Pocket
LINEで送る

ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞した『運命は踊る』が、9月29日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。監督は、デビュー作『レバノン』で第66回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた、イスラエルの鬼才サミュエル・マオズ。長編2本目となる本作で、再びヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞。デビュー作に続き、2作連続で主要賞を受賞する快挙を成し遂げ、その後も、各国の映画祭で数々の賞を受賞しました。
物語は、ミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が、息子ヨナタンの戦死を知らせるためにやって来るシーンから始まります。ショックのあまり気を失うダフナ。平静を装うミハエルも、役人の対応にいらだちをおぼえます。そんな中、戦死の報が誤りだったと分かると安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すよう要求します。場所はかわり、ラクダが通る検問所。息子ヨナタンは戦場でありながらどこか間延びした時間を過ごしています。そこへある日、若者たちが乗った車がやって来る。いつもの簡単な取り調べのはずが思わぬ展開を引き起こすことになり。父、母、息子――遠く離れたふたつの場所で、3人の運命は交錯し、そしてすれ違う。まるで原題フォックストロットのステップのように。

監督自らの実体験をベースに、運命の不条理さを巧みな構成で描き出した本作。まるでギリシャ悲劇を思わせる緻密で独創的なストーリーが、スタイリッシュな映像、圧倒的で流れるようなカメラワークと相まって、ミステリアスに展開します。今回は8月に来日されたサミュエル・マオズ監督に映画制作のポイントや何気ないシーンに隠された監督の意図など、本作をより深く読み解くためのお話をたっぷりと伺いました!

Q.家族の不慮の死に向かい合うことが、最も耐え難い苦痛だと思いますが、映画は、主人公に息子の戦死の報せが告げられるシーンから始まりますね。加えて、空き缶が落ちたり、名前を間違えたり、ほんの些細なことが死に繋がる印象を受けました。無益な争いをすることに意味があるのかという監督からのメッセージに感じました。
その通りです。細部に拘って描くタイプです。
ディテールの積み重ねが大事で、どのシーンにも意味があります。
息子の訃報を聞いたあと、主人公の兄がノートパソコンで葬儀の式次第を見ているようなシーンがありますが、その隣にはボールに入ったオレンジが置かれています。これはイスラエルをひと言で表現したフレームなんです。イスラエルは4つの単語で表現でき、“Dead soldiers and Oranges”つまり、イスラエルは死んだ兵士とオレンジの国であると言われています。見事にシンボライズさせているシーンです。

そういうものを積み重ねて映画を作っているのです。そもそも自分がアイディアを思い浮かべる時はたいていビジュアルです。言葉ではなく映像なんです。例えば、息子の死を知らされ、母親が倒れるシーンで後ろ側に絵画が映し出されています。これは父親ミハエルの心を表している絵なのです。幾何学模様の抽象画ですが、妙に整理整頓されたカオスが、ブラックホールの中に誘うという絵です。
そのように表現するのは、私の映画が事実をありのままナチュラルに描くのではなく、観客にとって体験であって欲しいと思うからです。そのためにビジュアルで語ることが、私の映画作りの大切な柱となっています。

Q.空に鳥が舞うシーンも不吉な感情を抱きましたが、これも観客に体験して欲しいと?
はい、その通りですね。そんなに複雑なメッセージを伝えているわけではないですが、きちんと効果的に伝わっていますね(笑)

―思わず探ってしまいます(笑)
要するにパズルなんです。
“運命とは?”という非常に抽象的なコンセプトを探ろうとしている映画だから(ビジュアルにこだわっている)。
この作品は、父と息子の物語でお互いに物理的には遠く離れているのに、お互いの運命を左右してしまうということを描いています。

Q.『運命は踊る』という邦題ですが、人間が楽しんで踊るわけではなく、無益な争いに踊らされているというメッセージにも感じます。監督にとって“戦争”とは、“争い”とは何なのでしょうか。

結論から言うと、残酷なトリックだと思います。
自分自身の体験ですが、私はレバノン戦争で従軍していました。それは前作『レバノン』に描かれているわけですが、私も砲撃士としてまさにあのようなビジュアルを体験しました。照準を合わせながら、スコープを通して戦地を見ていたビジュアル、同時に二十歳そこそこの私の精神状態も描きました。それまで全く暴力とは無縁に生きてきたのに、ある日突然戦地へ行き人を殺めているわけです。殺すか殺されるかの状況で、「お前は死にたいのか」と追い込まれた中で、殺しを行う。それでも人間なので戦地から帰ってこれても変な責任感や罪悪感に苛まれました。一種のトラウマというか、トラウマというほどの病理ではないものの、静かな罪悪感を抱えたまま生活していく状態が続いていました。
確実に言えるのは、戦争というのは人を殺す場であるということ。これはまがいもない事実です。そしてなぜ人を殺すのかと言えば、理念があるからとか指令が下ったからとかぬるいものではなく、戦地では体と直感と衝動が人間をそうさせるのです。
戦地に送り込まれて24時間あるいは48時間が経てば、生き残りたいという衝動が働きます。それが自分の体と判断を司るようになるので、殺し合いをするようになるんです。だからこそためらったり、モラルが介在するような余地はなくて、究極の集中力を持って戦っているので、体中の全細胞が生き返ってくるような感覚になるのです。戦地に48時間もいればそうなってしまいます。戦争とは一種のドラッグなんです。中には戦地から帰ってきて、もう一度戦地に行きたいという人間もいて、これは完全にアディクト(中毒状態)されているのです。体が直感により、究極的にコントロールされている状態なんだと思います。

私自身レバノンで経験しましたが、街中の住宅はシャッターを閉じていますが、シャッターの裏には武器を持ったテロリストが控えていて、2軒に1軒はテロリストだと刷り込まれるわけです。すると2軒に1軒は普通の家族でも、いちいち調べることはできませんから、撃つしかない。そういう変身が起きるんです。平時においては軍人が民間人を助けることはありますが、有事の時にはモラルが介在する余地なんてゼロなんです。これが僕の戦争観です。
もう一つ加えるとすると、善悪などなく、みんな戦争の犠牲者なんです。
恐怖とかではなく、衝動がアクティベート(活性化)されてしまうのが戦地で、問題はそこから還ってきたときで、色々な問題が浮上するんです。自分がしてきたことを振り返って、なんてことをしてしまったんだという想いに苛まれるのです。

Q.映画の中では家族愛という誰もが感じる感情が描かれていますが、一方で戦地では別世界ですね。ミハエルの言葉にもありましたが、日常の幸せを感じて生きるということが大切だと改めて感じます。
『運命は踊る』が戦争映画と括られることは無理のないことだと思いますが、そうではない。戦争映画というのは勝利を描いたり敗北を描いたりしています。
同じ土台に乗せるのはおこがましいことなのですが、『地獄の黙示録』(コッポラ監督による戦争映画・1979年)ですとか、ベトナム戦争帰還兵を描いた『ディア・ハンター』(1978年)もそうだと思うのですが、『運命は踊る』にしても、『レバノン』にしても極限状態の中から出てくる人の魂とか心の在り様とか基本的な価値観とか、人間を描いているんだと思います。その視点でみると、いわゆる戦争映画とは違うのかもしれません。
本作は、ミハエルという一個人に焦点を当てたストーリーでありながら、イスラエル社会全体を集合的な社会として描いています。家族が離散し、再び結ばれるヒューマンドラマであり、愛と罪悪感とか、とてつもない苦しみとどう人間が対峙するか、そして愛がどのようにそれを救うのかということを描いているのです。

『運命は踊る』は、9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーです!


<編集部より>
前作『レバノン』に続き、観客に単なる映画鑑賞に留まらない特異な体験を与えてくれる『運命は踊る』(原題:Foxtrot)。映画を“体験”へと導く独特の世界観は、サミュエル・マオズ監督が“ビジュアル”にこだわり、随所に意味のある映像を散りばめることで実現していることを知りました。
本作を振り返りながら、日本とイスラエルも場所こそ離れていても、きっとどこかで影響し合っているのでは?と思わず探ってしまいます。
目に見えない繋がりを、“ビジュアル”で表現することができる唯一無二の存在、イスラエルの巨匠サミュエル・マオズ監督の作品がこれからも沢山日本に届くことを楽しみに待っています!

サミュエル・マオズ監督プロフィール
1962年5月23日イスラエル、テルアビブ生まれ。
2009年、レバノンでの戦争体験を基にした長編映画デビュー作『レバノン』を発表。第66回ヴェネチア国際映画祭でグランプリ(金獅子賞)受賞、第23回ヨーロッパ映画賞 ディスカバリー賞 (初監督作品賞)など数々の賞を受賞する。監督・脚本を手掛けた8年ぶり2作目の長編『運命は踊る』(17)では、第74回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞、第23回アテネ国際映画祭監督賞受賞のほか、第31回オフィール賞(イスラエル・アカデミー賞)作品賞、監督賞、主演 男優賞を含む最多8部門受賞、第90回アカデミー賞®外国語映画賞イスラエル代表に選ばれるなど国内外で高い評価を得ている。

■予告動画

■キャスト
リオル・アシュケナージ 
サラ・アドラー 
ヨナタン・シライ
ゲフェン・バルカイ
デケル・アディン

■スタッフ
監督:サミュエル・マオズ

■公開情報
2018年9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

■公式サイト
http://www.bitters.co.jp/foxtrot/

■コピーライト
©Pola Pandora -Spiro Films -A.S.A.P. Films -Knm -Arte France Cinema

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー http://tokus…
  4. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  7. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る