映画『ヴィニルと烏(Dumping Ground)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018
Pocket
LINEで送る

立ち上がりたい、立ち上がって欲しい。手に入れた力を使うべきか。

【ストーリー】
同級生からのいじめに悩むジュンは、離れて暮らす兄を訪ねボクシングを習い始める。ジュンは着実に強くなっていくものの、同級生にも自分にも立ち向かえない。そんなジュンに兄はしびれを切らし…。

映画『ヴィニルと烏(Dumping Ground)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

映画『ヴィニルと烏(Dumping Ground)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

【作品紹介】
いじめる側を烏(カラス)、いじめられる側をビニールに例え、社会問題に真正面から挑んだ本作。CO2助成作品『蹄』(17)やndjc2014の選出監督たちで制作された『スクラップ スクラッパー』(17)などで俳優としても活躍する横田光亮の初監督作品。自分をいじめる同級生への復讐のため、ボクシングで体力と精神力を身につけていく主人公のジュンも監督が熱演。本作で、セリフがないにもかかわらず、表情と仕草だけでジュンの心情を反映させるという難しい役どころのアミに挑戦しているのは、新人の梶山里緒。ジュンとアミを意図的に接近させないことで、クラスや社会の中で、見えない味方がいるという監督からのメッセージが感じ取れる。

【スタッフ】
監督:横田光亮
出演:横田光亮、宮田佳典、井口理、守谷周人、野島健矢、八坂直也、梶山里緒

映画『ヴィニルと烏(Dumping Ground)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

<2018年/日本/31分>

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018


【開催】
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

■ 会期
2018年7月13日(金)~7月22日(日)

■ 会場
SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか(埼玉県川口市上青木3-12-63)
MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口3F)

■ 主催
埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

■ 公式サイト
www.skipcity-dcf.jp





SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  4. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  7. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る