ナポリ、輝きの陰で『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

※©Tfilm 2017

【作品紹介】
治安の悪さで揺れるナポリ。ぬいぐるみの露天商で家族を養う男は、娘の歌の才能に希望を見出し、歌手として売り出そうと懸命になるが…。

本作の舞台となるナポリ近郊に横たわる地域を監督たちは「クレーター」(原題)と呼び、ナポリの光に隠れる形で、なかば独立し隔絶された場所として描いている。本作はこの低所得者層の地域に生きる人々に密着した物語である。この閉じた空間から出ていくにはどうするのか。そこから娘を利用する父のストーリーが誕生していった。監督たちは取材の過程で地域に暮らすロザリオとその一家に出会い、彼を脚本執筆に参加させている。

この作品はロザリオと娘のシャロンの実際の日々の姿であり、彼らが地域を象徴するような人物に扮したフィクションでもある。そして住人が感じている閉塞感を強調するために、カメラは人物に極端に接近し、彼らを周囲から浮かび上がらせていく。ドキュメンタリー出身監督ならではの手法を存分に生かし、驚くべきリアリズムで父の思いを活写する迫真のドラマである。

■ 予告編



■ 制作国
イタリア

■ 監督
シルヴィア・ルーツィルカ・ベッリーノ

■ スタッフ
監督/脚本/プロデューサー/編集:シルヴィア・ルーツィ
監督/脚本/プロデューサー/編集:ルカ・ベッリーノ
脚本:ロザリオ・カロッチャ
音楽:アレッサンドロ・パオリーニ
音響:ステファノ・グロッソ
音響編集:ダニエラ・バッサーニ
音響編集:マルツィア・コルド
音響編集:ジャンカルロ・ルティッリャー
ポストプロダクション:マウロ・ヴィチェンティーニ

■ キャスト
シャロン・カロッチャ
ロザリオ・カロッチャ
ティナ・アマリュテイ 
アッスンタ・アルチェッラ
イッマ・ベンヴェヌート
エロス・カッロッチァ

■ 公式サイト
http://www.alphaviolet.com/crater-il-cratere/





■ 東京国際映画祭とは

88の国と地域、1538本もの応募中から15作品がコンペティション部門に選ばれ日本からも『最低。』と勝手にふるえてろの2作品が選出されました。日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭他では見られない世界の秀作が集結し、グランプリ作品が決定!

・新しい才能が集う、アジアで最も注目される映画祭
・映画を核とした一大イベントの実施
・併設マーケットとの強い連携

■ アートとエンタテインメントの調和

・Expansive-映画を観る喜びの共有
・Empowering-映画人たちの交流の促進
・Enlightening-映画の未来の開拓

■ イベント名
第30回東京国際映画祭

■ 開催期間
2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)

■ 会場
六本木 ヒルズ(港区)、EXシアター

■ 公式サイト
http://www.tiff-jp.net

第30回東京国際映画祭

第30回東京国際映画祭

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■ 作品紹介 新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。夜にな…
  2. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  3. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  4. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  5. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  6. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  7. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る