おすすめアニメ!『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』全13話 (Vol.1)

※この映画はまだ評価がありません。

本作は2年前の2018年に13話をTV放映後に、Blu-ray&DVD Vol.4に収録の未放送話数「Extra Episode」が制作され、2019年には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -』が劇場公開され、今現在再上映されている。
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=violetevergardensidestory

そして本年は『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が公開を控えている。
「主人公ヴァイオレットの成長した姿がみたい、その後どうなったの?幸せになったの?」こんなファンの声が続く限り、劇場版の後も続編制作を期待しているのは映画ログだけだろうか!でも、公式HPには・・・「そして、いよいよフィナーレへ──。」って書いてるー!あー、やめないで~。そんな意味じゃないといいけど、ファンを代表して取りあえず駄々をこねてみたい。

ともかく、とてもいい作品なので、是非TVシリーズから見て欲しいと思うものの、もちろん”外伝”から観ても十分にヴァイオレットの魅力は伝わると思う。また、最初に「劇場版を観るよ」って方もいると思うので、まずはTV作品のあらすじを少しお伝えしたい。

あらすじ

感情を持たない少女ヴァイオレットが愛を知るまでの物語──。

ヴァイオレットは研ぎ澄まされた身体を使い、武器として戦場で利用されるのだが、その幼いままの心はどこに向かうのだろう?武器として扱われることに能力を発揮し、命令に従って、その完遂に使命感を抱いているヴァイオレット…

そんなヴァイオレットに心で世界をみる機会が訪れる。しかし、彼女の言動は様々なシチュエーションで違和感を醸し出す。そして「まるでお人形さん」のようだと形容される表情は、そのまま無表情という意味にも思えるし、純粋とも受け取れないだろうか。
そんな気持ちで世界をみる少女の姿を見ていると、手を差し伸べたい気持ちになってくる。

そして、自由に生きる道が与えられたとき、ヴァイオレットは何を拠り所として歩んでいくのだろう?そんなヴァイオレットを「ある言葉」が揺さぶり続ける。「その言葉の意味を知りたい」この衝動がヴァイオレットを心の旅へと駆り出させているようにも思える。
自動手記人形として、手紙の代筆を通じて「ある言葉」の意味を理解しようとするヴァイオレットには、心のこもった手紙を代筆して欲しいと顧客がやってくる。ある者は言い出せない想いを語り、また、ある母親は自分の死期を悟って幼い娘宛てに手紙を書くのだった。

果たして、歩み始めたばかりのヴァイオレットに、依頼主に代わって手紙を書くことなんてできるのだろうか。
切実な想いが相手に伝われば、一言でもいい。そして「届かなくて良い手紙なんてない」のだと理解するヴァイオレット。「ある言葉」の意味がどういうものなのか、少しずつそこに近づいてゆく。

これまで自分のしてきた過ちを知り、打ちのめされながら、様々な出会いを通して、心に春の日差しは届くのだろうか。見る側に様々な想いを届けてくれるこの作品自体が「手紙」なのだと思えて仕方がない。

愛すること、愛されることが、人間の都合を超えている世界観だからこそ、私たちにしっかりと届くのではないだろうか。

第1話

戦地でけがを負って入院していたヴァイオレットのもとに、ホッジンズ中佐が迎えにやって来る。ヴァイオレットは自身の上官であるギルベルト少佐の安否を訊ねるがホッジンズは多くを語らない。退院後は、ギルベルトの親戚であるエヴァーガーデン家に引き取ってもらう予定だったが、ヴァイオレットは拒否し、ホッジンズの経営するC.H郵便社に住み込みで働かせてもらうことになった。

そして、手紙の代筆を依頼しに来た一人の客と自動手記人形のカトレアとの会話のやり取りの「一言」に、いてもたってもいられなくなったヴァイオレットは、自分も自動手記人形(ドール)になりたいとホッジンズに直訴する。

第2話

シーンは数年前。ギルベルト少佐とヴァイオレットとの初めての出会い。その引き合わせは兄ディートフリート・ブーゲンビリア大佐。すべてはこの出会いから始まった。
そして今、ホッジンズの了承を得て自動手記人形の見習いとして働くことになったヴァイオレット。カトレアの指示の下でタイピングを学び、また、同僚のアイリスエリカの二人に付き添ってドールの仕事を目の当たりにするが、顧客とのトラブルを引き起こす。

カトレアからは「言葉には裏と表がある、口に出したことが全てではない、裏腹だ」と諭される。
二人の同僚がヴァイオレットに対する不満を募らせる中、エリカから”なぜドールの仕事をしたいのか”と問われたヴァイオレットは、「“あいしてる”を知りたいのです」と答えるのだった。だが、愛がどんな状態をいう言葉なのか、ヴァイオレットには…
そして、ギルベルト少佐がなぜ自分に向けて「その言葉」を口にしたのか…知りたい。だから、たとえ向いていなくてもこの仕事を続けたいのだと。

郵便社に戻るエリカとヴァイオレットは、アイリスがホッジンズにヴァイオレットをドールから辞めさせるよう話しているのを立ち聞きした。エリカはその間に立ち「ヴァイオレットを辞めさせないでください」とホッジンズに頭を下げて頼み込むのだった。そして同時に、ヴァイオレットが忘れかけていた自分の夢を呼び覚ましてくれたことに気づくのだった。

第3話

カトレアの勧めで自動手記人形育成学校に通うことになったヴァイオレットだが、教官のローダンセからは”あなたの書いた手紙は、手紙とは呼べない”と評されてしまう。落ち込んでいるヴァイオレットを元気づけようとしてくれる同じ生徒のルクリア。そんなルクリアも、戦禍で命を落とした両親のことで自分を責め続ける兄に、素直な気持ちを伝えきれずにひとり悲嘆に暮れていたのだった。
そんな気持ちを知ったヴァイオレットは、酔って喧嘩をして倒れこんでいた兄にそっと手紙を渡すのだった。
その手紙を見た兄、そしてローダンセ教官は…

【あとがき】

ドールとしてのヴァイオレットの人生がここから始まる。

第4話

アイリスが初めての指名で出身地カザリへ出張する予定だったが、直前に手にケガを負い、ヴァイオレットが助手として付き添うことになった。だがこの指名は、アイリスの誕生日にあわせて年頃になったアイリスの結婚相手探しを思いたった母からの依頼だった。
しかしパーティ当日、自らが招待リストから除外したはずのエイモンと出くわしたアイリスは逆上し、会場から飛び出して自室にこもってしまう。招待状は、依頼人である母の指示でヴァイオレットが送ったのだった。その上、会場を抜けだした理由を淡々と問いただすヴァイオレットに対して、過去にエイモンに振られたことを泣きながら話すアイリスは、一層傷付いていた。
そんなアイリスの気持ちが分からないヴァイオレットはエイモンとの過去を両親にも話してしまう。”あんたってほんと人の気持ちが分からない”と怒鳴りつけるアイリスだが、悲しげな眼をしながらヴァイオレットの正直なそして純粋ともいえる謝罪の言葉に、逆に波立つ自らの気持ちに立ち返っていく。
愛していたエイモンに告白し、振られたことがきっかけでカザリを去り、必死に勉強してドールになったことを素直に打ち明けるアイリス。その話を聞いたヴァイオレットは「 “あいしてる”は、受け入れられないとそこにいたくなくなるくらいに、とても勇気が要る言葉なのだ」と理解する。あの時の少佐もそうだったのだろうか…

アイリスは帰途の車内で、アイリスの花が満開になった時に生まれたのでそう名付けられたと語るのだった。ヴァイオレットもギルベルト少佐に名前をつけてもらったことを思い出す。

【あとがき】

アイリスがカザリへ到着した時、そして離れる時にも水たまりに足をとられている。水たまりに足を取られた後のアイリスの表情の違いを観察してみるのも面白いと思う。
また、車窓から見えるアイリスが一面に咲いているシーンはとても美しく、一瞬の強い光から徐々に輪郭が見えていく様は、まるで自分が観ているかのようだし、ヴァイオレットにとっては心でハッと気づいた瞬間なのかな、とも思う。

― 続きはVol.2をお楽しみに!

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  2. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. 星の子、画像
    芦田愛菜、6年ぶりの実写映画主演! 『日日是好日』の監督・スタッフがこの秋に贈る、圧倒的な感動作 …
  5. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る