伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

10月5日(金)より全国ロードショーとなる映画『あの頃、君を追いかけた』。この映画は2011年に台湾で公開されるや空前の大ヒットとなり、200万人もの観客を動員し社会現象を巻き起こした伝説の青春映画です。今回は日本版リメイク映画の主人公水島浩介役を演じた山田裕貴さんに、本作や共演したキャストへの思いから、今後の抱負など熱く語って頂きました!

―お誕生日おめでとうございます!(※取材日9/18は山田さん28歳の誕生日)

ありがとうございます!!
お誕生日というものは「おめでとう」を多く日々より言ってもらえる分、「ありがとう!」を多く言えるということで、素敵な日だと思います。
(取材、スタッフ一同拍手)

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

―今回は、主演を演じるということで、「覚悟」を持って臨んだそうですが、主演が決まり、撮影に向かう中でどのタイミングでスイッチが入ったのでしょうか?

役を演じる時、役を生きているときは自分のことは関係なく、その覚悟って言ったのは、僕が俳優をやってきて、本作が間違いなく「分岐点」になる作品になると思ったから発した言葉だと思います。2011年に台湾で上映されて、全国民の1/10の人が観たという大ヒット映画のリメイク版で、面白い設計図が頂けるし、それが面白くないはずがないんです。

だから面白く出来なければ僕のせい。去年は映画の出演が12作あって、これまでずっと自分を応援してくれているファンの方や出演した映画を全部観てくれた方にはすごく感謝しています。一方で、「これは観たけど、この映画にも出ていたんだね(知らなかったと)」というような言葉も多くて頂いて、観てもらえていない悔しさも感じました。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

それはお客さんを惹きつけられてない自分の無力さを痛感していた中、今年は「ホリデイラブ」、「特捜9」、「健康で文化的な最低限度の生活」とドラマに連続で出演させてもらいました。より多くの人に顔と名前を知ってもらった上で、この映画を観てもらえる、観てもらおうと、そういう構想をこの映画に出演が決まった時から抱いていました。

―キャリアの中でも特別な作品になると。

18歳の時にエキストラから始めて、お芝居の学校で学んでいた頃も含めると、お芝居を始めてからちょうど10年目になります。これから先も自分の道は続いていくのですが、この映画は自分の新たな第二ステージだという思いがとても強いです。それに、28歳の誕生日を迎えて最初に公開される映画がこの主演映画なので、やはりここに掛ける思いは強いものがあります。

ここで何かを掴まないとまた一つ抜け切れないものがあると思う。そうなるとまた自分を見つめ返さなきゃいけなくなってしまうので、今までとは覚悟が全然違ったんだと思います。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

―山田さんの想いがすごく伝わってきました。浩介を演じるうえで、特別な役作りはされたのでしょうか?

お話の中に坊主になるシーンがあって「坊主になりましたが、どうですか?」とよく聞かれるんですが、僕の中では全く何ともなくて。そもそも僕は今までに自分が好きな髪型にしたことがなくて、全部 “役” のために髪を切っているので。拳法も主人公の浩介がやっているから練習をするのであって、当たり前のことを普通にやっているだけです。

山田裕貴が役作りのために坊主に・・ファーストバリカンは齋藤飛鳥?

ただ、高校生の体に見えるように、なるべく体重を落としたり、ほっそりさせたりはしました。変に体を鍛えても「裸のシーンがあるから鍛えたんでしょ」とか見られるのが嫌だったので。体は鍛えずに体重だけを落としてリアルな高校生の体に見えるようにしました。一番の役作りは四六時中水島浩介のことを考えているということかな。浩介ならどう思っているのかなとか、直接話せれば浩介の気持ちもわかるのになぁとか。この作品のことを考え続けることが、役作りだと思っています。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

みんなが良くなるように、この作品が良くなるように、とにかく考えぬいて、一つ一つの演技や目線にまで気を配って色々と考えていました。そういうことをやることが役作りっていうか作品作りというのですかね。

だから、他の作品ではやらないのですけど、脚本も僕から「こうして欲しいです、ああして欲しいです」とか、何回かやり取りをしたことがありました。例えば浩介が言った「すごい人間になりたい」というワードが脚本には入っていなかったり、みんなの面白い演技の部分が少しカットされていたので、このシーンを足せないですか、とかそういうことを何度か提案させてもらいました。

―山田さんの意見が反映されている場面も多い?

本作は僕の意見をめちゃくちゃ採用してくれました。男子チームには本読みの段階で、「これは寿音(中田圭祐)の役がやった方が良いから」とか「一樹(遊佐亮介)の役がやったほうが良いから」とか話しました。別に「ありがとうございます!」と言われたいわけじゃなくて、みんなが良く見えれば見える程、僕たちも良く見えるから。あとはみんなが報われる映画になれば良いなという思い、ただそれだけです。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

―ヒロインの齋藤飛鳥さんが演じる真愛役にも意見はされた?

真愛(まな)役の部分は全くいじってないです。それは侵してはいけない領域というか、浩介は真愛の気持ちをわかってあげられなかった人間だから、僕がそこをいじっちゃ駄目だと思う。多分飛鳥ちゃんにも思うところがあるだろうし、そこは何も変えてないです。

齋藤飛鳥のウェデイング姿が解禁!!「恋してくれてありがとう」涙を流す齋藤飛鳥の姿も!!『あの頃、君を追いかけた』

―随所にギャグが披露されていますが全部台本通り、山田さんのアドリブもあった?

「弁当ベン(ベートーベン)」のギャグはプロデューサーさんですね。それ以外はほぼアドリブだったと思います。撮影中に今日は真愛を笑わせてねっていう指示があって、そのシーンは映画の中で本当に重要なんです。素になっても良いから、飛鳥ちゃんに戻っても良いから、素で笑っている顔が僕も欲しくて。その真愛の笑顔が、物語のラストシーンに繋がっていくんだと思ってました。そのためには今(高校生)の浩介が真愛の笑顔に魂を奪われなくちゃいけないから、僕がその笑顔を引き出さなきゃいけないと思って必死でした。

山田裕貴が、必死になって、齋藤飛鳥を笑わせるシーン

―高校生役キャストの中では最年長という立場ですが、座長としてどのようなお気持ちで臨みましたか?

今までに色んな座長の姿を見てきました。主演の姿を見てきて、自分が彼らから吸収した部分を活かした理想の座長になろうと思いました。だから引っ張るというよりも、この映画が終わった後にみんなが凄く楽しかったって言えて、俳優としてまた頑張りたいと思える作品になって欲しくて。且つ、この映画をたくさんの人に観てもらって、みんなが報われる映画になって欲しいと考えて動いていました。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

やっぱ顔と名前を覚えてもらえない時期は本当に悔しかった。本作にもそういう男の子たちがいて、芸人から初の俳優の仕事が本作となった子もいます。僕の中では気持ちがわかる子たちが多かったです。それこそ、映画のフィールドに来るっていうことで、飛鳥ちゃんも不安だっただろうし・・。

そういう子たちのことを考えると本当にこの現場が楽しくあって欲しいし、演技をもっとやりたいって思ってほしいし。なおかつ、本当に「頼むからみんな観てくれ!」と強く思っています。今はとにかく、「観て下さい」「観て下さい」ってたくさん言って。僕に何の興味もない人にも「観て下さい」って言わなきゃいけない時期だけど、どうにかして「世界が変われ」って思っています。

―映画の中でも浩介のセリフとしてありますよね、まさに今そんな心境?

そうですね、浩介が映画の中で言っているんです。「凄い人間になりたい」「自分がいると少しだけ世界が変わるような人間になりたい」と。実は僕もずっと前から同じように思っていたので浩介役に凄く入りやすかったです。浩介のことを好きになったし、浩介の役も愛せるし、本当に世界を変えたいなと思っています!

―飛鳥さんの演技についての印象は?

二人で灯篭を上げて「いや、言うな!」って浩介が言うシーンがあるのですが、そのあとの真愛の表情が物凄く素敵で、ちょっとした動きで顔色が少しだけ変わるんです。「えっ何で?」っていう気持ちと、悲しさと色んなものが伝わってくるその表情が物凄く良かったです。あとは、浩介と真愛の関係に変化が起きた後のシーンで、何も語らない目とかは凄いなと思いました。

『あの頃、君を追いかけた』浩介(山田裕貴)と真愛(齋藤飛鳥)が台湾の観光地をデートするメイキング映像

演技には引き算が大事だと思っていて、役をやり過ぎないというか、気持ちを伝えすぎるとお客さんにはうるさく思われてしまうことがある。飛鳥ちゃんは映画初出演な分、無駄を削ぎ落としてピュアにやっているから気持ちがすごく伝わってくる。そこは天然だし、これからも演技を続けるなら、そのままのスタイルでやっていって欲しいなと思うし、他の役も見たくなりました。

―真愛がポニーテールにした場面の感想と山田さんが好きな女子の髪型は?

あの場面の浩介はめちゃくちゃ感動したと思う。でも僕自身は、特別ポニーテールが好きという訳じゃないですけど(笑)この映画はおじさんが作った青春ほろ苦映画なんですよ。だからみんなポニーテールが大好きみたいで(笑)でも僕は、その人に似合っていれば素敵だと思うし、口を出すタイプでもないです。

「どんな髪型だろうが僕は見栄えで人を判断しないので、内面を重視して見るよ」って記事には書いておいて下さい(笑)

―真愛を徐々に好きになっていく浩介の気持ちが確信的になったのはどこ辺りだったのでしょうか?

高校生とかって良くしゃべる子とかを結構好きになっていくじゃないですか。会話の量が増えたり、思った以上にしゃべってくれるな~とか。映画の中では飛び飛びになっていますけど、毎日テスト勉強を一緒にしたりして、二人は一緒に過ごす時間が少しずつ長くなったり。その間徐々に好きになっていき、気になる存在だなって思ったと思う。そこから惹かれていって、真愛がポニーテールにした時が王手だと思います。

学校でお金の盗難事件があって、僕らが先生から疑われるシーンがあるじゃないですか。僕らはカバンを投げつけて、それを真愛も一緒にやるんです!あそこで真愛が周りに流されず、はっきりとした意思で生きられる子なんだなと思えた。あの瞬間に浩介の心がぐらんと来たと思います。僕だったらそうだなと思うし、浩介もそうなんじゃないかなと思います。「今日のお前はいけてた!」と浩介も言うんですけど、浩介がいけてたって認めるってことは評価は爆上がりだと思います。浩介は多分女子にいけてるとは言わないタイプだと思うから。確信的に好きになったのはそこらへんかなと思います。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

―最後に役者として飛躍して行く上で挑戦したいことや目標を教えて下さい。

目標とかは作らないようにしていて。ある漫画で「憧れるっていうのは理解から最も遠い感情だ」って言う台詞があって。憧れちゃったらもうその人を崇めてしまう。その時点で理解することは不可能になって、目標からはもっとも遠くなってしまうと。あの人には敵わないと思った瞬間に、その人には敵わなくなり、逆に僕は全員に敵うと思っているし限界は作らない。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

ある俳優さんに言われたことがあって、同じステージ、同じ画(え)の中に入ったら新人だろうが、大ベテランだろうが、大御所だろうが関係ない。目を引いた方が勝ちだからねって。本当にそうだな、ごもっともだなって思って。僕らもそういう思いを持って闘わなきゃいけないし、でも世間から多く知られている人の方が当然この人を知ってるっていう風になるし、味方も多いと思う。でもどれだけ味方がいなくても自分がみんなの目を引けばその一瞬の勝負には勝ったと思う。

伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー

だけど、勝負と言っても作品の中では活きるも活きないも、それはお話の中なので関係ないし、良い作品を作るために切磋琢磨することが凄く重要だと思う。ブレイクとか人気者ってたぶん自分では作れないので、誰かがこの人ってすごいんだよって、もてはやしてくれてしかならない。だから、死ぬまでに大半の人が僕のことを知っていて、最後にはニュースになる俳優っていうのが僕の野望です!


~映画ログプラス編集部より~
常に熱い想いと強い信念をあわせもつ山田裕貴さんの姿勢にとても感銘を受けました。本作品にかける並々ならぬ感情を正面からストレートにぶつけてくれた山田さん。人を引き付ける溢れんばかりのエネルギーを直に感じることができました。映画「あの頃、君を追いかけた」の大ヒットはもちろんのこと、山田さんの益々の飛躍を編集部一同楽しみにしています。熱いメッセージの数々、ありがとうございました!

オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として鮮やかに生まれ変わった珠玉のラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』は、10月5日(金)より全国にて公開です。


■ 映画『あの頃、君を追いかけた』予告動画

■ 関連ニュース
映画『あの頃、君を追いかけた』予告
・ 猫耳を付けた“齋藤飛鳥”の可愛すぎる場面写真解禁
・ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』乃木坂46 齋藤飛鳥が台湾で初の始球式に挑戦!!全投球フォーム公開
ファーストバリカンは乃木坂46 齋藤飛鳥『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴が役作りのために坊主になった瞬間映像解禁
浩介(山田裕貴)が真愛(乃木坂46 齋藤飛鳥)に告白するシーン?『あの頃、君を追いかけた』ハッピーエンドの行方ネタバレ?


【出演】
山田裕貴  (『虹色デイズ』『万引き家族』『となりの怪物くん』)
齋藤飛鳥 
松本穂香 
佐久本宝 
國島直希 
中田圭祐 
遊佐亮介

【監督】長谷川康夫

【脚本】飯田健三郎 / 谷間月栞
【原作】九把刀「那些年、我們一起追的女孩」「あの頃、君を追いかけた(講談社文庫)
【製作】『あの頃、君を追 いかけた』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ

■ コピーライト
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

■ 公式HP
http://anokoro-kimio.jp

■ 関連商品




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『あの頃、君を追いかけた』予告編より

■ 映画『あの頃、君を追いかけた』ポスター
映画『あの頃、君を追いかけた』予告編より


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  2. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…
  5. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  6. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…
  7. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る