JUVENILEさん&向井太一さんが奏でる2021年、今の音楽とは?映画『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,日本版主題歌JUVENILE「GIMME THAT feat. 向井太一」,画像

『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』
日本版主題歌
JUVENILE「GIMME THAT feat. 向井太一」

今年の夏に公開され話題となった中国映画『唐人街探偵 東京MISSION』。その前作で唐人街探偵シリーズ第2弾にあたる『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』が11月12日(金)より全国公開です。

今や中国を代表する国民的エンターテインメント作品となった唐人街探偵シリーズの中で、最も口コミの評価が高く、中国では公開初日に約58億円の興行収入を記録した大ヒット作。

舞台はアメリカ・ニューヨーク。マフィアのボスの孫が惨殺された事件の犯人を捜し出せば、なんと賞金500万ドルが与えられるという。賞金を手に入れるため、世界中の名探偵たちがニューヨークに集結し、複雑な陰謀が交錯する事件の謎に挑みます。

今回は、日本語主題歌JUVENILE「GIMME THAT feat. 向井太一」を担当したJUVENILEさんと向井太一さんにお話を伺いました!

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,日本版主題歌JUVENILE「GIMME THAT feat. 向井太一」,画像

向井太一さん(写真左)とJUVENILEさん(写真右)

―― 作品と曲がピッタリでした!この曲を作るにあたっては、制作担当の方とはどんなお話をされたのですか?

JUVENILEさん
配給の方とこの映画が求めている楽曲の像がどういうものなのか、後はせっかく僕らがやるから僕らのやりたいことがあってぶつかっていないか、タイアップ作品の主題歌としてどうかというのは少し確認しました。でも、ほとんどやりたいようにはやらせていただいたので、そこは凄くありがたいです。

―― お二人は今回初めてのタッグになりますが、どんなことに自由度を持ちながらこだわりを持って進めていかれたのですか?

向井太一さん(以下、向井さん)
僕らがやる以上は、僕ららしさをしっかり入れたい。それと映画側が求めているものとのバランスは、一番最初に話し合いました。どのぐらいのテンション感で作るかとか。そこが定まってからは凄くやり易くて、お互いに「こういうのがカッコイイよね」「こういうアプローチが今っぽいよね」とか、楽しみながら作りました。

JUVENILEさん
元々、この映画は2018年公開で主題歌も既にあった。僕らが2021年に新しく作る時に、もちろん選択肢としてはそのままなぞることも出来たと思いますが、2021年の価値観、僕ら日本人2人の価値観、プラス今やりたいこと。

それと、元々、真向からぶつかるものではないので、遠からず近からずみたいな。“より一番いいバランスってどこだろう?”って。本当に【バランス】がキーワードになるんじゃないかっていうぐらい、【バランス】は、最初のゼロからイチ、つまり一番最初に押すところがとても大変で、それが少しずつ回り出してからはイイ感じになっていったと思います。

―― 言葉で表現するのは難しいと思うのですが、2018年から2021年の違い、2021年のこだわりというのは何になるのでしょうか?

JUVENILEさん
意外と2020年に凄い事が起きたじゃないですか。そこがボッカリ空いて、意外と表面的には似ているかもしれないですけど、2021年の今は2020年があったからこそ上向きじゃないですけど、“もうそろそろいいよね。ちょっと元気出していこうよ”みたいな感じと、この映画の派手な感じがマッチしているのかなと思うところもありますね。

コロナがあるない関係なく、世界的には2010年代前半からEDM(※1)というアゲアゲの音楽があって、2015年ぐらいから2020年ぐらいまでにかけて落ち着いていた流れはあったんです。

※1:EDMとは、Electronic Dance Musicの略で、2000年代後半からアメリカで人気を得たダンスミュージックのこと。

向井さん
トラップ(※2)以降ですね。

※2:トラップ(Trap)とは、ヒップホップのジャンル1つ、もしくはそのビートにイギリス発祥のダブステップの要素を取り込んだダンスミュージックのこと。

JUVENILEさん
そうそう。落ち着いた、家で聴くみたいな感じ。クラブでドンチャン騒ぎする曲じゃなくて、家でノンビリ聴くみたいな音楽の流れです。そして、本当に家にいるしかなくなっちゃった(笑)

そこから今は逆に「“外、出たいよね!”みたいな曲が増えていくんじゃない?」ってさっきも二人で話していたんです。

向井さん
僕的にはまたEDMがくると思うんです。

―― 難解なクイズを楽しく解いていく。そこに対して無理なエネルギーを注ぐのではなく、“自然に、そして面白いからやっていこうぜ!”みたいなノリがこの映画にあり、それが歌詞にも含まれているような気がしました。

向井さん
主人公のタン・レンは他人からすればメチャクチャだらしなくてしょうもなく見えても、お互いにとっては必要な存在だし、仲間との絆も描きたいなと思って、サウンド面でのパーティー感とかダンスミュージック部分と、リリック(歌詞)の部分での人間らしさは描きたいなと思っていました。

JUVENILEさん
僕はもう雰囲気なんですよね。派手な感じ、今っぽい感じとかそういう雰囲気の側は全部僕がやらせてもらったんですけど、中身として何が言いたいか?とか、一気に映画に近づくのは歌詞のお陰なので、そこは向井さんに凄く感謝です。

―― 役割分担とまではいかないですけど、“こっちは俺に任せて!”みたいな意識はあったということですね?

JUVENILEさん
少なくとも僕はメッチャありました。凄く助けてもらった!

―― ちなみに、一緒にお仕事をされてJUVENILEさんから見た向井さんはどんな方でしたか?(笑)

JUVENILEさん
お洒落で、クールで、スタイリッシュで、シティーボーイ!

だからこのおバカ感と、もしかしたらぶつかるんじゃないかな?と最初は正直ちょっと思ったんです。でも、映画が言いたいことはおバカだけじゃないし、友情や仲間との絆があるので、(向井さんのイメージが作品と)上手く近付いていきましたね。

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,日本版主題歌JUVENILE「GIMME THAT feat. 向井太一」,画像

―― 私の個人的な感想としては、向井さんは劇中の探偵のチン・フォン役のリウ・ハオランさんに雰囲気が少し似ていますよね(笑)。向井さんから見たJUVENILEはいかがですか?

向井さん
(笑)一番最初に知ったのは10年ぐらい前で、その時はクラブ界隈の人だったので、そこから色んなお仕事をされていて、どういう仕事の進め方をするんだろう?って。一緒にやってみると自分と同じように音楽に対しての熱量とか、愛情とか、プライドもあって、それが感じられたので嬉しかったと言ったら変かもしれないけど、楽しく自然に出来ました。

仕事になると割り切る人もいるじゃないですか。求められたものを表現する。僕は、今までタイアップをしつつも、わりと自分らしくやらせていただいたことが多かったので、割り切るスタンスの人とやったことがなくて、“どっちなんだろうなぁ”と思いつつやったら、(自分と)同じような感じで、“俺たちはこうなんだ!”っていう主張をしっかりしてくれる人でした(笑)

―― 映画の内容についてもお話を伺っていきたいのですが、派手さはありますが、色んな伏線を回収していくところも見事ですよね。作品を観た時に感じたイメージ、どんな風に感じられたのか教えてください。

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,画像

向井さん
日本でこの規模でこのスピード感の映画を作るのは中々カロリーが要ることだと思いますが、久しぶりに“スカッ”とする、ちょっとデトックスっぽい作品を観たなって(笑)観る側としてもスゴイ楽しかったです。

個人的に、最近重い映画や暗い映画をずっと観ていたので“こういう映画を求めていたかも”みたいな感じで、観終わった後に気持ちいい疲労感みたいなものがあって、そういうのがいいなと思いましたね。

あと、コメディとシリアスのバランスが絶妙だなと思いました。シリアスを薄く見せさせないというか、シーンの切り替わりとかストーリーの起承転結の部分で、凄く上手いなって感じました。

―― まさに歌詞に表れていた、普通だったら組まない二人が上手く絡んでいく、見放さないところがいいですよね。JUVENILEさんはいかがですか?

JUVENILEさん
スケールがデカすぎて、面白い!バカじゃない?のみたいな(笑)

シリーズ物でこれは2作目なのに、1を知らなくても別に何の問題もない。最初にこの2人がこれから色々やるんだなってすぐ分かるし、今何と闘っているのかもすぐ分かるし、今どこに向かっているのかもすぐに分かる。

向井さん
確かに!(笑)

JUVENILEさん
最初に出会ったおじさんたちが最後には、、、というのもベタだし、分かりやすい。そして、最初に登場した妻夫木さんが最後に出てきて、東京を舞台にしたPart3に進むんだなってのもすぐ分かるし、とにかくベタなんですよね。ベタなんですけど、それをベタで済ませないスケール感というか、ニューヨークの街をカーチェイスってのも口で言うのは簡単だけど、、、

向井さん
同じネタしかしない芸人さんでも、毎回それを超える勢いでこられると笑っちゃうみたいな(笑)

JUVENILEさん
そうそう!それに近い!(笑)

分かっているんだけど、みたいな。

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,画像

―― カーチェイスだけど突然馬車が登場して、意外性というか“ここまでやるのか!!”みたいな感じがありました。

JUVENILEさん
“無理だよね”っていうのをやるじゃないですか。音楽制作をしているから、何かを作る大変さは分かるので、“どうやるんだろう!?”みたいな。メチャメチャ大変だと思うんですよね、ニューヨークを馬車でとか。

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,画像

―― タイムズスクエアで踊って、インド映画みたいなシーンもありました(笑)

JUVENILEさん
“こんなの撮りたいね!”っていうノリだとして、それをそのままやれちゃうスケール感というか。

向井さん
個人的には、チョイ役の探偵のキャラが濃すぎて、スピンオフとかあったら観てみたいと思うぐらい(笑)全然活躍していないのにメッチャ気になる人とかいるじゃないですか!

―― キャラ立ちしていますよね。妻夫木さんも流暢な外国語を披露されていますが、この大きなスケールの作品に日本人が出演しているだけで安心したり、親近感を感じますよね?

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,画像

JUVENILEさん
純粋に“どれだけ努力しているんだろう?”と思いました。想像出来ないですね!

―― 我々のような一般人からすると、JUVENILEさんも向井さんもどれだけ頑張っているんだろうなって思います。

向井さん
(流暢な外国語を話すのは)感覚の問題ではないと思うので、スゴイですよね。

音楽の場合は技術面ももちろんですけど、どちらかと言うと感覚の部分が凄く大事だと思うので。

JUVENILEさん
しかも、妻夫木さんはこのキャラのイメージがあんまりないじゃないですか。ちょっと嫌な奴というか、いけ好かない奴の感じとか上手いなと思います。日本人なので俳優ではなく、普通に喋っている妻夫木さんを僕らは見ているから、それとのギャップもあるじゃないですか。それこそが演技力ですよね。それを中国語でやっている。

―― 海外の方が見て違和感がないように仕立てているわけですものね。

JUVENILEさん
中国の方とか何も知らない方が見たら本当にこういう嫌な奴って思っちゃうような。それって俳優さんのスゴイところだと思いますね。

―― 映画も存分に楽しんでいただけたのですね。最後に主題歌の聴き所を中心にファンの方々にメッセージをお願いします。

向井さん
僕らとしては映画を観ていただいて、最後に落とし所というか、自分の体の中にストンと入るようなそんな曲になればいいなと思ったので、劇場で観た後にこの曲を聴いて“イイ映画だったな”って思っていただけたら嬉しいです。

JUVENILEさん
映画の主題歌であることは勿論なんですけど、日常でも聴ける曲だと思います。だからこそ、笑って楽しめて、スケールの大きい中国映画の主題歌で終わらないようなメッセージは凄く意識したところです。タイアップの曲で、エンディングに流れて終わるんじゃなくて、単純にただただいい曲で、映画が終わった帰り道も普通に聴いてほしいです!

曲としてはイイ曲だと思ってもらえるのが一番嬉しいので、それを目指したので、そうなることを願っています!!

―― ありがとうございました!!

映画『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』本予告



映画『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』作品情報

原題 唐人街探案2(Detective Chinatown 2)

監督・脚本

チェン・スーチェン

出演キャスト

ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、シャオ・ヤン、ナターシャ・リュー・ボルディッツォ、シャン・ユーシエン、ワン・シュン、妻夫木聡、マイケル・ピット

日本語主題歌

JUVENILE 「GIMME THAT feat. 向井太一」

配給:チームジョイ
@Wanda Media Co., Ltd.

2018年|中国|中国語・英語|日本語字幕|原題:唐人街探案2|DCP|カラー|121分
公式サイト:toujingai-nyc-movie.com

2021年11月12日(金)より
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか順次公開

映画唐人街探偵 NEW YORK MISSION,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  7. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る