女優筧美和子さん、見えないけれど伝わってくるものを求めて【インタビュー】『幕が下りたら会いましょう』

女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像

映画『幕が下りたら会いましょう』
インタビュー

11月26日(金)より新宿武蔵野館ほかにて公開される映画『幕が下りたら会いましょう』は、新鋭・前田聖来監督による、松井玲奈さんの単独初主演となるドラマです。

今回は、本作の公開を記念して、松井さんと姉妹を演じる筧美和子さんにお話を伺いました。演出家の卵の斎藤麻奈美が妹の死を契機に過去と向き合い、乗り越えていく過程を繊細なタッチで描いています。

最初はいがみ合っているように見えるふたりの関係が徐々に解き明かされていく過程と、登場人物の心境の変化が重なり合い、心の深いところに刺さるような余韻を感じられる作品です。今回のインタビューでは、筧さんが尚を演じるにあたっての思いを語っていただきました。

女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像

尚役の筧美和子さん

(文:駒井憲嗣)

―― 主人公の麻奈美をはじめとする登場人物が、社会とどのように向き合い、自分の願望と折り合いをつけていくか、という非常に難しく、しかし重要なテーマに取り組んだ作品だと感じました。まず、完成した作品をご覧になってどんなお気持ちですか?

筧美和子さん(以下、さん)
撮影してからも時間が空いていたし、私は他の俳優さんと絡むシーンが少なかったので、客観的に作品を観させてもらいました。内容を知っているのに、すごくグッときましたし、いろいろと感じるものがありましたね。

女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像

―― 今回尚という役を演じるにあたって、苦労されたポイントは?

さん
登場シーンも少ないですし、そのなかで尚を探るというか、すごく感覚的な作業でした。そのあたりは監督ともお話したり、事前にリモートで本読みをしたことにより共通認識を持てていたのでそこまで苦労はせずに、スッと入っていけたと思います。

―― 決定稿までに時間がかかったと伺っています。筧さんが最初に脚本を読まれたバージョンと完成した作品では、かなり変わっているのでしょうか?

さん
どうだったんだろう……印象的には、よりシンプルになったと思います。
最初にいただいた脚本のときのほうが複雑で、いろいろな要素が盛り込まれていたけど、どんどん削られていったと思います。

―― 今回の役柄は姉妹の仲があまり良くない設定ですが、筧さんご自身との共通点はありましたか?

さん
撮影しているときは、麻奈美と尚の距離感について監督がとてもこだわられていて、松井さんと私もすごく意識していました。家族とか姉妹のリアルな関係が見えた気もしていて。ふたりが特別仲が悪いかというと、そうでもないんじゃないかな。家族だからこその姿、という感じもして。なので、映画を観て、麻奈美と尚が姉妹に見える!と思いました。

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

―― オープニングの尚が実家の美容院を出ていくシーンがとても重要だと感じました。あそこで麻奈美と尚の間のすこし険悪な空気が断片的に示されるものの、物語が続くにつれてふたりの関係が徐々に明らかになっていくという構成に引き込まれました。あのオープニングのシーンは脚本の最初の段階からあったのでしょうか?

さん
そうですね、既に最初の段階からあのシーンはありました。

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

―― 撮影の過程で尚を演じる筧さんの心境に変化はありましたか?

さん
ほんとうに出演シーンとしては少ないんですけれど、家を出る前と家を出た後は尚の心情はすごく違ったと思うので、そこは考えるようにしていました。

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

 

―― 本作に出演するにあたって、これはチャレンジだと思ったことはありますか?

さん
監督の意向でもあり、私も同じ気持ちなのですが、できるだけシンプルに、あまり味つけをしない方法を大事にされていたと思います。監督はシンプルななかで繊細な表現を目指していましたし、そういうところにこだわられているのが印象的でした。私はこれまで癖のあるハイテンションな役が多かったので、こういうアプローチの仕方ができるのは嬉しかったですし、チャレンジでした。シンプルである分全部映ってしまうと思うので。

―― そのチャレンジにあたって、乗り越えるために工夫したことやなにか特別な心構えはありましたか?

さん
監督や松井さんと共通認識が持てていたのが私的には安心感がありました。ですので、すごく身構えて、というよりは、ナチュラルに入っていくような感じで演じることができて、そこには感謝しかないですね。特別なにかをした、というよりは、感覚的に合わせていくところに意識を持っていました。

―― 尚というキャラクターには物語のなかで具体的に表現されない部分が多かったですが、松井さんとは「麻奈美と尚はこういう姉妹関係なんだ」というようなディスカッションはしたりしましたか?

さん
松井さんとはしませんでしたが、リモートの本読みのときに、監督から姉妹の距離感が近すぎず、ちょっと距離のある感じ、と事細かにお話していただいたので、お互いに姉妹のイメージは合っていたと思います。

―― 過去のインタビューで「癖があるような役柄もひとりの人間として寄り添っていきたい」というお話をされていたのが印象的でした。今回はどういう寄り添い方をしましたか?

さん
監督から「尚がかわいそうに見えてほしくない」というお話がリモートの本読みのときにあって、それが印象的でした。結果的に亡くなってしまったんですけれど、東京でがむしゃらにがんばっていたんです。ひとりで立っていようと、強くなろうとしてたんじゃないかという印象を持ちました。

そのように、尚に対しては想像を膨らませて理解を深めていくことをしましたね。根底に寂しさや孤独感はたしかにあったと思うんですけれど、そういうものを押し殺してがんばっていたんじゃないかな。どう見えるか、というのはやっぱり難しいんですけれど、すごく強く生きようとがんばっていた人というのは、尚のイメージ像とは近いのかなと思いました。

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

―― 確かにぶつかっているシーンから始まっていますけれど、血が繋がっていなくても、尚はほんとうにお姉さんのことが好きで、実の姉妹として接してくれるお姉さんのことがうれしいし、お母さんもふたりをこのままにしてほしいと思っている、そうした家族の関係がストーリーを追っていくなかで伝わってきました。

さん
じわじわきますよね。

―― 気が強いので言葉には出さないけれど、尚はきっとお姉さんのことを信頼していたんじゃないでしょうか。

さん
そうですね。盗作のことも、実はそこまで根に持っていないと思うんです。

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

―― そうした気持ちが尚の姿からにじみ出てきているように感じました。

さん
そう言っていただけると嬉しいですね。

―― 女優からキャリアをスタートさせ、社会人として働きながら監督業もこなしている前田監督の生き方が、葛藤しながら前に進んでいく麻奈美というキャラクターに投影されているのではないかと思います。麻奈美と前田監督のつながる点についてはどのようにお感じになりますか?

さん
すごく闘っている方だなという印象はあります。初めて会ったときは、私よりお若いのにめちゃくちゃしっかりされていて、びっくりしました。譲らない点はぜったい譲らないし、自分の表現したいものを守るために闘うすべを知っているし、すごく頼りになる監督です。

そういう面では、物語のなかである気付きがあってからの麻奈美が重なるところがあって。まっすぐなところが共通点ですかね……。

いや、麻奈美はまっすぐという感じでもないですよね(笑)。尚の要素も、麻奈美の要素もどちらも持っているかもしれないですね。

女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像

―― ラストの麻奈美が尚の気持ちに気付き、再び出会い、踊るシーンには胸が迫ります。セリフがなく難しいシーンだったと思いますが、どのように表現しようとしましたか?

さん
あのシーンでの監督からのお話は、お酒も入っていたからだと思うんですけれど、ステージの上で、尚にとっての楽しかった思い出とか、そういう瞬間が溢れるシーンなので、「とにかく楽しんで」「笑顔で踊ってほしい」という感じだったと思います。なので私も、できるだけ心から楽しんで踊れるように心がけました。

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

―― 映画やテレビのお仕事など新しいことに挑戦していくときに、大事な心構え、筧さんが意識していることはありますか?

さん
私自身枠を飛び越えていろいろやらせてもらっていて、ちゃんとできるかなと不安もあるけれど、新しい場所では遠慮してしまいがちなのですが、そういうことを気にせずに、その場その場でその物事ときちんと向き合う、ということを心がけるようにしています。

踊るシーンでもそうですし、亡くなる前の酔っているシーンでも、松井さんとのシーンでも。監督は細かくいろいろお話してくださったし、私も疑問があったら聞いたりということはしました。

―― 今回尚を演じたことやこのチームでお仕事できたことが、今後のご自身の演技や価値観にどのような影響を与えると思いますか?

さん
さっき言っていたようなシンプルな中で繊細な心の動きにこだわってくださって、私もできるだけそういうものが伝わったらいいなと思って演じたのですが、できあがった作品を観たときに、映画全体からそういう「見えないけれど伝わってくるもの」がありました。

実感としてそういう部分を大事にすると、きっと観てくださった方の心に届くんじゃないかと思いましたので、大事なことだと再確認しました。繊細さが必要とされない作品もあるかもしれないんですけれど(笑)、私はそういうものが好きなんだなとあらためて思いましたね。

女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像 女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像 女優筧美和子、見えないけれど伝わってくるものを求めて,映画幕が下りたら会いましょう,インタビュー,画像


予告動画

出演キャスト

松井玲奈
筧 美和子 しゅはまはるみ 日高七海
江野沢愛美 木口健太 大塚萌香(新人) 目次立樹
安倍乙 亀田侑樹 山中志歩 田中爽一郎
hibiki(lol-エルオーエル-) 篠原悠伸 大高洋子 里内伽奈
濱田のり子 藤田秀世 出口亜梨沙
丘みどり(友情出演) / 袴田吉彦

スタッフ

監督:前田聖来
脚本:大野大輔、前田聖来
音楽:池永正二
主題歌「CRY~戻りたい夜を~」:JamFlavor
撮影:春木康輔|照明:本間光平|録音:吉方淳二|美術・メインビジュアル:柴崎まどか|
スタイリスト:小宮山芽以|ヘアメイク:安藤メイ|編集:小西智香|脚本協力:川原杏奈|
劇中戯曲:愛里|振付:櫻井香純|エグゼクティヴ・プロデューサー:高木雅共|
プロデューサー:猪野秀碧、岡田康弘、細見将志、田中佐知彦|企画:直井卓俊|
製作・宣伝:エイベックス・エンタテインメント|制作協力:Ippo|
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

©avex entertainment Inc
■公式 HP: http://makuai-movie.com

2021年11月26日(金)より
新宿武蔵野館ほか全国順次公開

映画『幕が下りたら会いましょう』,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…
  2. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  3. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  6. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  7. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る