幼な子われらに生まれ 映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

【作品紹介】
親愛なる、傷だらけのひとたちへ
血のつながらない家族、血のつながった他人――つまずき、傷つきながらも幸せを紡いでいく大人たちのアンサンブルムービー。
■ 予告編



【監督】
三島有紀子
【キャスト】
浅野忠信
田中麗奈
南沙良
鎌田らい樹
新井美羽
水澤紳吾
池田成志
宮藤官九郎
寺島しのぶ

127分 カラー 日本語 | 2016年 日本
■ 配給
株式会社ファントム・フィルム
■ 公式HP
http://osanago-movie.com/
■ コピーライト
©「幼な子われらに生まれ」製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価3.7点

・冒頭娘と遊ぶ父親だが、その後父は家族と過ごし、別の二人の娘もいる。
これだけで父親の複雑な経緯が手に取るようにわかる。
長女が反抗するのは父親が別なためであり、そのため父と会いたいと駄々をこねる。
しかし妻が別れたのは前の夫が暴力を振るったためであり、家族のギクシャクは広がっていく。
まるで光が見えないような状況だが、解決はする。
根本的に向き合ってないからこういうことになるわけで、各々が解決策を用いて出来ることがある。最後のシーンが希望の光のように見えた。(オーウェンさん)

・終始ピリピリと張りつめた空気感が継続して、いたたまれなくて、楽しい(笑)(unkurodaさん)

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  2. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  3. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  4. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  7. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る