Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『きらきら眼鏡』がもっと分かる!~金井浩人さん&池脇千鶴さんインタビュー~

Pocket
LINEで送る

「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された「夏美のホタル」「ふしぎな岬の物語」の人気作家・森沢明夫の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が待望の映画化。9月7日(金)よりTOHOシネマズららぽーと船橋にて先行公開された映画『きらきら眼鏡』の公開を記念して、主演の明海役に抜擢された金井浩人さんとW主演となるあかね役の池脇千鶴さんにお話を伺いました。

-撮影を終えた感想を教えてください
【金井さん】(役を)引きずっているというのは全然ないです。これからお客さんに観てもらって、どんな反応が返ってくるのかな?と心待ちにしています。

-池脇さんからみた金井さんはどんな俳優さんですか?
【池脇さん】飄々としている感じが合っているかもしれません。意気込んでやっているという感じでもありませんし、かといってまるっきり違うといった切り替えをハッキリされている感じでもなく。普段から明海君をまとっているというか、すんなりお芝居をしているんだな、という感じがします。

-普通の俳優さんだと難しい?
【池脇さん】それぞれ俳優さんなりにやり方があるのかもしれませんが、新人の方だと伺っていましたけど、私は一緒にお芝居をする中で新人だとは全く思えなくて、完成している人だなと思ったので、怖いなというか末恐ろしい(笑)

-大女優 池脇さんからの厳しいご指導はありましたか(笑)?
【金井さん】いつも優しくて暖かくて、なんかずっと見守ってくださっているのがわかるんですよね。自分にとってこういう大きな映画は初めてという感じでしたし、新人とも言われていて。その辺をすごく理解してくださって、思ってくださっているのが伝わって来ましたね。
だから、池脇さんと一緒の時は安心して撮影に臨めるというか、自然に演技ができました。
自分の感情を感じたままに素直にできるというか、ああしよう、こうしようと考えずに素直に表現できました。

-喪失感を背負った明海君を演じるのは大変だったのでは?
【金井さん】明海とは全く一緒じゃないですけど、私も2、3年前に身近な人を亡くしたという経験があったので、その喪失感というか、一緒ではないけど感情って理解できますし、共感ができたのでそこを深めていった感じです。

-金井さんが自身の経験を思い出す時に喪失感などは受け入れられているものですか?明海を演じることで新しい感情が芽生えて改めて向き合うことになったのでしょうか?
【金井さん】向き合えていたつもりですが、思い出して、苦しくなったり悲しくなったりするというのは、しこりじゃないですけど、それが自分の中に残っていたんだなと思って。明海も苦しいわけで、明海と一緒に自分自身とも向き合ってた感覚がありました。明海を生きていくうえで、自分に重ねながら。

-一方で、いつも明るいけれど壊れそうなあかねの心を表現するのは難しかったのでは?
【池脇さん】難しいは難しいかもしれないですけど、台本を読んで特に疑問も何もわかなかったので、あかねという人はそもそも根本がやさしくて、裕二さんとも二人でポジティブに生きていた人でネガティブになることがない人。
その中で最愛の人を送るしかなくなった時に、やる手段としてもそれを続けるしかなくて。これを取ってしまったら壊れるというのだけはわかっているから、もうなんだろう、、、私はそれを台本通りにたどっていっただけというのでしょうか。

-あかねと裕二さんは自然で違和感のない二人?
【池脇さん】そうですね。だから、私があかねとして皆さんに何かを見せようとか、皆さんにこういう風に見てもらおうということは一切ないんです。

-明海に対するあかねの微妙な“しつこさ”を感じたのですが?
【池脇さん】あかねが(自分に)入っていた、うん、脚本の妙なんでしょうね。ほんとに何かを仕掛けたことはなかったので。“うっとうしさ”みたいなものが伝わったのであれば(笑)

-明海のあかねへの感情はどうでしたか?
【金井さん】本を読んでも、演技をしていても、まったくうっとしいなんて思わなかったですよね。
なんか、この人にとってはしょうがなかったんだろうな。僕も無意識的にこの人と関われば、もしかしたら何か、今、鬱屈している自分の人生の中で光が差すかもしれないとわかっていて、付き合っていました。

-あかねから本音を告白されたシーンではどう感じましたか?
【金井さん】そのシーンも(あかねに)だまされて、悲しいとかではなくて、この人がいなくなってしまうといった寂しさといったものを感じたので、この人は明海にとって大事な人なのだ、と理解していました。

-あかねにとっての明海とは
【池脇さん】私は、(あかねと)公園で一緒に飲んでいる時に明海君が “昔こんなことがあった”と話されて初めて、同じ体験をする、もしくはしたかもしれない。自分もこうなるかもというそこからの興味で、やっと内側の自分と向き合う、共鳴するというか、体験する、彼に重ねて、という感じです。

-二人をつなぐ裕二の本音とは?
【金井さん】裕二さんは、明海の純粋さが欲しかったのかもしれません。やっぱり、もう死んでしまうというところで、あかねを悲しませたくないという気持ちで、そういう選択肢をとったんだと思います。本当は、その選択肢は自分ではとりたくなくて、どうしても、こう、、、素直に言えなくて、明海を呼び出してそういう言葉をかけて。裕二さんが選択したその考え方って、自分で間違っているって十分気付いているけど、誰かに言ってもらって欲しかったというか、間違っているということは分かっているけど。

-ラストシーン、壊れかけたあかねに明海からかけた言葉の真意とは?
【金井さん】撮影している時はその言葉の裏側というか、こういう意味をもって掛けようと思っていなかったですし、そういう風にはしていないので、その時起こった、感じたままにじゃないとあのシーンって成立しないのかなって思って演じていたので、僕は意味をもたせて言ってはいませんでした。

-最後に船橋の皆さんに一言お願いします!
【金井さん】暑い中、連日ほんとうにいろんなシーンの撮影に来てくださって。日々、船橋の方々の映画に対する想いとか、楽しみにしてくれていること、期待してくださっていることを感じながら撮影していたので、それが力になったのでとても感謝しています。

【池脇さん】本当にみなさん沢山いらしてくださって。私だったら絶対行かない(笑)。夜中ですごい大変なのに、いっぱい呼びかけていただいたり、エキストラでご出演いただいたり。本当にみなさんの協力無しでは成立しないこともきっとあっただろうし、すごくご迷惑もお掛けしたと思います。
やさしい映画だと思うんですけど、死を扱っていて悲しいシーンもあります。最後まで飽きずに観てくださったら、二人の晴れやかな顔を見て、心がふわっと浄化できるかもしれません。ぜひ劇場でそこまで観ていただけたら嬉しいです。

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)よりTOHOシネマズららぽーと船橋にて先行公開中、来週9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開です。


~編集部より~

人として出会いと別れは避けて通れないものですが、そんな中で自分を見失ってしまった時、そんな人が周囲にいる時、また別れを伝えざるを得ない立場に立った時に、私たちは「どうしたらいいのか?」と“正解”を求めがちです。
インタビューでは“正解”を求めてお二人を質問攻めにしてしまいましたが、感じたままをご自分の言葉でごく自然にお伝えくださいました。加えて、金井さんの感情の機微に対する洞察の鋭さと共感力、そして池脇さんの包み込むような優しさと眼差しが共鳴して、犬童監督が伝えたかったエッセンスがキラリと浮き彫りになったように感じました。お二人の益々の活躍に期待しています!!

■金井浩人さんプロフィール
1992年5月12日生まれ。新潟県出身。2012年『この空の花 長岡花火物語』(大林宣彦監督作)にて映画デビュー。その後もショートフィルムなどに出演作が多数続き、演技力に注目が集まる。本作が本格的な映画デビューとなる。

■池脇千鶴さんプロフィール
1981年11月21日生まれ。1997年「三井のリハウス」第8代リハウスガールでデビュー。1999年『大阪物語』(市川準監督)で映画デビュー。2001年にはNHK連続テレビ小説「ほんまもん」で主演。『ジョゼと虎と魚たち』(03/犬童一心監督)、『そこのみにて光輝く(14/呉美保監督)など数多くの映画やドラマに出演し、国内外の数々の映画賞を受賞。公開待機作に稲垣吾郎主演『半世界』(阪本順治監督)などがある。


■予告動画

■キャスト
金井浩人
池脇千鶴 (『万引き家族』『怒り』『そこのみにて光輝く』『ストロベリーショートケイクス』)
古畑星夏 (『青夏 きみに恋した30日』『咲 Saki』『東京喰種 トーキョーグール』)
杉野遥亮 (『覆面系ノイズ』『キセキ あの日のソビト』)
片山萌美 (『万引き家族』『富美子の足』)
志田彩良 (『パンとバスと2度目のハツコイ』『ひかりのたび』)
安藤政信 (『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』『セーラー服と機関銃 卒業』『GONIN サーガ』)
鈴木卓爾
大津尋葵
成嶋瞳子
菅野莉央
大西礼芳
長内映里香
山本浩司
モロ師岡

■スタッフ
原作:森沢明夫きらきら眼鏡」(双葉文庫)

エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江
監督:犬童一利 (『つむぐもの』『早乙女4姉妹』『カミングアウト』)
脚本:守口 悠介
配給:S・D・P
製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会

■公開情報
2018年9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行公開、
2018年9月15日(土)有楽町スバル座ほか 全国順次公開

■公式サイト
https://kirakiramegane.com/movie/

■コピーライト
©森沢明夫/双葉文庫
©2018「きらきら眼鏡」製作委員会




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※読書ログ会員の原作小説の評価・感想※
平均評価4.0点
・森沢さんならではの世界が拡がっていますね。丁寧に一つ一つの言葉を紡ぎながら、ゆっくりとしたスピードで、ものがたりが進んでいく。人は、器用な人と、不器用な人に分かれると思うが、自分も随分と不器用な部類だと思っているので、ちょうどいいスピードなのかもしれない。
・人は人を思い、それでも、悩みながら、行きつ戻りつしながら歩んでいく。そんなことを思う。

原作の星の数と感想を読書ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  2. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  5. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…
  6. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  7. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る