映画『夏の遊び』ベルイマン生誕100年映画祭
Pocket
LINEで送る

7月21日(土)『ベルイマン生誕100年映画祭』YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次開催

■ 作品紹介
ゴダールが、最も美しい映画と絶賛した初期の傑作。ベルイマンが学生時代に書いた小説「マリー」を自身で脚色、あるプリマ・バレリーナの過去の苦い恋を描く。後の『野いちご』を想わせるフラッシュバックを使用。初めてすべてを自分のものとして作ることが出来たという、ベルイマンお気に入りの作品である。

■『夏の遊び』予告編

【スタッフ】
製作:アラン・エーケルンド
監督:イングマール・ベルイマン
脚本:イングマール・ベルイマン、ヘルベット・グレヴェーニウス
撮影:グンナール・フィッシェル
編集:オスカル・ルサンデル 音楽:エリック・ノードグレン
録音:スヴェン・ハンセン
美術:ニルス・スヴェンウォール

【キャスト】
マリー:マイ=ブリット・ニルソン
ヘンリック:ビリエル・マルムステーン
記者ダーヴィッド:アルフ・チェリン
カイ:アンナ=リサ・エリクソン
伯父エールランド:イェーオルイ・フンククヴィストバレエ
教師:スティーグ・オリーン
ヘンリックの叔母:ミミ・ポラック

1951年/スウェーデン / モノクロ/ モノクロスタンダード /90分
(C) 1951 AB Svensk Filmindustri
原題:Sommarlek


「ベルイマン生誕100年映画祭」13作品のご紹介

『夏の遊び』
『夏の夜は三たび微笑む』
『第七の封印』
『野いちご』
『魔術師』
『処女の泉』
『鏡の中にある如く』
『冬の光』
『沈黙』
『仮面/ペルソナ』
『叫びとささやき』
『秋のソナタ』
『ファニーとアレクサンデル』


ベルイマンを知らないあなたもベルイマンを知っている 町山智浩(映画評論家)

7月21日(土)『ベルイマン生誕100年映画祭』YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次開催

配給:ザジフィルムズ、マックアワー
協賛:スウェーデン大使館
協力:シネマクガフィン

■ ベルイマン生誕100年映画祭予告篇


■ チケットはこちらから
https://www.major-j.com/cinema_group.php?id=M20180512005




※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  2. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…
  3. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  4. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  5. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。…
  7. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る