「実に強烈でした」映画『アルピニスト』ピーター・モーティマー監督が若き天才アルピニストのスピードに驚いた

映画『アルピニスト』著名人からのコメントリリース&本編抜き映像解禁

『アルピニスト』ピーター・モーティマー監督インタビュー

命綱無しという前人未到の挑戦を追った2022年の夏必見のドキュメンタリー映画『アルピニストが、7月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開です。

命綱無し、たった独りで前人未到の挑戦に挑み、数々の記録を打ち立てた本作の主人公は、映画『フリーソロ』で観客の度肝を抜いたアレックス・オノルドをはじめ、世界的アルピニストのレジェンドたちからも一目置かれている命知らずの若きアルピニスト、マーク・アンドレ・ルクレール

そんな彼の驚異的な挑戦の数々と素顔を映像に収めたのは、アウトドア・ドキュメンタリーの第一人者、ピーター・モーティマー監督です。

オンラインで実施したインタビューでは、マーク・アンドレとの出会いの衝撃をサッカーブラジル代表のネイマール選手を引き合いに紹介していただきました。さらに、独特の価値観で自然に挑むマーク・アンドレの凄さとその原点にも迫りました!

サッカーブラジル代表、ネイマール級の衝撃!

―― 20年以上クライミングを撮影してきた監督がマーク・アンドレの存在を知った時は、相当興奮し、まさに「何者だ?」と多くの謎と好奇心を感じたのではないでしょうか。

ピーター・モーティマー監督(以下、ピーター監督)
はい。これほどの偉業を成し遂げた凄い人でありながら、全く世に知られていない上に自分のことを外部に共有することに興味もない彼独自の世界観は、ドキュメンタリー映画製作者として本当に刺激的でした。

例えば、ブラジルの浜辺でサッカー選手のネイマールがサッカーをしている姿を目にして「君、世界一(の才能の持ち主)じゃないか!」と絶賛した時に「いやいや、大したことないよ。自分が好きで、楽しいことだからやってるだけ」と返ってくるような感じで。

マーク・アンドレの存在を知った瞬間に、彼の姿を撮影することができたら、必ず特別なものになると確信しました。

【映像】『アルピニスト』本編映像

マーク・アンドレのようなスタイルを見たのは初めて

―― 撮影の前半、カナダのスタンレー・ヘッドウォールに挑むマーク・アンドレの姿を撮った時、彼のスタイルを目の当たりにしてどんなことを感じましたか?

ピーター監督
私は25年間クライミングを撮影してきた経験があり、自分自身もずっと登山してきましたが、マーク・アンドレのようなスタイルを見たのは初めてでした。

彼を撮影していて最もパワフルな点は、彼の動きがゆっくりであることです。通常どのスポーツでも、自分が危険な状況に置かれると「ワーッ!」と焦ったり、必死にもがいたりしますよね。

例えばビッグ・ウェーブに乗るサーフィンやウィングスーツ・フライング(=スカイフライング)などでもそう。マーク・アンドレの場合は長時間標高の高い山にいるにも関わらず、より恐ろしくて難しい状態に置かれれば置かれるほど、ゆっくりとしたペースでより整然な動きを見せていました。

クライミングには非常に多くの技があり、ひとつひとつを完璧にこなさなければならなかったのです。実に強烈でしたね。早く山頂に登りたいはずなのに、彼の動きはその真逆でむしろゆっくりとしたスピードでしたから。

映画『アルピニスト』アルピニストたちを突き動かす衝動とは!?

―― 様々なクライマーを撮ってきたと思いますが、マーク・アンドレは何が違うのでしょうか?

ピーター監督
これまでに他のソロ・クライマーも撮影してきましたが、非常に数少ないソロ・クライマーの中でも、マーク・アンドレは傑出してアルピニズム界で高度なレベルを備えていました。

彼は他の人達とは全く異なる独自のビジョンを持っていましたが、それは、彼がこれまでに読んできた本や育った環境、影響を受けた人たちから形成されたものだと思います。

―― 劇中では“アート”という表現でも語られていましたが、監督にとってアルピニストとは?

ピーター監督
私はアルピニズムに関する文学や歴史が大好きですが、現在は小さな子供が2人いますし、個人的には非常に臆病なクライマーです。
アルパイン・クライミングは、恐らく最も危険な山登りだと思います。アルピニズムを上達させるには時間が必要ですし、登れば登るほど、事故が起こる可能性は高くなる。

だからこそ、アルピニスト達は凄いと思う一方、私自身は全く勇敢なアルピニストではないですね。

―― ありがとうございました。


ピーター・モーティマー監督プロフィール

映画アルピニスト,ピーター・モーティマー監督,画像

1974年にアメリカのフェラデルフィアで生まれる。コロラド・カレッジで地質学を専攻した後、南カリフォルニア大学で映画を学ぶ。1994年に映画制作会社、センダーズ・フィルムスを設立。登山を中心にアウトドアを題材にした数々のドキュメンタリーを手掛けた。
主な代表作は『キング・ラインズ』(劇場未公開/2007年)、『スイス・マシーン』(劇場未公開/2010年)、『The Dawn Wall/ドーンウォール』(2017年)など。

映画『アルピニスト』作品情報

出演:マーク・アンドレ・ルクレール、ブレット・ハリントン、アレックス・オノルド(『フリーソロ』)ほか
監督:ピーター・モーティマー、ニック・ローゼン
配給:パルコ ユニバーサル映画
93分
© 2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.
公式HP:https://alpinist-movie.com/
Facebook:https://www.facebook.com/eigaalpinist
Twitter:https://twitter.com/alpinist_movie

映画『アルピニスト』,画像

7月8日(金) TOHOシネマズ シャンテ 他全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  2. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  5. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  6. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  7. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
〇映画『アルピニスト』【驚愕映像】
ページ上部へ戻る