台湾新人女優陸夏が見せた反抗心とは?映画『ホテルアイリス』

【2.4(金)10時解禁】『ホテルアイリス』小川洋子(原作)×永瀬正敏(主演)オフィシャルインタビュー&追加場面写真解禁!,画像

奥原浩志監督インタビュー

芥川賞作家・小川洋子氏の小説を映画化した『ホテルアイリス』。

今回は奥原浩志監督に、永瀬正敏さんや陸夏(ルシア)さんら俳優陣との撮影を振り返っていただきました。特に、劇中で「私たちに構わないで。私は彼を愛してる」ときっぱりと言い放つシーンなど、永瀬さん演じる翻訳家との禁断の愛を見事に演じきったマリ役の陸夏さんは、なんと本作がデビュー作。

彼女について、奥原監督は「最初に会った時からテレビやネットのドラマじゃない本当に映画の女優さんっぽい雰囲気がありました。やっぱりその直感は正しくて、現場に入って大変になればなるほど段々扱いにくくなっていく(笑)。“反抗心”が出てきて本当の女優さんだなと思いました」とその魅力を語ってくれました。

「寓話的な小川洋子さんの小説が好き」

―― 原作者の小川洋子さんについて、ストーリーは当然のこととして、一人の人間としての小川さんの個性やその表現力にも監督はだいぶ惹かれているように感じました。

奥原浩志監督(以下、奥原監督)
そうですね、小川さんの小説は2パターンあるんです。

一つは童話っぽい寓話的な小説、もう一つは「博士の愛した数式」(2003年)のような人と人との関係をきっちり描くような作品。僕はどちらか選ぶなら前者のちょっと寓話的な要素を含んだ小川さんの小説が好きです。“自分の撮りたい映画との相性もきっといいだろう”と思ったのでこの原作を選ばせていただきました。

脚本を書いている時も現場でも悩むことがいっぱいありました。その時は、とにかく原作に救いの言葉が書いてあるんじゃないか?ということで、原作から言葉を探しました。映画を作ることを通じて、より小川さんの小説の世界を深く触れることが出来たと思います。

【2.4(金)10時解禁】『ホテルアイリス』小川洋子(原作)×永瀬正敏(主演)オフィシャルインタビュー&追加場面写真解禁!,画像

―― この独特な世界観を作りあげていく中で、自分の思うように楽に表現出来たところはありましたか?一方、表現するのに大変だった点も教えてください。

奥原監督
楽に撮れたシーンは、、、ないですね(笑)。

一番大変だったのは、永瀬さん演じる主人公の翻訳家の部屋でマリと一緒に過ごす時間です。あの辺の演出なり描き方は、かなり難しかったです。わりと際どいシーンも多いし、陸夏が初めての映画。しかも、ほとんど彼女が出ているシーンばかりなので体力的にも精神的にも相当しんどい撮影です。その辺のケアも当然しながらやらないといけないし、部屋の中の一連のシーンは大変でした。

―― 監督と陸夏さんはどんなことを話し合ってあのシーンを撮影されたのですか?

奥原監督
彼女はモデルだったのでCMなどには出演していましたけど、初めての作品なので映像になった彼女の演技を一回も見たことがないわけです。日本語に関しても、彼女自身は日本語でコミュニケーションをとるぐらいは出来るんですけど、映画の台詞となると全然違います。

当時、僕はずっと台北にいたので、2ヶ月ぐらいですかね。週に3、4日ぐらい会って、ずっと一緒に台詞を読んで、結構やりましたね(笑)。その時間が必要だったと思うし、それが良かったと思います。

ホテルアイリス奥原監督,画像

撮影準備を振り返る奥原浩志監督

陸夏(ルシア)さんの魅力

―― なるほど。逆に、陸夏さんから「監督、これはどうしたらいいでしょうか?」みたいな相談を受けたシーンはありましたか?

奥原監督
そういうタイプじゃないんです。オーディションで選んだんですけど、最初に会った時からテレビやネットのドラマじゃない本当に映画の女優さんっぽい雰囲気がありました。

やっぱりその直感は正しくて、現場に入って大変になればなるほど段々扱いにくくなっていく(笑)。“反抗心”が出てきて本当の女優さんだなと思いました。

―― “反抗心”というのは?

奥原監督
自分の弱いところを見せないとか。辛いのは辛いし、当たり散らしたりはするんですけど、そういう姿も非常に頼もしく見ていました(笑)。

ホテルアイリス奥原監督,画像

―― (笑)反発されても、ある程度は様子を見ていかないとですものね?

奥原監督
新人とはいえ現場に来たからには俳優として来るわけですから、そうするとやっぱり監督と俳優との勝負みたいなところもありますからね。

―― 深くは聞きませんが、監督も勝負されていたんですね?(笑)

奥原監督
あまり強くないんだけど(笑)

―― ありがとうございました!
永瀬正敏さんとの撮影エピソードや本作の見所に迫るインタビューの続きは、こちらの動画をご覧ください!!

ホテルアイリス奥原監督,画像

奥原監督動画インタビュー


映画『ホテルアイリス』作品情報

キャスト

永瀬正敏 陸夏 (ルシア)
菜 葉 菜 寛 一 郎 マー・ジーシャン(馬志翔) パオ・ジョンファン (鮑正芳)
大島葉子 リー・カンション (李康生)

監督・脚本

奥原浩志

原作

小川洋子(「ホテル・アイリス」© 幻冬舎)

2021年日本・台湾合作 | 100分 |日本語・中国語 | ビスタサイズ | 5.1ch |

配給:リアリーライクフィルムズ + 長谷工作室
公式HP:hoteliris.reallylikefilms.com/
© 長谷工作室

2022年 2月18日(金)より
新宿ピカデリー / ヒューマントラストシネマ渋谷 / シネ・リーブル池袋 他にて
禁断のロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  2. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  3. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  4. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  5. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  6. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  7. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る