六人と一間(Theen Aur Aadha)『インド映画祭IFFJ 2018』 ※この映画はまだ評価がありません。

六人と一間(Theen Aur Aadha)『インド映画祭IFFJ 2018』

【あらすじ】
誕生日を迎えた少年と死を目前とした祖父。“初めて”の客を迎える娼婦と金を払わないと行為に及べない客。愛を語り過去の秘密を打ち明けあう老年カップル。違う時代を生きる者達の思いが一つの部屋で交差する。

■ 六人と一間(Theen Aur Aadha)『インド映画祭IFFJ 2018』予告編動画

■ ディレクター
ダルガイ

■ 配給会社
Jugaad映画

■ 上映時間
119分

■ キャスト
Arya Dave
Zoya Hussain
Suhasini Mulay

■ スケジュール

『インド映画祭IFFJ 2018』

『インド映画祭IFFJ 2018』
スケジュール


【作品一覧】
強制捜査 ~インド国税局より~(RAID)
あなたのスールー(Tumhari Sulu)
SKTKS~お見合い大作戦~(Sonu Ke Titu Ki Sweety)
ブラックメール(BLACKMAIL)
アイヤーリー~戦場の奇術師~(AIYAARY)
フィッローリ~永遠の詩(うた)~(Phillauri)
ムバーラカーン(MUNBARAKAN)
六人と一間(Theen Aur Aadha)
シャバーナーと呼ばれる女(Naam shabana)


10月はインド映画祭!!
インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン IFFJ2018

【開催日】
6th Oct to 26th Oct, 2018 – Tokyo
2018年10月6日(土)~10月26日(金) 東京

【公式ホームページ】
http://www.indianfilmfestivaljapan.com/

【ABOUT US】
インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン(IFFJ)は、インドと日本で映画の共通プラットフォームを提供することを目的として創設されました。 インドと日本それぞれの社会的文化的背景をもった映画をより多くの人々に鑑賞してもらうことで、映画の素晴らしさを伝え、両国の人々の交流と友好を深める役割を果たしたいと考えています。

IFFJ設立の趣旨は、あらゆるジャンルの映画の発掘、プロモーション、配給とサポートを行うことです。そうすることで、様々な文化、様々なコンテンツを一堂に集めることができます。この映画祭は、違う国の人々が集い、世界最高の映画のアーティストたちとこれからの映画界の才能を持つ者が直接会い、同じ場所から手を携え一歩を踏み出す機会であり場所です。これはまた、映画業界プロフェッショナルが世界中の映画ファンや関係者と直接出会うことのできる機会でもあります。

インド映画祭IFFJ 2018

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  2. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…
  3. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  4. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  5. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…
  6. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  7. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る