映画『A.K. ドキュメント黒澤明(A.K.)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

映画『A.K. ドキュメント黒澤明(A.K.)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018
※この映画はまだ評価がありません。

フランス人監督から見た、世界の巨匠アキラ・クロサワ。

【ストーリー】
フランスの映像作家クリス・マルケルによる、『乱』のメイキング・ドキュメンタリー。本編ではカットされたシーンの撮影風景など秘蔵映像を通じ、蓮實重彦によるナレーションで黒澤明の映画術に迫る。

映画『A.K. ドキュメント黒澤明(A.K.)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

【作品紹介】
スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、北野武など世界中の映画人に多大な影響を与え、日本のみならず世界を代表する映画監督の一人である黒澤明。日本映画黄金期の象徴ともいえる存在であり、デビュー作『姿三四郎』(43)以後、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した『羅生門』(50)や、『生きる』(52)、『七人の侍』(54)、『隠し砦の三悪人』(58)、『用心棒』(61)、本作の題材にもなった『乱』(85)など生涯に30本の監督作品を残した。98年没。没後、映画監督として初の国民栄誉賞が贈られた。遺作は『まあだだよ』(93)。

【スタッフ】
監督:クリス・マルケル
ナレーション:蓮實重彦
提供:アスミック・エース

<1985年/フランス、日本/74分>
©2003パリ・グリニッチ・フィルム社/アスミック・エース㈱

■ SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 オフィシャルCM


【オープニング作品】

君がまた走り出すとき

【飛翔する監督たち from SAITAMA】

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
22年目の告白―私が殺人犯です―
横道世之介
犬猿

【名匠たちの軌跡】

A.K. ドキュメント黒澤明
映画が時代を写す時-侯孝賢とエドワード・ヤン
ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ

【怪盗グルーシリーズ一挙上映】

怪盗グルーの月泥棒
怪盗グルーのミニオン危機一発
怪盗グルーのミニオン大脱走

【国際コンペティション ノミネート作品】

ダーリンの憂い
ブリス、マイ・スウィート・ホーム
最後の息子
ザ・ラスト・スーツ(仮題)
スポットライト
ナンシー
彼女はひとり
ザ・スワン
あの木が邪魔で
招かれざる者

【国内コンペティション(長編部門) ノミネート作品】

あの群青の向こうへ
キュクロプス
情操家族
岬の兄妹

【国内コンペティション(短編部門) ノミネート作品】

Birth-おどるいのち-
ヴィニルと烏
予定は未定
口と拳

あいつは、いつも寝てる。
はりこみ
東京彗星
ふっかつのじゅもん

【バリアフリー・ママシアター・VR作品】

8年越しの花嫁 奇跡の実話
人生フルーツ
ブルーサーマルVR-はじまりの空-
ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018


【開催】
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

■ 会期
2018年7月13日(金)~7月22日(日)

■ 会場
SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか(埼玉県川口市上青木3-12-63)
MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口3F)

■ 主催
埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

■ 公式サイト
www.skipcity-dcf.jp





SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 星の子、画像
    芦田愛菜、6年ぶりの実写映画主演! 『日日是好日』の監督・スタッフがこの秋に贈る、圧倒的な感動作 …
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る