映画『ナンシー(Nancy)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018
メディフィット定期の商品概要はこちら
※この映画はまだ評価がありません。

嘘で塗り固めた私の人生。けれど探しているのは、本物の温もり。

【ストーリー】
人付き合いが苦手なナンシーは、他人の関心を集めようと嘘ばかりついていた。ある日、彼女は5歳で行方不明になった娘を探す夫婦をTVで見かける。その娘の30年後の似顔絵が自分と瓜二つなことに気づき…。

映画『ナンシー(Nancy)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

映画『ナンシー(Nancy)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

【作品紹介】
嘘をつくことでしかコミュニケーションを取ることができない女性の繊細な心理をスリリングに描きだしたのは、監督・脚本のクリスティーナ・チョウ。これまでに制作した短編作品が高い評価を得ており、長編デビューを飾った本作は、今年のサンダンス映画祭で脚本賞を受賞した。主人公ナンシーを演じるアンドレア・ライズボローは名門英国王立演劇学校出身で、トム・クルーズ主演の『オブリビオン』(13)、アカデミー賞作品賞を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)などに出演。また『スーパーマン』シリーズのサム・ライミ監督がプロデュースする、『呪怨』(00)のリメイクにも主演することが発表されている。ほかにも、スティーヴ・ブシェミやジョン・レグイザモら演技派俳優が脇を固めている。本映画祭での上映はアジアン・プレミアとなる。

映画『ナンシー(Nancy)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

【スタッフ】
監督:クリスティーナ・チョウ
出演:アンドレア・ライズボロー、J・スミス=キャメロン、スティーヴ・ブシェミ、アン・ダウド、ジョン・レグイザモ
<2018年/アメリカ/86分>

■ ナンシー(Nancy)予告編


【オープニング作品】

君がまた走り出すとき

【飛翔する監督たち from SAITAMA】

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
22年目の告白―私が殺人犯です―
横道世之介
犬猿

【名匠たちの軌跡】

A.K. ドキュメント黒澤明
映画が時代を写す時-侯孝賢とエドワード・ヤン
ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ

【怪盗グルーシリーズ一挙上映】

怪盗グルーの月泥棒
怪盗グルーのミニオン危機一発
怪盗グルーのミニオン大脱走

【国際コンペティション ノミネート作品】

ダーリンの憂い
ブリス、マイ・スウィート・ホーム
最後の息子
ザ・ラスト・スーツ(仮題)
スポットライト
ナンシー
彼女はひとり
ザ・スワン
あの木が邪魔で
招かれざる者

【国内コンペティション(長編部門) ノミネート作品】

あの群青の向こうへ
キュクロプス
情操家族
岬の兄妹

【国内コンペティション(短編部門) ノミネート作品】

Birth-おどるいのち-
ヴィニルと烏
予定は未定
口と拳

あいつは、いつも寝てる。
はりこみ
東京彗星
ふっかつのじゅもん

【バリアフリー・ママシアター・VR作品】

8年越しの花嫁 奇跡の実話
人生フルーツ
ブルーサーマルVR-はじまりの空-
ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018


【開催】
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

■ 会期
2018年7月13日(金)~7月22日(日)

■ 会場
SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか(埼玉県川口市上青木3-12-63)
MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口3F)

■ 主催
埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

■ 公式サイト
www.skipcity-dcf.jp





SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌、画像
    史上もっとも売れたクリスチャン・ソングが生まれた理由、その感動の実話がいま明かされる 亡き父への想…
  2. 水上のフライト,画像
    ”実話”から着想を得た感動の物語 映画『水上のフライト』 11/13より公開する『水上のフライト…
  3. 彼女はひとり,画像
    彼女の孤独が復習を始める 映画『彼女はひとり』 『そのまま死んじゃえばよかったのに』 本作品は…
  4. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…
  5. 今最も旬な俳優・藤原季節主演✖業界大注目の新鋭・内山拓也監督による20年代の青春映画 誰の心の中に…
  6. ホテルローヤル,画像
    孤独を抱える人々は 「非日常」を求め、扉を開く― 映画『ホテルローヤル』 原作は、2013年に…
  7. PLAY 25年分のラストシーン,画像
    過ぎた日の輝きと影。 今一度、自分の人生を「再生」する。 膨大な映像からやっと見つけた 〈本当…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る