スタッフ(健常者)とキャスト(ろうあ者)が撮影をする中で理解し合えた

10月29日(日)第30回東京国際映画祭のコンペティション「スヴェタ」がEXシアター六本木にて上映されました。上映後には、ジャンナ・イサバエヴァ監督、スヴェタ役ラウラ・コロリョヴァさん、ルスラン役ロマン・リスツォフさんによるQ&Aが行われました。
あらすじ~ネタバレ注意~
聴覚障がい者のスヴェタは、借金の督促期日が迫る中、リストラの対象者にあげられたことをきっかけに暴走を始める。
子供達の為とはいえ、周囲を巻き込みながら悪事を即座に実行に移す姿と、手話を通じたパフォーマンスさながらの圧倒的な表現力に息苦しささえ感じます。
善悪を越えた主人公の価値感の正体は何なのか?最後まで、観る人を引き込む力を持った作品です。
○ジャンナ・イサバエヴァ監督
今回はご招待いただきまして有難うございます。
以前にも、東京国際映画祭にいくつか作品をお送りしたのですが、今まで一度もご招待いただけませんでした。今回はお招きいただいて、大変うれしく、そして何より誇りに思っています。東京国際映画祭に参加できることがずっと夢だったので実現できたことが、チームも含め、とてもうれしく思っています。
○ラウラ・コロリョヴァさん
今回の映画はやさしい内容ではなく、深い意味があった作品です。ストーリーは暗いのですが、現実の生活に即したものになっています。

―― 監督とラウラさん達との出会いについて教えて下さい。

(ジャンナ監督)このような映画を創ろうというアイデア・構想は最初からありましたが、演じてくれる俳優さんがいるかどうかは不安でした。そこで、ろうあ者の方々がいらっしゃるところに行って、演技に適した方がいるかどうかを確かめに行きました。もし、見つからなかったら映画を創ることはやめようと思った。ただ、実際にこうした素晴らしい方々と出会うことができましたし、彼らのおかげで、そして彼らの為にこの映画を作ったといっても過言ではありません。

―― 「毒を盛ったら?」という衝撃的な告白に対して会場からは笑いが起きたことに関して

(ジャンナ監督)この様な反応は普通に起きると思っています。むしろ衝撃的な告白に対するショックによって笑いが起きたと。そういう意味では普通の反応ではなかったかと思います。

(ラウラさん)告白は非常に興味深かったと思いました。そしてこの彼女の人生を自分が演じるのだと思いました。

―― 最後にスヴェタが少女に語りかけた時に一筋の光が見えたような気がしたが、監督の意図は?

(ジャンナ監督)映画の中でスヴェタは様々なことをしました。最後のシーンを設定したのは、彼女がどうしてこうなってしまったのかを説明するために設けました。

―― この先の家族の行方について

(ジャンナ監督)主人公は、他人に憐れみを持たない人間です。彼女の人間性はもはや変えられないものだと思います。将来は、子供のために何でもやっていくのでしょう。子供は孤児院に行くことなく、障がい者と比べるといい環境で育つのではないかと思います。

――(手話で観客から質問)演じるのはすごく大変だったのでは?

(ラウラさん)最初に台本を読んだときは難しいと思いませんでしたが、実際には演技としてとても難しいと思いました。

―― 監督はどんな時にNGを出したのか?

(ジャンナ監督)プロの俳優さんに伝えるのでさえ難しいのだから、この作品の制作は難しかったです。一歩一歩区切ってやっていきました。

(ラウラさん)最初のうちは、健常者の撮影プロの方々とコミュニケーションが取れずに困っていることもありました。彼らの間で話をしていても我々にはわかりません。ただ、撮影が進むにつれて、皆で共通の言語のようなものができて、お互い理解し合えるようになりました。

―― 手話の持つ迫力は時には言葉より攻撃的で、身体パフォーマンスとしても魅了された。身体表現としての手話の魅力について教えて下さい。

(ジャンナ監督)ろうあ者の実体について、私は何も知らなかったと改めて思いました。彼らはどこか閉じこもったところがあって、他者と交流できないのではないかと思っていました。でも、実際には非常におしゃべりが好きで友好的な人達なのです。

予告編







 


関連記事

コメントは利用できません。

『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 4月19日公開 映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』 ■イントロダクション…
  2. 映画『チア男子!!』
    ■ ニュース ・映画『チア男子!!』横浜流星がチアリーディングに体当たりで初挑戦!!予告編動画解禁…
  3. 4月19日公開 映画『ある少年の告白』 ■作品紹介 僕は僕でしかいられない――。 NYタイ…
  4. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  5. 4月12日公開 映画『ハンターキラー 潜航せよ』 ■イントロダクション 潜水艦アクション大作、…
  6. 映画 12か月の未来図
    4月6日公開 映画『12か月の未来図』 最新情報 【来日インタビュー】4月5日配信:自由に感…
  7. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る