Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Pocket
LINEで送る

明日9月15日(土)よりテアトル新宿にてレイトショーがスタートする映画『飢えたライオン』。本作は、担任教師の性的動画が流出し、その相手が主人公の女子高生瞳だというデマが流れます。誰も信じないだろうと思っていたデマは事実のように広がっていき、追い詰められた瞳は自殺をしてうことに。映像と情報の持つ「加虐性」を描くと同時に、それらを消費する私たちの中にある邪悪な”欲望”をあぶり出す衝撃の作品で、主人公の瞳役を自然に演じ切った松林うららさんにお話を伺いました。

―映画の世界に浸りきっていることに気付かないぐらい、とても自然な演技でした。監督からは特別な指導があったのでしょうか。
肩の力、入っていませんでしたか?(笑) 緒方監督には役作りとして色々アドバイスをいただきました。私は撮影時24歳だったので、どうしたら女子高生に見えるのか?という研究から始まって、お芝居に関しては ‟あまり作りこまないように”と言われていました。
私自身は‟その場に生きる”ということを常に意識していました。

―その場に生きるとは?
その時、その時の感情を素直に受け止めていたことは確かですね。リハーサルも沢山やったけれども、やっぱり制服を着ると、自然に女子高生になれている自分がいて、そこ、でしょうか。

―難しいな、と感じた演技はどのシーンでしたか。
一番最初の、トイレで女子高生同士で集まっているシーンは本当に難しかったんですよ!なかなか女子高生の自撮りのタイミングをつかむことができなくて、リハーサルを何回もやりました。スマホを出すタイミングが遅かったり、演技ではなく動きが女子高生に見えない点があって苦戦しました。

飢えたライオン 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」お芝居的に一番苦しかったのは、自殺する前のシーンですね。感情を積み重ねていくところは、自分ではしっかり脚本分析をして挑んだんですけど、いざ現場に立つと入り込んでしまうので、順撮りではなかった分、感情の浮き沈みの表現はさらに大変でした。
暗いシーンがあって、その次幸せなシーン撮りだったり・・・。。幸せな時から落とされるのはいいんですけど、どん底から上にあげるのはとても難しかったですね。
※順撮り:シナリオの冒頭から順を追って撮影を進める方法。

―監督はもちろん他のキャストの方々とも仲が良さそうです。
初めての主演でしたし、ずっと現場にいるということも初めてでしたので、監督からのフォローだけでなく、キャストのみんなも助けてくださいました。彼氏役の水石亜飛夢さんなんて、シナリオ上でちょっと関係性が悪くなるシーンの前に、「無視して」って私がお願いしたら、現場で役じゃない時も全部無視されてて(笑)。

でも、そういう風にしてみんなが、私が(役に)入りやすい様に環境を作ってくださって。女子高生4人は仲良くなるために、ご飯に行ったり、カラオケに行ったりして一緒に過ごす時間を作りました。そういう面ではとても有難かったです。

―瞳は自ら死を選択しますが、自殺する瞬間はどんな気持ちになるのでしょうか。
私はあの時は無心でした。デマによってということよりも、本当に何も見えなくなってしまったというのが、一番正しい感情かな。

―その瞬間、フラッと気を失っているようにも見えました。
死んだ方が楽だとも思わなかったです。もう目の前しか見えなかったですね、あの時。
緒方監督からも、瞳が自殺するシーンは「死にたいと思って死ぬんじゃない」というようなことを言われました。あえて、何も、何もじゃなくて、突発的になのかな、言葉が難しいんですけど、本当に目の前しか見えなかった、そういうことなんじゃないかなと思います。

―すでに追い詰められていた瞳は、ちょっとしたきっかけで衝動的に自殺したのでは?
私も一番最初に解釈した時は、そういった解釈をしてしまったんですよね。デマとかいじめで死ぬんじゃなくて、彼氏のことで死んでしまう。追い詰められて死ぬんじゃなくて、目の前で起きていることでポロっと死んでしまう。そういう考えだったんですけど、違うのかな、と。違うというよりは、本当に‟本人にしかわからないこと” なんだと思います。

―‟学校という世界”で生きられない時に、生徒はどう考えたらよいのでしょうか?
私はイジメられたこともイジメたこともあるんですけど、どっちの経験もあるからこそ言えるのが、「イジメちゃいけません」とか学校側から押し付けられると人ってやったりする。校則とか縛られた生活の中にいると、みんななんか面白くないから、やりだしちゃうんですよね。

瞳が‟私は違う”って言ってるのに、みんなに‟そうだ”って言われたら、もう何もできない状況で・・・。私は学校とは違った世界、‟私は映画があったから映画に救われた”とか言ってしまうんですけど、学校だけがすべてじゃないという考えが瞳にあったら、もしかしたら瞳も死なないで済んだのかもしれない。

―うららさんにとっての映画とはどういった存在だったのか、もう少し教えて下さい。
娯楽ももちろんありますが、映画って学校で教えてくれないことをたくさん教えてくれるんです。第二の教科書というか、‟自分学校”みたいなそういう感覚でした。でも、映画だけじゃないと思います。漫画でも、スポーツでもいいと思います。

―ところで、ゲームセンターでのバスケはほんと上手でしたね!!
うれしいです!!実はバスケ未経験なので、めっちゃ頑張りました。毎日現場に行く時に、‟おはようございます!”と、バスケットボールを持ちながら(笑)

―観客のみんな、見てますよ(笑)
この撮影で一番頑張ったかもしれません(笑)。私はテニス部だったので、全然バスケをやったことがなくて。それこそバスケ部の子にずっとついて指導してもらって。毎日とは言わないまでも週に2-3回は体育館を借りて練習してたんですよ。シュートがねぇ~、この形がなっかなかできなくて、これはすごい大変でした(笑)。

―3回目ぐらいでシュートが入りましたよね?
それ、、、もう緒方監督がひどくて!「あんまり入ってなかったねぇ~」とか笑われて。最初はリハーサルでも「全然できないからCGで」みたいなことを言われて、結構イジメられてましたね(笑)

―緒方監督は自分に一番身近な人に思いをはせることで、世界は平和になるとおっしゃっていました。映画を撮り終えて、うららさんは身近な人への接し方って変わりましたか?
どうなんでしょう。日常って流れていくと、こういう映画があっても忘れていく自分があるし。
でも、ニュースを見る視点が変わったんですよね、こういう子がいるってこととかもそうだし、んー、、、変わったのかな?見方はいろいろ変わってはきてるかな?一歩引いてみる自分というのをより強く感じるかも知れない。あと、今をちゃんと生きることとか、家族を大切にしたりとかですかね。
この事件では、被害者にも加害者にもどちらにもなり得ますからね。だから、SNSの扱い方もそうですが、普段の接し方で変わってしまうこともあるので、そう思うと変わったかもしれない。友達ともむやみに写真撮っちゃいけないとか、もしかしたらこの言葉で傷つけているじゃないかな、とか。この映画でも言葉の暴力ってすごく感じましたね。

言葉ってどっちにでもなり得るから、いい方にも悪い方にも。でも、やっぱり自殺のことでもそうだけど、その子にしかわからないことがいっぱいあるから、そういう意味では、言葉は考えるかもしれない。どんなに仲が良い子でも。もしかしたら傷付けてるかもしれないとか、そういう目線。

―言葉に傷つけられたシーンと言えば?
お母さんに突き放された時です。。自殺する前ですが、お母さんにすごく冷たくあしらわれたような感じがして。それから、妹に「汚い」と言われた時、「汚い」という言葉が一番きた。「わぁ、、、」というか「う、、、」という感じで一番きました。

―兄弟姉妹だからこそ、そういうことを平気で言ってしまうんですよね?
そうなんですよ、何にも考えないで言った言葉が、妹はずっと思って感じていて放った言葉だとは思うんですけど。姉妹だから遠慮がなく言ってしまう。。言葉の暴力で、すごく傷ついたというか、ドン!って感じでした。

―でも、瞳は泣かないんですよね、あの時の瞳の気持ちは?
私も(演者として)何も言えなかったんです。あれだけ姉妹が仲がよかったら、「何言ってんだよ、お前!」みたいに取っ組み合いになる可能性もあったのに、ならなかった。下(げ)の下に心がいってしまって、「はぁ~」って力が入らない感じなんですよね。

―追い詰められるとはそういうことなのでしょうか?
そうですね、孤独ですかね。たしかに、妹にかけられた一言っていうのは傷ついた。
逆に友達は、机に書かれた落書きを消してくれたりして。身内が一番つらい。学校だと諦めたり、しょうがないという気持ちになるけど、家族もだと本当に独りだったな。で、彼氏もとなると・・・。

―この映画をどういう風におすすめしているのでしょうか?
友達にはチラシを見せた段階で、「そんなに明るい映画ではないよ」と説明しています。主演なので見にきてね!というのと、‟今の時代に見るべきだ”っていうことは強く伝えてます。
フェイクニュースとかSNSとか、そういう話題については私世代の人に一番見てもらいたいですし、いろんな気持ちになるとは思うけど是非見に来て欲しいです。

映画『飢えたライオン』は9.15(土)より、テアトル新宿にてレイトショー!10.13(土)より、シネ・リーブル梅田にて公開!以降全国順次公開予定です。

ヘアメイク:根本慎太郎


―編集部より
瞳を演じ切ることで、インターネットに潜む罠の怖さ、自殺に正面から向き合ったうららさんからは、この時代を生きるヒントをいただいた気がします。
また、すさまじい感情の波をプロとして切り替え、見事に演じきっている姿に女優としての将来性を感じるのは私たちだけではないと思います。お話をお聞きしていていると、悩み事があった時に頼られる存在感にあふれているな、とも感じました。
何事にも一生懸命に取り組むうららさんをこれからも応援しています!!

―松林うららさんプロフィール
1993 年東京都生まれ。
18 歳でスカウトされモデルとして活動を始める。映画『1+1=11』( 12 年・矢崎仁司監督)ではオーディションで主演に抜擢され初のスクリーンデビューを果たす。
特技は日本舞踊、俳句、独唱など。大学にて歴史学・美術学を専攻し、アメリカ、韓国、ベトナムに留学経験がある。
映画を主に、ドラマ、広告、舞台と幅広く活躍し、儚さと強さを秘めた独特なオーラで多くの監督から定評があり、今後、期待の若手女優として注目を集めている。

この日の撮影後に集合してくれたキャストの皆さん。(左から)品田誠さん、松林さん、日高七海さん、加藤才紀子さん。チームワークが抜群のみんなで瞳ポーズ!

【予告動画】

【スタッフ】
監督・脚本・プロデューサー 緒方貴臣
撮影監督 根岸憲一
共同プロデューサー 小野川浩幸

【キャスト】
松林うらら
水石亜飛夢
筒井真理子
菅井知美
日高七海
加藤才紀子
品田誠
上原実矩
菅原大吉
小木戸利光
竹中直人

■関連ニュース
第30回東京国際映画祭『飢えたライオン』
9/15公開『飢えたライオン』緒方貴臣監督インタビュー

■ 配給
キャットパワー

■ コピーライト
©2017 The Hungry Lion.All Rights Reserved

■公開情報
9.15(土)より、テアトル新宿にてレイトショー!
10.13(土)より、シネ・リーブル梅田にて公開
以降全国順次公開予定

■ 公式ホームページ
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/

■関連商品


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  2. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  3. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  4. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …
  5. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  6. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  7. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る