサンルームには来ない様にと言い渡されたアンだが、幼いがゆえに我慢するのは難しい。サンルームで会話をする母とヴァイオレット。手紙を見て涙ぐむ母に動揺するアン。

アンはヴァイオレットに、誰に書いている手紙なのか?そして母と過ごす時間をとらないで欲しいとお願いする。話をうまくはぐらかしつつも、ヴァイオレットはアンの気持ちが分かっているようにも見える。
苦しそうな表情で倒れこむ母クラーラに駆け寄ったアンは、子供ながらにも母の病状がよくないことを分かっていて「これからずっと一人になるなら、手紙なんか書かないで、今私と一緒にいて欲しい」と泣きながら戸外へ駆け出して行ってしまう。
泣き止まないアンの後を追うヴァイオレットが、おぼろげながらもその運命を悟るアンを抱きしめる。
そして「どうして手紙を書くの?」と聞くアンに、ヴァイオレットは「人には届けたい想いがあるのです」と応える。
自分ではどうすることも出来ない現実と向きあうアンは「そんなの届かなくていい!」と、ありったけの気持ちをヴァイオレットにぶつける。ヴァイオレットの瞳は一瞬揺れながらも「届かなくていい手紙なんてないのですよ」と静かにアンを諭す。届くであろうその人を、アンが察するには、まだ…
仕事を終えて郵便社に戻ったヴァイオレットだが、我慢していた気持ちの糸が切れて大粒の涙を流す。「届く頃にはお母さまは…あんなに小さい…寂しがり屋でお母さまが大好きなお嬢様を残して、あのお屋敷に一人残されて、私、お屋敷ではずっと泣くのを我慢していました。」と。
時が過ぎて、独り残されたアン。寂しい時、愛すべき人との出会いの日、愛する子供が生まれた時…50年にわたる様々な人生のステージで、本当に居て欲しかった亡き母クラーラの“届けたい想い”がアンに届くのだった。

【あとがき】

この第10話は号泣版ですね。ヴァイオレットにとっては、泣いてしまえば気持ちは楽なのだろうが、母とアンとの二人の心の間に自分が入り込んでしまうことを避けるように気丈に振る舞っているのではないだろうか。
第9話で、新しい自分を生きることを許したヴァイオレットが、依頼者の心に花が咲くようにと、まさにその名にふさわしい人として一歩を踏み出したようにも思える。

第11話

内戦が起きているクトリガル国メナス基地にいる兵士からの代筆依頼。「戦場にいる兵士は伝えたいことがあるからドールを呼んだのだろう」というカトレアの声を立ち聞きしたヴァイオレットは、断るつもりでいたホッジンズの封筒を持ち出し、クトリガルに向かった。和平反対派から武器を渡されたガルタリクの残党に襲われ、虫の息の依頼主エイダンを見つけ出しかくまうヴァイオレット。
命が尽きることを悟ったエイダンは「生まれ変わっても、また息子にして欲しい」と両親への最後の言葉をヴァイオレットに託す。そして更に、自分に告白してくれた幼馴染マリアへの手紙…「帰りたい、死にたくない、君の所に帰りたい。」と。意識が遠のく中でマリアを夢見るエイダンは、「〇〇してる」と声にはならない言葉を口にし、「マリア、キスして」と囁いた。ヴァイオレットはエイダンの額にやさしくキスをする。「ありがとう」それがエイダンの最後の言葉になった。
そして、両親とそしてマリアに手紙を届けに行ったヴァイオレット。涙ながらに感謝を伝える両親とマリアに「守ってあげられなくてごめんなさい。死なさせてしまってごめんなさい。」と涙を流すヴァイオレット。

【あとがき】

大切な人を失った悲しみを共有しているヴァイオレットの姿、そしてその表情をみて「お人形さん」と感じる人は、彼女の周囲にはもういないのではないだろうか?
自分も含めて、エイダンやその両親、マリアのように辛く悲しい思いはして欲しくない、そして「もう、誰も死なせたくない」と強く思うのだろう。
月明かりに舞う雪の映像が素晴らしくきれいだ。まるで、人の心たちが明滅しているようでとても幻想的なシーンではないだろうか。

第12話

反対勢力がライデンシャフトリヒとガルダリク帝国との和平交渉の妨害を企てており、ディスタリィからガルダリクに向かう大陸縦断鉄道が狙われていた。この縦断鉄道に乗り込んだのは、調印式に出席する特使、カトレアとベネディクト、そして調印式を成功させるために彼らの護衛任務にあたったディートフリート大佐。
そして、インテンスでの屈辱は忘れがたいと話すメルクロフ准将とガルダリク軍の残党。南北縦断鉄道を破壊し、その混乱に乗じてインテンス奪還をもくろんでいた。
その時、マリアに手紙を届け飛行機でディスタリィに向かうヴァイオレットが見たのは、縦断鉄道の線路周辺で起きた爆発の跡と、そして足止めされた列車内にいるカトレアの姿だった。危険を察知したヴァイオレットは、すぐさま飛行機を降りてディートフリート大佐に状況を報告する。
列車は発車し、そのままヴァイオレットはカトレアに同行する。同時にメルクロフ准将の作戦は開始され、兵士が乗った車両は切り離される。特使たちと一緒に残されたディートフリート大佐とヴァイオレット。ディートフリートは命令に素直に従うヴァイオレットに「やはり命令が欲しいだけだな、敵を皆殺しにしろと言えば、平然と殺すんだろう?」と言って銃を渡そうとするが、ヴァイオレットは「誰も殺しません、武器はいりません」と拒否をする。

間もなくして、メルクロフ准将率いる残党とヴァイオレットとの戦いが始まった。ヴァイオレットは徒手空拳で相手を制するも、敵の攻撃であの大切なブローチが宙を舞った一瞬の隙をつかれてしまう。メルクロフ准将がとどめを刺そうとした瞬間に、ディートフリート大佐に危機一髪で助けられる。

助けたヴァイオレットに「戦わない、殺せない戦闘人形など、ただの足手まといでしかない、だからギルベルトも守れなかったんだ。お前がギルを殺したんだ。お前も死んでしまえ!早く死ね―っ!!」と怒りで自分を見失ったかのようなディートフリート大佐。
それでもヴァイオレットは「少佐はそれでも生きろとおっしゃったのです。守りたかった。私も守りたかったんです」と消えそうな力を振り絞って気持ちを伝える

そこにディートフリート大佐をめがけて放たれた銃弾!
瞬時にその前に立ちはだかったヴァイオレット…

【あとがき】

ディートフリート大佐は、そもそも弟ギルベルトの身を案じてヴァイオレットを贈ったのではないだろうか?前線に送りこまれてもヴァイオレットがいればギルベルトは大丈夫だと。しかし、心を持たない戦闘のための道具が、大事な弟を守るどころか、その道具のために弟が犠牲になったのか?そんなことは贈り物をした兄本人としてどうしても許せない。”武器のはずの”お前が側にいたのに何で…と。
戦争で犠牲になった人間をもつ家族は皆、誰のせいにすることもできず苦しみを共にしていくしかない。それはディートフリートも分かっているが、家族を失った悲しみの矛先が怒りとなってヴァイオレットに向かっているのではないか?それを誰よりも理解しているのは、他ならぬヴァイオレット自身だったのではないだろうか。

第13話

ヴァイオレットはメルクロフ准将らが仕掛けた爆弾を必死で外し、南北を結ぶグランデッツァ大鉄橋は守られた。和平は無事実現し戦争が終わった。そして、戦争で中止になっていた航空祭が5年ぶりに行われることになる。ドールたちは航空祭で飛行機から空にまかれる手紙の代筆に追われていた。
そんな時、ヴァイオレットも航空祭で自分の手紙を書いてみたらどうか?とカトレアに勧められる。自分の手紙を書いたことがないというヴァイオレットにカトレアは「今のあなたが思うとおりに書けばいいのよ、心のままにね」と優しく語ってくれた。
独り、タイプライターに向かうヴァイオレットが思い出していたのは、決戦前夜のギルベルトとの会話だった。そこにはギルベルトからの命令を、文字通りすべて「命令」として受け止めるヴァイオレットに苛立つギルベルトがいた。その言葉の一つ一つにヴァイオレットに対するギルベルトの気持ちが込められていた。
「どうして命令だと思うんだ!」
「分かっているはずだ、怒っているのも、辛いのも君を…君には感情がある、私と同じ心があるだろう!!ないというのならその顔は何だ?そんな顔ができるんじゃないかっ!」
「私は君が自分が道具であれと戒めるのを見ているのが辛い。小さかった君をそんな風にしてしまったのは私なのに…なのに君はまだ私のことを信じて…」
「君は悪くない」…

だが、手紙は書けなかった。
カトレアとホッジンズに「心はあるのです、あったのです、あの時も。でも分からないのです。」と話すヴァイオレット。

そこへ、突然ディートフリート大佐が現れ、ヴァイオレットをライデンの自身の屋敷へと案内するのだった。そして、そこにいたのはギルベルトの母だった。ヴァイオレットに会いたがっていた母親のもとへ、ディートフリートがヴァイオレットを連れてきたのだった。
「ギルベルトは一緒ではないの?」と聞く母親に、ヴァイオレットはブローチを握りしめ「一緒です」と応える。そして、ヴァイオレットとの会話の中にギルベルトを見た母は、少しずつ記憶をはっきりとさせていく。

それからゆっくりと話し始める。「あなたのせいではないわ。あなたが背負わなくていいのよ。」「二人は子供の頃からそれは仲のいい兄弟だったのよ」「あの子は生きてる…心の中で。だから決して忘れない。思い出すたびに辛くても、ずっと思って生きていくわ。だって今も愛しているんだもの。
「はい」と答えるヴァイオレットの目からは涙が止まらなかった。

そしてヴァイオレットは手紙を書き終えた。
ギルベルトへの手紙を。

「また会えたらこう伝えたいのです、私は今、愛してるも…少しは分かるのです。」
(完)

【あとがき】

母の言葉がヴァイオレットへの救いを、そしてこの物語の裏と表のすべてを代弁しているような気がする。それも、ヴァイオレットが自ら立ち上がったからこそこの言葉が生きてくるのだと思う。

さて、全13話のあらすじはお楽しみいただけましたか?是非、機会があればご覧になってみて下さい!
そして「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は2020年9月18日(金)に公開が決定しました。是非、みんなで劇場に応援しに行きましょう!!

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  2. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. 星の子、画像
    芦田愛菜、6年ぶりの実写映画主演! 『日日是好日』の監督・スタッフがこの秋に贈る、圧倒的な感動作 …
  5. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る