青柳翔さん・町田啓太さん・鈴木伸之さんインタビュー 12/1公開『jam』

jam_劇団EXILE_青柳翔_町田啓太_鈴木伸之

前作『MR.LONG / ミスター・ロン』が国内外で高い評価を受けるなど、世界中から注目を集める鬼才・SABU監督。 最新映画『jam』は、劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABUワールド全開のエンターテイメント・ムービーです。
今週12月1日(土)の公開を前に、アイドル演歌歌手・ヒロシ役を演じた青柳翔さん、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望み“善いこと”の貯金に励むタケル役の町田啓太さん、刑務所からシャバに戻りヤクザへの復讐に燃えるテツオ役の鈴木伸之さんに本作の見所や各々が演じたキャラクターの本音までたっぷりとお話を伺いました。

作品から皆さんの仲の良さが伝わってきました!

青柳さん:僕たちって劇団EXILEという名前を貰って、それぞれ個々で活動して集まった時に舞台をやったり、今回は映画として皆集まってやるスタイルなんですけど、その中でもそれぞれ立ち位置が決まっていて、いじる人だったりいじられる人だったり、話をまとめるようなまとめないような先輩だったり、頼りにならない先輩だったり、それを欲しがる後輩だったり、何も無邪気に走る‟寛太”だったり。

jam_劇団EXILE_青柳翔

ヒロシ役の青柳翔さん

鈴木さん:‟寛太”は実名ですよ (笑)
青柳さん:jamはバラバラの様なんですけど、何か・・・
鈴木さん:ほォォォ~ (笑)
町田さん:みんなバラバラなんですけど、青柳さん達とか一番上の先輩たちが「ちゃんとしろよ」みたいな気張った感じで空気感を作らないでいて下さるんで、それがすごく後輩達に浸透していて、僕らは多分それに甘えている感じになっているんですけど。
青柳さん:先輩がちゃんとしろよ、ってこともあるけどね?
町田さん:いや、でも僕らほんとに個性が全部綺麗にバラバラなので、一見まとまりないんですけど、逆にみんながみんなそれぞれの面白味を知ってるから、そのまま入れるのかもしれません。

jam_劇団EXILE_町田啓太

タケル役の町田啓太さん

俳優さんとして個性をさらけ出していかなければならないわけですから、やりたいことを吐き出せる場の雰囲気があるということですね

鈴木さん:それはあるかもしれないですね、すごいカッコいい役もあれば、泥まみれの役もあるから、あんまり気張っていないのかもしれないですね。

jam_劇団EXILE_鈴木伸之

テツオ役の鈴木伸之さん

町田さん:みんな自然体なんですよね、各々バラバラにやりたい事やっているから、なんか居心地良いなって感じがします。

子供たちはみんな劇団EXILEに入りたいと思っているのではないでしょうか?そんな子供たちにどうしたら劇団EXILEに入れるかメッセージをお願いします!!

青柳さん:高身長、低学歴であれば大丈夫です(爆笑)
鈴木さん:たくさん牛乳飲んで寝て、あんまり勉強しないと?

jam_劇団EXILE_鈴木伸之

青柳さん:あ、それ言っちゃマズイな(笑)
鈴木さん:あ、それマズかったですね、違いました(笑)

jam_劇団EXILE_鈴木伸之

やはり牛乳はたくさん飲んだのですか?

鈴木さん:牛乳はたくさん飲みましたね。それこそ、ほんとに母乳からたくさん飲んだって言ってました、うちの母親が(笑)

赤ちゃんに、たくさん母乳を飲むように言っても伝わらないかも(笑)

町田さん:子供たちへのメッセージですよね、母乳の響きが強すぎて随分話が飛んじゃってましたね(笑)子供達か、難しいね。
青柳さん:なんか、もちろん規則とかルールとか先輩・後輩とか大切だけど、のびのびやって欲しいですね。
町田さん:楽しいことを一生懸命やっていれば、そういう人達と出会えるし、因果応報ですね。
鈴木さん:ほォォォ~(笑)

あ、もってかれた、鈴木さん、完全にもっていかれましたね(笑)

町田さん:そうしたら、いろんな人と出会えるし、もしかしたら僕らも一緒にお仕事できるかもしれませんし、嬉しいですよね、僕らも。

jam_劇団EXILE_鈴木伸之

鈴木さん:町田くんが本当にピュアと言いますか、こんな彫刻の様なイケメンなのに心真っ白なんです。ほんとに凄いですね、あんまり腹黒さがないというか、どうなんですか?そこら辺?
町田さん:ちょっとここら辺、ちょっとパカッと開けると真っ黒です。(笑)

毎日3回は良いことやってるんでしょうか?やっぱり (笑)

町田さん:いや、まったくないですね(笑)
青柳さん:これ、取材で30回くらいやってるんですよ。
町田さん:そうです、飽きずにやってるんです。パカッて開けると真っ黒っていうのがちょっとツボみたいで彼(鈴木さん)の。
鈴木さん:最初はもうちょっと面白おかしくやってくれたんです。‟パッカーンって開くと?”って(笑)でも、もう何か・・・パカッと開けると黒だよねって (爆笑)
町田さん:一回も使われてないからね、やった時は(笑)
鈴木さん:パカって開くってナニ?って感じですからね(笑)
青柳さん:すみません、何でしたっけ?いいことしてますか?って質問でしたね。
町田さん:良いことって、相手が感じてくれることだから、自分が良いことしたなって思った時点で良いことじゃなくなるのかな。下心があるじゃないですか。

映画『jam(ジャム)』場面写真一挙解禁!

青柳さん:確かにね

逆に、瞬間的に良いことだと思えるかどうか?ということなのでしょうか?

町田さん:そうですね、人が困っている時に、例えば人が転んだらすぐにバッと動けるかどうかだと思う。
鈴木さん:ほォォォォォ~(笑)
青柳さん町田さんなになに、どおした!
鈴木さん:今のほォ~は、わりとほんとのほォ~です!!
町田さん:瞬時に動くかどうかで、それで決まっちゃうと思う。

瞬時に動くという点では、劇中タケル(役:町田さん)が犯人を追いかけるシーンがありますね?その時のタケルはどういう気持ちだったのでしょうか?捕まえてやろう?なのか、同じことが起きないように止めようと?

町田さん:殺してやろうですね、かたき討ちですね完全に。良いことからの真逆です。

jam_劇団EXILE_町田啓太

あのシーンで善人から一瞬にして変わる?

町田さん:やっぱり、(タケルは)フラストレーションが多分たまっていたのだろうと思います。

jam_劇団EXILE_町田啓太

鈴木さん:じゃ、タケルが捕まっていたとしたら、テツオ(役:鈴木さん)みたいになってたってことですね?

映画『jam(ジャム)』場面写真一挙解禁!

町田さん:あそこで、バーンってやって、でもそれが昌子さん(役:筒井真理子さん)にいっちゃって、でもその時にタケルは動けた。良いことだったかは分からないけど、本来の意味での良い‟人助け”がちゃんとできんだろうなと思いました。最後の良いことが。
青柳さん:そこまでして、ヒロシを守ってくれた人を置き去りにして逃げる、ヒロシ。

町田さん:ほんと、そうでしたね

筒井真理子さん(向井昌子役)の印象はどうでしたか?

青柳さん:筒井さんは現場でほんとに素敵ですし、綺麗ですし、セリフ合わせとか、筒井さんともう一人の方と3人でとんかつ食べに行っちゃいましたからね。なんか、そのコミュニケーションをとってそのシーンを作ってくれるというか、やり易かったですし、筒井さんのおかげで、ホラー要素でもないですけど猟奇的な感じが表現できたと思っています。

見てる側からも、あそこまでヒロシが昌子に付き合ってあげたのなら、最後まで付き合ってあげて欲しいなという気持ちになりました

町田さん:でも、わからないですからね、jamに続きがあったら、もしかしたら、どうなっているか?
青柳さん:jamの続きがあったらもしかしたら・・・その・・・
町田さん:ベッドシーンから始まっているかも(爆笑)

しかも、笑顔で喜んで、嬉しそうに(笑)?

青柳さん:もう演歌歌手を辞めて、次・・・あの・・・
町田さん:ヒモになっている?
青柳さん:ヒモになって、野替(港町たかし役)が歌を歌っていて、僕が付き人やっているかもしれない(笑)

映画『jam(ジャム)』場面写真一挙解禁!

作品全体のエンタテイメント性をヒロシが引き出していましたね?

青柳さん:ヒロシはいたって真面目ですから。真面目に曲を作って、真面目に作詞作曲して、売れると思って、その売ったCDで生活していくために一生懸命生き抜いているので、その泥臭さというか(笑)

やはり真面目だからこそ、あそこまで昌子に付き合ったのでしょうか?

青柳さん:そういった点は、僕(監督に)聞いたんですよ。監禁されて、まず普通は逃げようとするじゃないですか、でも逃げれない。それで曲を作ろうとなって。脅されてるからそれに同調しつつも逃げようとする。でもなんだかやっぱり曲作りに自発的になっていくじゃないですか。そこで、逃げようとしなくていいんですか?と監督にきいたら、「大丈夫、バカだからヒロシ」って。

青柳さん町田さん鈴木さん:ある意味‟バカ=純粋”って大事なのかもしれないですよね。

最後に映画ファンにメッセージをお願いします

jam_劇団EXILE_青柳翔_町田啓太_鈴木伸之

青柳さん:‟因果応報エンターテイメント”ということで、いろんな人の想いが交錯して、グチャグチャのように見えるのですが、最後は楽しめる展開になっていますし、SABU監督ならではの疾走感あふれるストーリーですので、是非劇場で観ていただければと思っています。

町田さん:映画ファンの方々であればSABU監督のことはもちろん知っていらっしゃると思うのですが、多分劇団EXILEはほぼ知られていないんじゃないかなと思っています。そんな中、こうやって全員出演でやらせていただいて、そしてそれぞれの個性が際立っていて、今回SABUさんに監督をしていただいているので、是非観て楽しんでもらいたいですし、これをきっかけに劇団EXILEのことも知って、また今後の劇団EXILEの活動も楽しみにしていただければなと思います。

鈴木さん:初めて9人で映画を撮らせていただいて、凄く嬉しかったですし、またどんどんこういう作品を今後も増やしていけたらと、ひたむきにやっていきたいと思っています。映画ファンの方々には、とても楽しんでいただける作品になっているのではないかと思いますし、ほんとに何回でも色々な視点で観れるのでたくさん見て欲しいです。

編集部より

まるで実の兄弟達だと思うほど、3人の息はピッタリと合っていました。個性が際立っているのも、この仲であればこその賜物ではないでしょうか。
圧巻の舞台挨拶&パフォーマンスを拝見して、編集部は今後の劇団EXILEが観客を楽しませてくれて、目線を合せてくれている、素晴らしい劇団になることを確信しています。
青柳さん、町田さん、鈴木さんの今後の活躍を期待して応援しています!!


■ 映画『jam』予告編


■ 映画『jam』SABU監督・青柳翔さん・鈴木伸之さん・町田啓太さんら劇団EXILEのコメントをご紹介【第31回東京国際映画祭】
https://tokushu.eiga-log.com/new/14732.html

■ 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILEメンバー集結!
https://tokushu.eiga-log.com/new/14104.html

■ 『jam』第31回東京国際映画祭
https://tokushu.eiga-log.com/film-festival/13707.html





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  2. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  3. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  4. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  5. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  6. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  7. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る