Pocket
LINEで送る

世界中の女の子に届いてほしい
10月30日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて第30回東京国際映画祭コンペティション部門より、「勝手にふるえてろ」の記者会見が行われました。会見前のメディア向け上映で大きな笑いを巻き起こした本作品に報道陣が殺到。注目度の高さを肌で感じることができました。

「勝手にふるえてろ」は、松岡茉優さん演じる主人公ヨシカが、同級生「イチ」へ“脳内片思い”を繰り広げる妄想ラブストーリー。そこへ会社の同僚「ニ」が登場し、“リアル恋愛”が勃発。ふたりの彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける、暴走ラブコメディです!「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した作家・綿矢りささんの原作を大九明子監督が見事に映画化した本作品は、女の子への共感と、爆笑で世界を席巻(?)すること間違いなし。

それでは、大九明子監督松岡茉優さん渡辺大知さん石橋杏奈さん北村匠海さんの記者会見の様子をご紹介いたします。
※インタビューは一部編集しておりますこと、ご了承くださいませ。
〇大丸明子監督
光栄であるとともに、コンペティション部門という素晴らしい舞台で、俳優陣と立てることが信じられません。私自身が閉じ込めてきた20代の頃の想いを爆発させました。映画の中で「ニ」が『君を見つけた俺はなかなか良いセンスをしている』というシーンがありますが、東京国際映画祭がこの作品を見出して下さり嬉しいですし、本当に有難く思っています。


〇松岡茉優さん
普通の女の子を普通の物語の中で演じました。普遍的なものが、この映画祭で上映され、世界中の女の子に届くことを願っています。ヨシカ的な女の子が世界中にいると思いますので、彼女たちにも届くことを願っています。


〇渡辺大知さん
「ニ」と、主題歌を担当した渡辺です。僕自身、ヨシカのファンになりました。松岡さんの魅力が爆発していますので、女性はもちろん男性も是非ヨシカワールドに引き込まれて下さい。


〇石橋杏奈さん
東京国際映画祭という素晴らしい舞台に参加することができ、すごく光栄ですし、女子として私自身大好きな作品です。是非、沢山の方に見て頂きたいと思います。


〇北村匠海さん
監督から残酷な男だと言われていましたが、「イチ」への理解がすごくできたので100%出し切りました。この作品が、映画祭を通じて大きく羽ばたくことを一ファンとして願っています。

―― それぞれのキャラクターが非常に個性的でしたが、演じてみて気づいたこと、印象的なシーンなどあれば教えて下さい。
〇石橋杏奈さん
私が演じた来留美のような女の子って結構いるなあと感じましたし、自分の周りの女の子を改めて見つめ直すきっかけにもなりました。
〇渡辺大知さん
街中の人々と会話する、ヨシカの心の声を表現する演出にドキドキしましたし、男でありながらヨシカに感情移入する部分がありました。
〇松岡茉優さん
普段の演技では会話により感情が動いていきますが、ひとりで成立するために、長いセリフの中で緩急をつけていくことにはじめは戸惑いました。ただ、段々と気持ち良く表現することができ、一人だからこそできる演技があることは新たな発見でした。
〇北村匠海さん
「イチ」の残酷さに共感する自分がいて、普段表に出さない感情、理性で口に出してはいけない部分を、目つきや声のトーンで表現しました。
〇大九明子監督
気取ることなく、ヨシカという人間を見た人に届けることにこだわりました。

あっという間に終わりの時間を迎えた記者会見は、主演・松岡さんからの「映画祭の数ある作品の中でわたしたちの作品に集まっていただきありがとうございます。日本の映画界がもっと元気になることを願っています」という挨拶で締めくくられました。

2時間に渡りたっぷり笑いを届けてくれた本作品に、報道陣がカメラを抱えた獣のように殺到しましたが、子役からの憧れだった主役を掴んだ松岡茉優さんは終始笑顔で対応して下さいました。報道陣の熱をも新たな力に変えるようなオーラを感じました。大きなチャンスをつかんだ彼女の今後の活躍が益々楽しみです。是非、大九監督との再タッグにも期待しましょう。大九監督、松岡茉優さん、渡辺大知さん、石橋杏奈さん、北村匠海さん、ありがとうございました!

予告編


 

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  2. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  3. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  4. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。…
  5. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  6. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…
  7. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る