日本最大規模!『東京学生映画祭 短編コンペティション部門』 作品紹介

東京学生映画祭
※この映画はまだ評価がありません。

【東京学生映画祭とは】

東京学生映画祭とは、東学祭の名で知られる、日本最大規模の学生映画祭です。学生の製作した映像作品を全国から募集し、コンペティション形式でグランプリを決定しています。企画・運営全てが学生によって行われており、学生ならではの自由な発想や感覚を大切にし ています。学生映画と映画界全体の振興に貢献し、映画を志す学生と映画界の架け橋になっていくことを目的としています。

過去の出身者には『EUREKA』青山真治監督、『ユリゴコロ』熊澤尚人監督、『アヒルと鴨のコインロッカー』中村義洋監督、『君の膵臓を食べたい』月川翔監督、『ちはやふる』小泉徳宏監督、『溺れるナイフ』山戸結希監督をはじめ、現在の日本映画界の第一線で活躍する多くの才能を輩出してきました。

近年では、第 27 回『雲の屑』(中村祐太朗監督)、第 28 回『溶ける』(井樫彩監督)、第 29 回『チョンティチャ』(福田芽衣監督)や『赤色彗星倶楽部』(武井佑吏監督)など、日本の インディーズ映画界を賑わせた学生映画を先駆けて紹介してきました。

【開催概要】

名称 :第 31 回東京学生映画祭
会期 :2020 年 10 月 15 日(木) 10 月 17 日(土) (3 日間)
会場 :渋谷・ユーロライブ

作品数 :東学祭コンペティション 11 作品
短編コンペティション 8 作品
特別招待作品 1 作品
全 20 作品

主催:第 31 回東京学生映画祭企画委員会
協賛:株式会社フェローズ / ニューシネマワークショップ / シネマプランナーズ / DOKUSO 映画館

後援:一般社団法人日本映画製作者連盟 / NPO 法人映像産業振興機構 VIPO/
一般社団法人日本映画テレビ技術協会 / NPO 法人ジャパン・フィルムコミッション/太秦株式会社

協力:アジア国際青少年映画祭 / ショートショートフィルムフェスティバル&アジア / 学習院大学新聞社 /
東京フィルメックス実行委員会 /TOHO シネマズ学生映画祭 / 京都国際学生映画祭 /
首都圏映画サークル連合 / 株式会社ニチホランド / U-NEXT / SHIBUYA TSUTAYA

【ゲスト審査員】
井口奈己(映画監督) 大九明子(映画監督) 深田晃司(映画監督)
佐々木敦(文筆家) 岩井澤健治(映画監督) ※敬称略

【特別招待作品】
今の学生に観てほしい1作を、特別招待作品として10/17(土)の授賞式後に上映します。
今年の上映作品は、小林啓一監督の『ももいろそらを』です。
上映後には、小林啓一監督と学生監督のトークを予定しています。

【短編コンペティション】(全8作品)

14 分 59 秒以内の学生映画作品、43 作品より厳選された個性溢れる8作品を上映します。作品上映後には、ゲスト審査員とのトークセッションも行います。

『Female』
東京学生映画祭
多摩美術大学 / 12min / BD / スタンダード(4:3/1.33) / ステレオサウンド / 2019
監督:常間地 裕(Tsunemachi Yutaka)
誰しもが言えない感情を抱えているこの世界。そんな世界に住む 1 人の女性、伊藤美香。人生を自分なりに楽しく過ごしていた美香はある日、自分の世界を変えてくれる
存在を街の中で見つける。それは怒りの感情のこもった手書きの張り紙であった。 これは彼女の人生のプロローグとなる物語。

『浴場の象』
東京学生映画祭
東京造形大学 / 4min / BD / ワイド(16:9/1.78) / モノサウンド / 2019
監督:程 嘉琳(Tei Karin)
中国の 90 年代後期、住んだ町に工場の浴場があった。そこに一匹の象と出会え、時代の変遷を経ると共に不思議な物語が展開している。

『Dawn』
東京学生映画祭
武蔵野美術大学 / 12min / BD / ワイド(16:9/1.78) / ステレオサウンド / 2019
監督:辻 敬太(Tsuji Keita)
『月が幽かに照らす町、そこに迷い込んだ少年と少女。闇夜に惑わされた 2 人が忘れてしまったのは、帰るべき場所か、魂の在り処か。』手描きアニメーションである本作品には、さまよい歩く2人の姿が収められています。彼らを見守ってあげてください。

『セヴンティーン』
東京学生映画祭
日本大学 / 10min / BD / ワイド(16:9/1.78) / ステレオサウンド / 2020
監督:宮田 有紀子(Miyata Yukiko)
私の名前は A 子、どこにでもいる普通の17歳。大人はいつだってつまらなくてクラスメイトはみんな情けない。でも、彼だけは違った。彼の絵に私は惹かれ、彼に陶酔した。

『HITOMA』
東京学生映画祭
ENBU ゼミナール / 7min / BD / シネマスコープ(12:5/2.35) / ステレオサウンド /2019
監督:宮原 拓也(Miyahara Takuya)
六畳じゃないけど、一間の空間で、 今日もいつだって、人間の活動は続いているんだと思います。

『忘れたくないのに定かじゃない』
武蔵野美術大学 / 12min / BD / ワイド(16:9/1.78) / ステレオサウンド / 2020
監督:藤丸 踏子(Hujimaru Humiko)
ペットの話。全部覚えてたい、何も忘れたくない、それくらい大切で大事なことなのに、記憶が定かじゃないのってめちゃめちゃ悔しい。

『いちご飴』
東京学生映画祭
東京藝術大学大学院 / 7min / BD / ワイド(16:9/1.78) / ステレオサウンド / 2020
監督:李念澤(Rinensawa)
どうしても言えないある秘密と、次第に薄くなっていく記憶。女の子はそれが現実か夢かわからなくなっている。

『こちら放送室よりトム少佐へ』
日本大学 / 10min / BD / スタンダード(4:3/1.33) / モノサウンド / 2019
監督:千阪 拓也(Chisaka Takuya)
1989 年夏。放送部員の少年・星 英助が放送室で新作のラジオドラマを作り始める。
しかし、制作の途中で夜間学校の女子生徒が登場人物として、英助のラジオドラマに勝手に出演してきてしまう。英助は彼女を受け入れ、顔も名前も知らない相手とのリレーラジオドラマが始まる。昼と夜、決して交わり合うことのなかった二人が、カセットテープを通して物語を紡ぎ合うのであった。果たして、二人のラジオドラマは完成するのか──。

【特別招待作品】

今の学生たちに是非見て欲しい 1 作品を特別招待作品として 10 月 17 日の受賞式後に上映します。
上映後には、東学祭だからこその特別トークも予定しています。

クロージング作品
『ももいろそらを』
東京学生映画祭
監督・脚本:小林 啓一(Kobayasi Keiichi)
出演:池田愛 小篠恵奈 藤原令子 高山翼 桃月庵白酒
製作:michaelgion 製作担当:松島翔 録音:日高成幸
2012 年製作 / 113min / B/W
©2012michaelgion All Rights Reserved.
ある日、川島いづみは大金の入った財布を拾う。中に入っていた学生証をたよりに、その財布の持ち主に返すはずが…。いづみ、友達の蓮実と薫、そして財布の持ち主・佐藤。財布の中に入っていたはずのお金を介して、彼らのいつもとかわんなかった毎日が、いつもとは違う日々になりはじめた…。

公式サイト:http://tougakusai.jp

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜
    ハチャメチャで可笑しくて、最高に懐かしい 「名古屋発・笑って泣ける最強の青春ドラマ」が遂に映画化!…
  2. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…
  3. 画像,ウェン・ムーイエ(文牧野),ニン・ハオ(寧浩),シュー・ジェン(徐崢),ワン・チュエンジュン(王伝君),ジョウ・イーウェイ (周一囲),薬の神じゃない!,映画,中国,金馬奨,主演男優賞
    中国で500億円もの記録的大ヒットを記録! 金馬奨・主演男優賞等の映画賞を受賞! 映画『薬の神じ…
  4. 画像,本気のしるし,森崎ウィン,土村芳
    その女、出会ったことが事故だった-- 深田晃司監督が描く、弱く不器用な男女の転落劇 映画『…
  5. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  6. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  7. 映画『アイヌモシリ』
    ―この世界を、生きる。生きていく 現代を生きる「アイヌ」を映し出した、新しい日本映画が誕生 近年…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る