映画『Memoir of Pain(La Douleur)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

激動の時代を生きた作家マルグリット・デュラスの愛と苦悩の物語。

1944年、ナチス占領下のパリ。若く優秀な作家マルグリットは、夫のロベール・アンテルムとともにレジスタンス運動のメンバーとして活動していた。ある日、夫がゲシュタポに逮捕される。マルグリットは夫を取り戻すために協力者のピエールの力を借り、恐ろしい危険に身を投じることを決意。

映画『Memoir of Pain(La Douleur)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

愛する夫の長く耐えがたい不在はパリの解放後も続き、心も体もぼろぼろになりながらも夫の帰りを待つマルグリットだったが…。フランスの小説家マルグリット・デュラスの若き日の愛と苦悩を綴った原作「苦悩」を基に描く壮大な物語――。

■ Memoir of Pain(La Douleur)予告編

■ 監督
エマニュエル・フィンケル

■ 出演
メラニー・ティエリー
ブノワ・マジメル
バンジャマン・ビオレ
グレゴワール・ルプランス=ランゲ

2017年/フランス・ベルギー・スイス/フランス語/127分

■ コピーライト
©2017 LES FILMS DU POISSON – CINEFRANCE – FRANCE 3 CINEMA – VERSUS PRODUCTION – NEED PRODUCTIONS

■ 配給
ハーク

■ 上映情報
2019年2月Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー


【フランス映画祭 上映映画一覧】

セラヴィ!(Le Sens de la Fête)
顔たち、ところどころ(Visages Villages)
子どもが教えてくれたこと(Et Les Mistrals Gagnants)
2重螺旋の恋人(L’amant Double)
See You Up There(Au Revoir Là-haut)
グッバイ・ゴダール!(Le Redoutable)
メモワール・オブ・ペイン Memoir of Pain(La Douleur)
REVENGE リベンジ(Revenge)
CUSTODY/カストディ(Jusqu‘à la Garde)
とてもいじわるなキツネと仲間たち(Le Grand Méchant Renard)
マルヴィン、あるいは素晴らしい教育(Marvin ou la Belle Éducation)
ブラッディ・ミルク(Petit Paysan)

フランス映画祭2018横浜

フランス映画祭2018横浜


■ 名称
フランス映画祭2018
(Festival du film français su Japan2018)

■ 期間・開城
2018年6月21日(木)~6月24日(日)全4日間
みなとみらい地区中心に開催

6/21:オープニングセレモニー・上映
(横浜みなとみらいホール)
6/22~24:通常上映
(イオンシネマみなとみらい)

■ プログラム
上記2会場におけるフランス映画最新作の上映(14作品予定)
その他、オープニング・セレモニー、トークショー等、サイドイベントを実施予定

■ 主催
ユニフランス

■ 共催
横浜市、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

■ 特別協賛
日産自動車

■ 協賛/協力
LACOSTE、AIRFRANCE、TITRAFILM、CNC、フランス文化省/ヨーロッパ・外務省、PROCIREP

■ 後援
朝日新聞社

■ チケット情報
5月中旬発売(予定)

■ 公式ホームページ
http://unifrance.jp/festival/2018/

■ 運営広報の問合せ先
フランス映画祭事務局
(フリーストーン内)
東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE214

■ メール
fff@freestone.jp

■ ハローダイヤル
050-5541-8600(全日 8:00~22:00)





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

フランス映画祭2018横浜

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  2. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  3. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  4. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  7. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る