六人と一間(Theen Aur Aadha)『インド映画祭IFFJ 2018』 ※この映画はまだ評価がありません。

六人と一間(Theen Aur Aadha)『インド映画祭IFFJ 2018』

【あらすじ】
誕生日を迎えた少年と死を目前とした祖父。“初めて”の客を迎える娼婦と金を払わないと行為に及べない客。愛を語り過去の秘密を打ち明けあう老年カップル。違う時代を生きる者達の思いが一つの部屋で交差する。

■ 六人と一間(Theen Aur Aadha)『インド映画祭IFFJ 2018』予告編動画

■ ディレクター
ダルガイ

■ 配給会社
Jugaad映画

■ 上映時間
119分

■ キャスト
Arya Dave
Zoya Hussain
Suhasini Mulay

■ スケジュール

『インド映画祭IFFJ 2018』

『インド映画祭IFFJ 2018』
スケジュール


【作品一覧】
強制捜査 ~インド国税局より~(RAID)
あなたのスールー(Tumhari Sulu)
SKTKS~お見合い大作戦~(Sonu Ke Titu Ki Sweety)
ブラックメール(BLACKMAIL)
アイヤーリー~戦場の奇術師~(AIYAARY)
フィッローリ~永遠の詩(うた)~(Phillauri)
ムバーラカーン(MUNBARAKAN)
六人と一間(Theen Aur Aadha)
シャバーナーと呼ばれる女(Naam shabana)


10月はインド映画祭!!
インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン IFFJ2018

【開催日】
6th Oct to 26th Oct, 2018 – Tokyo
2018年10月6日(土)~10月26日(金) 東京

【公式ホームページ】
http://www.indianfilmfestivaljapan.com/

【ABOUT US】
インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン(IFFJ)は、インドと日本で映画の共通プラットフォームを提供することを目的として創設されました。 インドと日本それぞれの社会的文化的背景をもった映画をより多くの人々に鑑賞してもらうことで、映画の素晴らしさを伝え、両国の人々の交流と友好を深める役割を果たしたいと考えています。

IFFJ設立の趣旨は、あらゆるジャンルの映画の発掘、プロモーション、配給とサポートを行うことです。そうすることで、様々な文化、様々なコンテンツを一堂に集めることができます。この映画祭は、違う国の人々が集い、世界最高の映画のアーティストたちとこれからの映画界の才能を持つ者が直接会い、同じ場所から手を携え一歩を踏み出す機会であり場所です。これはまた、映画業界プロフェッショナルが世界中の映画ファンや関係者と直接出会うことのできる機会でもあります。

インド映画祭IFFJ 2018

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  2. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  3. 6月14日公開 映画『柴公園』 ■イントロダクション 「おっさん×柴犬×会話劇」という斬新な…
  4. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  5. 6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  6. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  7. 6月14日公開 映画『ガラスの城の約束』 ■作品紹介 「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれた…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る