アーカイブ:2017年 7月

  • 長谷井宏紀監督インタビュー 映画『ブランカとギター弾き』 5/5 (1)

    7/29(土)公開「ブランカとギター弾き」 長谷井宏紀監督インタビュー ~夏休みを過ごす親子へ~ 暑い日が続きますが、夏休みも序盤がスタートしました! 「夏休みは給食がないから、毎日お昼ご飯やお弁当を用意する…
  • ブランカとギター弾き 5/5 (1)

    日本人として初めてヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の全額出資を得て製作され、第72回ヴェネツィア国際映画祭マジックランタン賞、ジャーナリストから贈られるソッリーゾ・ディベルソ賞を受賞!! 各国映画…
  • 映画館めぐりVol.1 『飯田橋ギンレイホール』に行こう!

    今回は、映画ログのおすすめ映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」(上映期間:7月8日~7月21日)を上映する飯田橋ギンレイホールをご紹介します。支配人として映画館を切り盛りしている久保田さんにギンレイホールの魅力をたっぷり…
  • わたしは、ダニエル・ブレイク 4.5/5 (2)

    労働者や社会的弱者に寄り添った人間ドラマを数多く手がけてきたケン・ローチ監督(81歳)。前作の「ジミー、野を駆ける伝説」を最後に映画界からの引退を表明していた監督が、世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々を目の当た…
  • 未来を花束にして 4.5/5 (2)

    ひとりの平凡な母親が参政権運動の中に見い出したもの それは未来への"希望"だった 1912年のイギリス。ロンドンでは、当時の政権に対して女性の選挙権を要求する運動が先鋭化していた。50年に及ぶ平和的な抗議が黙殺さ…
  • バーフバリ 5/5 (1)

    本国インドから全世界へ―、空前の社会現象を巻き起こしている話題作 4,200館規模で公開したインドでは公開初日にチケットを求める列が2キロにも達した。映画賞の受賞&ノミネートは実に総計63部門、世界25以上の映画祭…
  • 裁き 3/5 (1)

    第71回ヴェネツィア国際映画祭 ルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞)/オリゾンティ部門 作品賞W受賞! 【あらすじ】 ある下水清掃人が自殺した。 民謡歌手カンブレの扇動的な歌が自殺へと駆り立てたという…
  • インド料理 神楽坂「想いの木」

    「インド映画特集 ~多様性に育まれたインド文化の魅力~」にて紹介した、神楽坂の「想いの木」。 想いの木 【旧店名:Indian Restaurant CaliCari】 東京都新宿区神楽坂5-22 大江戸線「牛…
  • インド映画特集

    -多様性に育まれたインド文化の魅力- 6月のおすすめ映画『きっと、うまくいく』は如何だったでしょうか? 映画ログ会員からは「おススメされなくても、もう見たよ!」といった声が聞こえてきそうですが、 そんな皆さんに…

9/1公開『寝ても覚めても』





注目映画

  1. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  2. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  3. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  4. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  5. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  6. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  8. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…




ページ上部へ戻る