映画『2重螺旋の恋人(L’amant Double)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

双子の精神分析医との背徳の愛を官能的に描く、極上の心理サスペンス。

映画『2重螺旋の恋人(L’amant Double)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングで痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。

映画『2重螺旋の恋人(L’amant Double)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ルイと名乗る男はポールと双子でしかも同じ精神分析医だった。偽名を使ってルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく……。

■ 2重螺旋の恋人(L’amant Double)予告編

■ 監督
フランソワ・オゾン

■ 出演
マリーヌ・ヴァクト
ジェレミー・レニエ
ジャクリーン・ビセット
ドミニク・レイモン

2017年/フランス/フランス語/1時間47分

■ コピーライト
©2017-­‐ MANDARIN PRODUCTION-­‐ FOZ-­‐ MARS FILMS-­‐ FILMS DISTRIBUTION-­‐ FRANCE 2 CINÉMA-­‐SCOPE PICTURES/JEAN-­‐CLAUDE MOIREAU

■ 配給
キノフィルムズ

■ 上映情報
2018年夏、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開


【フランス映画祭 上映映画一覧】

セラヴィ!(Le Sens de la Fête)
顔たち、ところどころ(Visages Villages)
子どもが教えてくれたこと(Et Les Mistrals Gagnants)
2重螺旋の恋人(L’amant Double)
See You Up There(Au Revoir Là-haut)
グッバイ・ゴダール!(Le Redoutable)
メモワール・オブ・ペイン Memoir of Pain(La Douleur)
REVENGE リベンジ(Revenge)
CUSTODY/カストディ(Jusqu‘à la Garde)
とてもいじわるなキツネと仲間たち(Le Grand Méchant Renard)
マルヴィン、あるいは素晴らしい教育(Marvin ou la Belle Éducation)
ブラッディ・ミルク(Petit Paysan)

フランス映画祭2018横浜

フランス映画祭2018横浜


■ 名称
フランス映画祭2018
(Festival du film français su Japan2018)

■ 期間・開城
2018年6月21日(木)~6月24日(日)全4日間
みなとみらい地区中心に開催

6/21:オープニングセレモニー・上映
(横浜みなとみらいホール)
6/22~24:通常上映
(イオンシネマみなとみらい)

■ プログラム
上記2会場におけるフランス映画最新作の上映(14作品予定)
その他、オープニング・セレモニー、トークショー等、サイドイベントを実施予定

■ 主催
ユニフランス

■ 共催
横浜市、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

■ 特別協賛
日産自動車

■ 協賛/協力
LACOSTE、AIRFRANCE、TITRAFILM、CNC、フランス文化省/ヨーロッパ・外務省、PROCIREP

■ 後援
朝日新聞社

■ チケット情報
5月中旬発売(予定)

■ 公式ホームページ
http://unifrance.jp/festival/2018/

■ 運営広報の問合せ先
フランス映画祭事務局
(フリーストーン内)
東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE214

■ メール
fff@freestone.jp

■ ハローダイヤル
050-5541-8600(全日 8:00~22:00)





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

フランス映画祭2018横浜

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  2. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  3. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  4. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  5. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  6. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る