映画『ダーリンの憂い(Darling)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018
メディフィット定期の商品概要はこちら
※この映画はまだ評価がありません。

【ストーリー】
怪我で公演を降りたバレエ団のプリマドンナ。今、女たちのドラマが幕を開ける。世界的バレリーナのダーリンは、「ジゼル」のリハ中に怪我をして降板することに。彼女は代役のポーリーの指導役を買って出るが、若いポーリーの成長ぶりを目の当たりにして、徐々に精神が不安定になっていく。

映画『ダーリンの憂い(Darling)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

映画『ダーリンの憂い(Darling)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

【作品紹介】
バレエ団のプリマドンナの座を巡るサスペンスは、映画のひとつのジャンルといえるほど、これまでにもたくさん作られてきた。しかし本作では、タイトルにもなっている主人公ダーリンの生き様にフォーカスしている点が、現在の「#MeToo」ムーブメントにも共通する、現代的なテーマを持っているといえる。また、ラース・フォン・トリアーやトマス・ヴィンターベアら著名監督の作品を手掛けるZentropa社が製作しているように、ビアギッテ・スターモス監督はデンマーク期待の新鋭女性監督。短編『Small Avalanches』(03)がヨーロッパ映画賞の短編映画賞にノミネートされ、初長編作品『Room 304』(11)はカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のコンペティション部門に選出された。長編二作目となる本作は、2017年のロンドン映画祭でワールド・プレミアされ、本映画祭の上映がアジアン・プレミアとなる。

【スタッフ】
監督:ビアギッテ・スターモス
出演:ダニカ・クルチッチ、グスタフ・スカルスガルド、ウルリク・トムセン、アストリッド・グラルップ・エルボ

映画『ダーリンの憂い(Darling)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

ビアギッテ・スターモス

<2017年/デンマーク、スウェーデン/101分>
©Zentropa Production
<アジアン・プレミア>

■ ダーリンの憂い(Darling)予告編


【オープニング作品】

君がまた走り出すとき

【飛翔する監督たち from SAITAMA】

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
22年目の告白―私が殺人犯です―
横道世之介
犬猿

【名匠たちの軌跡】

A.K. ドキュメント黒澤明
映画が時代を写す時-侯孝賢とエドワード・ヤン
ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ

【怪盗グルーシリーズ一挙上映】

怪盗グルーの月泥棒
怪盗グルーのミニオン危機一発
怪盗グルーのミニオン大脱走

【国際コンペティション ノミネート作品】

ダーリンの憂い
ブリス、マイ・スウィート・ホーム
最後の息子
ザ・ラスト・スーツ(仮題)
スポットライト
ナンシー
彼女はひとり
ザ・スワン
あの木が邪魔で
招かれざる者

【国内コンペティション(長編部門) ノミネート作品】

あの群青の向こうへ
キュクロプス
情操家族
岬の兄妹

【国内コンペティション(短編部門) ノミネート作品】

Birth-おどるいのち-
ヴィニルと烏
予定は未定
口と拳

あいつは、いつも寝てる。
はりこみ
東京彗星
ふっかつのじゅもん

【バリアフリー・ママシアター・VR作品】

8年越しの花嫁 奇跡の実話
人生フルーツ
ブルーサーマルVR-はじまりの空-
ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018


【開催】
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

■ 会期
2018年7月13日(金)~7月22日(日)

■ 会場
SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか(埼玉県川口市上青木3-12-63)
MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口3F)

■ 主催
埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

■ 公式サイト
www.skipcity-dcf.jp





SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 今最も旬な俳優・藤原季節主演✖業界大注目の新鋭・内山拓也監督による20年代の青春映画 誰の心の中に…
  2. 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』綾野剛&北川景子
    その医師を、追ってはいけない。 130人を安楽死させた実在の医師描く 映画『ドクター・デスの遺産…
  3. アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌、画像
    史上もっとも売れたクリスチャン・ソングが生まれた理由、その感動の実話がいま明かされる 亡き父への想…
  4. PLAY 25年分のラストシーン,画像
    過ぎた日の輝きと影。 今一度、自分の人生を「再生」する。 膨大な映像からやっと見つけた 〈本当…
  5. ホテルローヤル,画像
    孤独を抱える人々は 「非日常」を求め、扉を開く― 映画『ホテルローヤル』 原作は、2013年に…
  6. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…
  7. 『家なき子 希望の歌声』画像
    3 度のアニメ化で愛されてきた児童⽂学の⾦字塔が感動の映画化︕ どんな困難にもまけず進み続ける少年…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る