シング・ストリート 未来へのうた 映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

「はじまりのうた」「Onceダブリンの街角で」
ジョン・カーニー監督、待望の最新作

【イントロダクション】
80年代ダブリン。両親の離婚、いじめ、不況 ― 灰色の空の下
14歳のコナーはバンドを組む。街でいちばんイカした彼女を振り向かせるために―

シング・ストリート 未来へのうた 映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【あらすじ】
1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。

シング・ストリート 未来へのうた 映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ある日、街で見かけたラフィーナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まったー。

■ 予告編



■ 監督
ジョン・カーニー

■ キャスト
フェルディア・ウォルシュ・ピーロ
エイダン・ギレン
マリア・ドイル・ケネディ
ジャック・レイナー
ルーシー・ボイントン

【スタッフ】
脚本:ジョン・カーニー
上映時間:106分
製作国:アイルランド、イギリス、アメリカ
配給会社:ギャガ

■ コピーライト
c 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

■ 公式サイト
http://gaga.ne.jp/singstreet

■ 劇場公開情報
7月9日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・こういう世界やストーリーが心地よい。80年代のアイルランドという設定がなおさら良かった。
・素直に楽しめる作品。MV作りのシーンがお気に入りです。主演の男の子がすごくいい!それにしてもみんな楽器がすぐ弾ける設定でよかった(笑)

・恵比寿の野外上映にて鑑賞
めっちゃ青春!
見た目気弱で奥手な感じの主人公が、音楽に恋に貪欲で応援したくなる
お兄ちゃんもよかった
野外上映のおかげでライブ感すごい。
バック・トゥ・ザ・フューチャーでは一緒に踊りだしたくなりました

・時代は1985年のダブリン。
不仲な親と次男を馬鹿にする兄のブレンダンと弟のコナー。
現状を逃れるようにコナーはポップ音楽にのめり込んでいき、ラフィーナに一目ぼれしたためMV制作をするから彼女を誘おうとする。
「ONCE~」や「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督の音楽ドラマ。
音楽センスをとにかく感じさせる演出は確かなものが有る。

・ダブリンのバンドを組んだ高校生のお話。
ダブリンの何となく陰湿な町の雰囲気と、友情や恋愛や悩みが瑞々しくも淡々と描かれていて楽しかった。
俄然アイルランド行きたくなった。

・曲創らないか?もちろん!(歓迎)
のシーンが好きです(^^)

・港北ニュータウン IEON CINEMA/SING STREET/2016年8月19日】
80年代の洋楽が聴ける・・・と聞いて鑑賞。
当時流行った音楽がたくさん聴けるのかナ~なんて思ってましたがガンガン流れるわけではありませんでした。

・想像以上にかっこよくて思わずギターを手に取ってしまうような映画

・0年代半ばのダブリンを舞台に、ある意味で学校のはみ出し者である主人公たちが、バンドを組んで、音楽に打ち込み、掃き溜めみたいな世界で、自分たちの生き方を貫く、そんなお話。それだけ聞くと、ありがちな青春音楽映画だけど、丁寧に作ってあって、主人公らの成長が感じられ、見ているこっちも、一緒に進化進歩できたような気分になるのは、さすがに錯覚ですか…(笑)。

・つまらない学校に先生。家族。バンド。女の子。高校生のほんのひとときの話なんだけど、いろいろ詰まってました。最後のお兄ちゃん、いい雰囲気出してたなー。80年代の音楽もいい!

・昔大好きだった「小さな恋のメロディー」みたいな映画でした。音楽もよくラストが素敵です。この監督の作品は皆音楽がらみで良いですね。

・80年代が舞台ということで微妙に古臭く感じるポスターが目に入るが、鑑賞後はこれが最高に恰好良く感じられるという素晴らしい作品。
 不景気の煽りを受け、学費の安い学校に転校させられた主人公だったが、酷いいじめを受けながらも自称モデルの少女に声をかける。ミュージックビデオに出演するよう急に言い出すので驚くが、有言実行、仲間を募って本当に音楽を始める。

・主人公がどんどんかっこよくなっていくのが微笑ましい。兄とのやりとりもまたかわいい。
一見かっこいい女の子でもただの女の子で。
歌も良く、文句無しにスカッとする。
また夢とか追ってみようかなという気持ちになる。

・ジョン・カーニー監督の新作を映画館で観られる幸せときたら!
若者にとっての “今” という輝きをとってもうまく描いた映画でした!
音楽好きな人には絶対に観てほしいです。使われている80年代の音楽も、劇中の音楽も、何もかもが私にとっては最高でした。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  2. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  3. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  4. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  5. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…
  6. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  7. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る