ラーヤと龍の王国,画像
※この映画はまだ評価がありません。

エルサとアナに次ぐ、ディズニーのニューヒロインが誕生!
“ひとりぼっち”じゃ、世界は変わらない―

その時代に生きる人々を象徴するかのようなヒロインを描いてきたディズニー映画。<王子様を待つヒロイン>は時代とともに個性と強さを持つようになり、自らの力で立ち上がり、観客一人一人の背中を押してくれる大きな存在となってきた。
世界中に大旋風を巻き起こし新たなるプリンセス像を確立した『アナと雪の女王』のエルサとアナ、ヒロインの心情を歌い上げる楽曲と共に大きな共感と感動を呼んだ『モアナと伝説の海』のモアナ。待望の続編として大ヒットとなった『アナと雪の女王2』に次ぐ最新作となる本作からは、さらに新しいディズニーのヒロイン像を予感させる孤高のヒロイン “ラーヤ”が誕生した。
ラーヤと龍の王国,画像
ラーヤは、聖なる龍の力が宿るという<龍の石>の守護者一族の娘。遠い昔に姿を消した “最後の龍”の力を蘇らせ、再び世界に平和を取り戻すため、一人旅立つ――

あらすじ・ストーリー

その昔、この王国は聖なる龍たちに守られ、人々は平和に暮らしていた。
邪悪な魔物に襲われた時、龍たちは自らを犠牲にして王国を守ったが、残された人々は信じる心を失っていった…
500年もの時が流れ、信じる心を失った王国は、再び魔物に襲われる。
聖なる龍の力が宿るという<龍の石>──
ラーヤと龍の王国,画像
その守護者の一族の娘、ラーヤの旅が始まる。
遠い昔に姿を消した “最後の龍”の力を蘇らせ、再び王国に平和を取り戻すために…

『ラーヤと龍の王国』予告動画

公式HP

disney.co.jp/movie/raya

キャラクター

ラーヤ(声 ケリー・マリー・トラン/吉川愛)
自分だけを信じて生きてきた“ひとりぼっち”の救世主
誇り高き“龍の石”の守護者であり、ハートの国の首長、愛する父ベンジャと共に国と“龍の石”を護ってきた。しかし、“龍の石”が壊れ父親が石になってしまったとき、彼女の世界は根底から覆ってしまう。この世界を救うという使命を背負った彼女は、才気に溢れた強靭な戦士へ成長した。

シスー(声 オークワフィナ/高乃麗)
他人を信じすぎてしまう伝説の“最後の龍”
真の名はシスーダトゥ。伝説では、絶世の美しさと強大な魔力を持つ神聖な水の存在と言われていたが、ラーヤが出会った実際の姿は、ユーモアに溢れ、自分に自信が持てない龍。ラーヤと共に世界を救うため、伝説の龍となるべく動き始める。

ナマーリ(声 ジェンマ・チャン/伊藤静)
龍の石を狙う謎の少女
ラーヤにとって永遠のライバルであり、抜かりのない非常に手ごわい戦士。ファングの国の首長の娘で、ファングの人々を守るためならどんなことでもやると心に決めている。実は、龍に対して憧れと愛情を抱いている。

ベンジャ(声 ダニエル・デイ・キム/森川智之)
ラーヤの愛する父
「五つの地で最凶の刃」の異名を持つ、伝説的な“龍の石”の守護者。理想主義的で大胆に将来を見据えたハートの国の首長で、クマンドラが崩壊してしまったのは、それぞれの地の人々同士が信頼し合わないせいだと信じている。分裂してしまったクマンドラの王国を再び結束させて調和を取り戻そうと努めている。

ヴィラーナ(声 サンドラ・オー/深見梨加)
ラーヤのライバルであるナマーリの母
クールで抜かりのないファングの国の首長であり、猛烈な現実主義でこの地の人々を率いている。強く、明晰で、感傷に動かされることのないリーダー。古い神話を拒絶し、断固とした行動こそがこの地の人々の生き残りを保証できる唯一の方法だと信じている。

トング(声 ベネディクト・ウォン/後藤光祐)
恐れ知らずの戦士
見かけは巨大で荒々しくて獰猛な戦士だが、実は子供たちのことが大好きで孤独な森の住人。厳しさと穏やかさを併せ持つ、優しき巨人。

ブーン(声 アイザック・ワン/齋藤汰鷹)
孤独なキッズ実業家
テイル出身の早熟なストリート・キッド。身体は少年だが中身は大人のようで、有能で、うぬぼれが強い。船シュリンポリウム号の自称「オーナーでマネージャーでチーフで船長」である。しかし、ドルーンによって両親を失い、心の奥深くに脆さを持っている。

ノイ(声 タライア・トラン)
盗っ人ベイビー
ドルーンによって家族を失った2歳の幼児。オンギたちに育てられている。貿易港のタロンで泥棒の集団を率いており、その可愛らしさで通行人の気を逸らせている間に、オンギたちが通行人から身ぐるみ盗み取る。

トゥクトゥク(声 アラン・テュディック)
ラーヤの相棒、ときどき乗り物
とにかく愛らしい、ラーヤの幼い頃からの長年の親友で相棒。かつてはラーヤの掌に収まる大きさだったが、今やすっかり成長。子犬のようでもあり、ハイスピードで走るオフロードの乗物でもある。最後の龍を見つけて世界を救うための旅で、ラーヤと共にクマンドラの多彩な地形の中を驚異的なスピードで分け入ってゆく。

オンギたち
ノイの相棒で、不思議なトリオ
貿易港タロン出身の臨機応変なペテン師。猿のようでもありナマズのようでもある3匹。ノイという名の2歳児を育てることも含めて、どんなことでも3匹で一緒にやる。

ドルーン
邪悪な魔物
人間同士の争いから生まれた、形のない破壊的な魔物。人間に一度触れるだけでその人間を石に変え、繁殖してゆく。水で追い払うことはできるが、龍の魔力でしか打ち倒すことはできない。

アニメ『ラーヤと龍の王国』作品情報

監督:ドン・ホール(「ベイマックス」)、カルロス・ロペス・エストラーダ(「ブラインドスポッティング」
製作:オスナット・シューラー(「モアナと伝説の海」)、ピーター・デル・ヴェッコ(「アナと雪の女王」シリーズ)
© 2021 Disney. All Rights Reserved.
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

35日(金)映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開
ラーヤと龍の王国,画像

 

ディズニープラスとは

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作が、いつでも、どこでも、見放題で楽しめます。さらに、ここでしか見られないオリジナル作品が続々と登場します。月額700円(税抜)

↓ディズニープラスでチェック↓

Disney+ (ディズニープラス)

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  3. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  6. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る