「勝手にふるえてろ」から大九明子監督、松岡茉優さん、渡辺大知さん、石橋杏奈さん、北村匠海さんら登場 『第30回 東京国際映画祭』 ※この映画はまだ評価がありません。

Pocket
LINEで送る

第30回東京国際映画祭のレッドカーペットに、コンペティション部門の『勝手にふるえてろ』から大九明子監督、松岡茉優さん、渡辺大知さん、石橋杏奈さん、北村匠海さんら豪華メンバーが華やかに登場しました!!

インタビューコメントを紹介します。
※QAは一部編集しておりますこと、ご了承くださいませ。
〇大九明子監督
~原作タイトルを見て「すぐにやります!」~
「こういう本があって映画化しようと思っている」とお聞きして、本を受け取った時にタイトルを見て「すぐにやります」
と思いました。読んでいけばいくほど20代の時の自分と重なって、「溜めていたものをついに吐き出せる時が来た」
っていう気持ちで、必死になってシナリオを描きました。
~今後楽しみな若手のキャストの皆さんへメッセージをお願いします~
皆さん本当に頭も良くて、素晴らしくて、美しくて、監督として贅沢な現場だったなと思います。


〇松岡茉優さん(ヨシカ役)
Q.色んなセリフがあって大変だったのでは?

A.私の喋り言葉風に書いて下さったのか、共通言語みたいなものがあって、セリフが難しいという気持ちはあまり有りませんでした。
どちらかと言うと、自分一人のシーンが多かったので、自分で起承転結をワンシーンのうちに一人だけでつけるのが大変でした。
普通は相手の言葉で気持ちがが動くんですが、そこが少しムズムズしたところです。

Q.苦しさという「引き出し」は覗けましたか?

A.やっぱり、救われて欲しい女の子たちがいるので、報われて欲しいというか、その女の子達に届けばいいな、毎日キラキラ頑張っている女の子も、キラキラするのが苦手な女の子にも、その子達が報われたり、救われたりしてもらえるようにって気持ちで、日々頑張っていきました


〇渡辺大知さん(二役)
Q.最初、二を観た時に凄いインパクトでうざかったですね。地でしたか?

A.地です(笑)。本を読んで、このヨシカというキャラクターに惚れました。そこに自然と一直線になれるように、無理矢理夢中になろうとするのではなくて、自然と気づいたら好きになっちゃっている状況というのを意識してやってみました。本当に、これはヨシカの映画だと思います。
〇石橋杏奈さん(月島来留美役)
Q.友達としてもトリッキーだなというシーンもありましたが、演じてみてどうでしたか?

A.「こんな女の子いるなぁ」と脚本読んで思いましたし、私の周りにも実際にいるようなキャラクターでした。そこを参考にしながら演じてみたのですが、女性が見て共感してもらえたりとか、楽しいなと思ってもらえる、とても大好きな作品です。

〇北村匠海さん(イチ役)

Q.どんな人たちに観ていただきたいですか?

A.ヨシカという女性に共感する人も沢山いると思うので、国際映画祭ということで世界に発信できるのが嬉しいですし、日本中の色んな女性、男性、世代を問わず観ていただきたいです。

原作は綿谷りさ氏の「勝手にふるえてろ」です。

 

綿谷氏といえば、2004年に「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞(当時19歳)しましたよね。ストーリーも期待できmすが、人気がうなぎ上りの俳優さんたちの演技にも大注目です!

予告編







 

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を救…
  2. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  3. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  4. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  5. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  6. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  7. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る