映画『REVENGE リベンジ(Revenge)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

各国映画祭のド肝を抜いた、≪美しすぎる復讐の女神≫降臨!!

映画『REVENGE リベンジ(Revenge)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ヤングセレブのリチャードと不倫関係にあるジェニファーは、彼の豪華な別荘で甘い休日を過ごすはずだった。しかし、そこにリチャードの狩猟仲間のスタンとディミトリが現れ、セクシーなジェニファーに舐めるような視線を這わせる。

映画『REVENGE リベンジ(Revenge)』フランス映画祭2018横浜 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

その欲情は暴走し、さらに汚れた体を震わせ助けを求めるジェニファーを、男たちは口封じのために崖から突き落とす。しかし、彼女は死んでいなかった。そして、ジェニファーは男たちへの復讐を誓う―。

■ REVENGE リベンジ(Revenge)予告編

■ 監督
コラリー・ファルジャ

■ 出演
マチルダ・ルッツ
ケヴィン・ヤンセンス
ヴァンサン・コロンブ
ギヨーム・ブシェド

2017/フランス/英語・フランス語/108分

■ コピーライト
©􀀀2017 M.E.S. PRODUCTIONS -­ MONKEY PACK FILMS -­ CHARADES -­ LOGICAL PICTURES – NEXUS FACTORY -­ UMEDIA

■ 配給
アルバトロス・フィルム

■ 上映情報
7月シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次ロードショー


【フランス映画祭 上映映画一覧】

セラヴィ!(Le Sens de la Fête)
顔たち、ところどころ(Visages Villages)
子どもが教えてくれたこと(Et Les Mistrals Gagnants)
2重螺旋の恋人(L’amant Double)
See You Up There(Au Revoir Là-haut)
グッバイ・ゴダール!(Le Redoutable)
メモワール・オブ・ペイン Memoir of Pain(La Douleur)
REVENGE リベンジ(Revenge)
CUSTODY/カストディ(Jusqu‘à la Garde)
とてもいじわるなキツネと仲間たち(Le Grand Méchant Renard)
マルヴィン、あるいは素晴らしい教育(Marvin ou la Belle Éducation)
ブラッディ・ミルク(Petit Paysan)

フランス映画祭2018横浜


■ 名称
フランス映画祭2018
(Festival du film français su Japan2018)

■ 期間・開城
2018年6月21日(木)~6月24日(日)全4日間
みなとみらい地区中心に開催

6/21:オープニングセレモニー・上映
(横浜みなとみらいホール)
6/22~24:通常上映
(イオンシネマみなとみらい)

■ プログラム
上記2会場におけるフランス映画最新作の上映(14作品予定)
その他、オープニング・セレモニー、トークショー等、サイドイベントを実施予定

■ 主催
ユニフランス

■ 共催
横浜市、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

■ 特別協賛
日産自動車

■ 協賛/協力
LACOSTE、AIRFRANCE、TITRAFILM、CNC、フランス文化省/ヨーロッパ・外務省、PROCIREP

■ 後援
朝日新聞社

■ チケット情報
5月中旬発売(予定)

■ 公式ホームページ
http://unifrance.jp/festival/2018/

■ 運営広報の問合せ先
フランス映画祭事務局
(フリーストーン内)
東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE214

■ メール
fff@freestone.jp

■ ハローダイヤル
050-5541-8600(全日 8:00~22:00)





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

フランス映画祭2018横浜

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  2. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  3. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  4. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  7. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る