映画『ファニーとアレクサンデル』ベルイマン生誕100年映画祭
Pocket
LINEで送る

7月21日(土)『ベルイマン生誕100年映画祭』YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次開催

■ 作品紹介
劇場を経営する一族の2年間を、二人の幼い孫の視点を通して豪華絢爛に描き、ベルイマンをして「映画作りの面白さを味わい尽くした」と言わしめ、世界中で大ヒットを記録した集大成たる超大作。受難の旅を経た彼らの無垢な祈りは、生きとし生けるものすべての悲しみを包み込み、生の喜びに満ち溢れたこの上ない幸福なステージへと私たちを導くだろう。

■『ファニーとアレクサンデル』予告編

【スタッフ】
製作:ヨルン・ドンナー
監督・脚本:イングマール・ベルイマン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
編集:シルヴィア・インゲマルション
音楽:ダニエル・ベル
衣装:マリク・ヴォス=ルンド
美術:アンナ・アスプ

【キャスト】
ファニー:ペルニラ・アルヴィーン
アレクサンデル:バッティル・ギューヴェ
オスカル・エクダール:アラン・エドヴァル
エミリー・エクダール:エヴァ・フレーリング
ヘレナ・エクダール:グン・ヴォールグレーン
カール・エクダール:ボルイェ・アールステッド
グスタヴ・アドルフ・エクダール:ヤール・キューレ
イサク:エルランド・ヨセフソン
ユスティーナ:ハリエット・アンデション
ハンナ・シュヴァルツ:アンナ・ベルイマン
フィリップ・ランダール:グンナール・ビョーンストランド
ローザ:レナ・オリン
リディア・エクダール:クリスティーナ・ショリン
マイ:ペルニラ・ヴァルグレーン
イスマエル:スティーナ・エークブラッド
ヴァルゲス主教:ヤン・マルムシュー

1982 年/スウェーデン=フランス=西ドイツ/カラー/ビスタ/311 分
原題:Fanny och Alexander
(c) 1982 AB Svensk Filmindustri, Svenska Filminstitutet. All Rights Reserved.

【賞歴】
第 56 回アカデミー賞 外国語映画賞・撮影賞・美術賞・衣装デザイン賞
第 41 回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞受賞
第 40 回ヴェネツィア国際映画祭 国際批評家連盟賞
第 49 回ニューヨーク批評家協会賞 外国語映画賞・監督賞
第 9 回ロサンゼルス批評家協会賞 外国語映画賞・撮影賞
第 9 回セザール賞 外国語映画賞


「ベルイマン生誕100年映画祭」13作品のご紹介

『夏の遊び』
『夏の夜は三たび微笑む』
『第七の封印』
『野いちご』
『魔術師』
『処女の泉』
『鏡の中にある如く』
『冬の光』
『沈黙』
『仮面/ペルソナ』
『叫びとささやき』
『秋のソナタ』
『ファニーとアレクサンデル』


ベルイマンを知らないあなたもベルイマンを知っている 町山智浩(映画評論家)

7月21日(土)『ベルイマン生誕100年映画祭』YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次開催

配給:ザジフィルムズ、マックアワー
協賛:スウェーデン大使館
協力:シネマクガフィン

■ ベルイマン生誕100年映画祭予告篇


■ チケットはこちらから
https://www.major-j.com/cinema_group.php?id=M20180512005




※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  2. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  3. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  4. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  5. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  6. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  7. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る