1月5日公開 映画『世界一と言われた映画館』
佐藤広一監督インタビュー

上映ベルの代わりにジャズの名曲「ムーンライト・セレナーデ」が流れると、暗がりの中で大好きな映画が始まる…。「西の堺、東の酒田」と称された商人の町・山形県酒田市に、映画評論家・淀川長治氏が「世界一の映画館」と評した伝説の映画館、グリーン・ハウスがあった。回転扉から劇場に入ると、コクテール堂のコーヒーが薫り、バーテンダー の居る喫茶スペースが迎える。少人数でのシネサロン、ホテルのような雰囲気のロビー、ビロード張りの椅子等、その当時東京の映画館でも存在しなかった設備やシステムを取り入れ、多くの人々を魅了したそこは、20 歳の若さで支配人となった佐藤久一が作り上げた夢の映画館。だが、多くの家屋や人々に被害をもたらした 1976 年の大火災・酒田大火の火元となり、グリーン・ハウスは焼失してしまう。それから 40 年余りの時を越えた今、「ムーンライト・セレナー デ」が流れるあの場所へかつて集った人々が、煌めいた思い出をもとに言葉を紡いでいく……。昨年 2 月に急逝した名優・大杉漣氏のナレーションにのせて贈る、忘れ難い場所を心に持つ人々の証言集。
今回は2019年1月5日から公開となる『世界一と言われた映画館』の佐藤広一監督に制作のきっかけや大杉さんとの思い出などたっぷりとお話を伺いました。

昔の上司との縁から!?

―― 本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭の短編作品として、映画祭が企画したとお聞きしていますが、監督として制作にあたった経緯を教えていただけますか?
佐藤監督:以前、私は山形県映画センターというところに勤務していたのですが、その時の上司が高橋卓也さんであり本作のプロデューサーなんです。高橋さんは山形国際ドキュメンタリー映画祭の理事でもあって、そのつながりで。幸運ってことですかね(笑)。

―映画センターとは?
佐藤監督:地方で配給と上映を両方やるような会社が結構全国にあるんです(映画センター全国連絡会議という組織が35都道府県に所在する各映画センターの総合窓口となっている)。映写機をもって、主催者を各地域で探して、地域のホールなんかで映画を上映していく会社です。
昔、西田敏行さん主演の『虹をつかむ男(山田洋次監督)』っていう映画が2作ありましたが、この映画のモデルとなったのは高知の映画センターの創設者の方なんです。例えば、自分たちでそういった映画の権利(フィルム)を買って、それを山形なら山形の各市町村の行政とか映画サークルと一緒になって配給・上映していたんです。

―― 映画センターでは主にドキュメンタリー映画を中心に上映していたのですか
佐藤監督:いや、そういうことではないです。普通の劇映画を上映していましたが、どちらかというと文化映画みたいな作品を中心にやっていたんです。話を戻すと、その時の(山形県映画センターの)上司である高橋さんにファミレスに呼び出されて「グリーン・ハウスの映画やるから!」って言われまして。

―― その時はすでに映画監督として活動されていたんですよね?
佐藤監督:元々自主制作でずっとやってきたんです。レンタルで並んでいるのが1本だけあって『隠し砦の鉄平君』って映画だったんですけど、それが唯一全国に流通したDVDっていうか劇映画作品になります。

一発撮りでライブ感あふれてます!

―― 本作では、コメントをしてくれる酒田市の方々がとても自然にお話されている姿が印象的でした。
佐藤監督:実はインタビュー取材って言うと、結構リサーチをしてからカメラを回すみたいな段取りなんですけど、それやっちゃうと段々喋っているうちにテンションが下がっていくんです。なので一発撮りをしました。ある程度アタリをつけて。打ち合わせしているうちに色々なエピソードを話しそうになるじゃないですか。そこで、「あーっ!ちょっと待ってください!」と(笑)。機材を組んで、いきなり一発目で回すっていう感じです(笑)。全部そんな感じで撮っていたんで、すごいライブ感があると思います。

―― 登場する皆さんはしっかりとしたロジックでお話されていました
佐藤監督:多分、酒田大火の火元になったということもあるんですけど、これまであまり外に対して話すことがなかったと思うんです。何となく軽いタブーっていうか。大火災・酒田大火から40年という時が経ち、僕自身が酒田に住んでいないというのも大きいと思うんです。(僕が住んでいる)天童と酒田って車で2時間ぐらい離れているんで。内陸からわざわざ来てくれて、みたいな感じで結構喋ってくれたんです。地元だと「お前どこの誰だ?」みたいな話になって、「誰とどういう風にどう繋がっているんだ?」って絶対に詮索されると思います(笑)。

―― 監督の親しみやすいお人柄もあるように感じます。
佐藤監督:映写技師の太田さんにも最初ご挨拶に行ったんです。その日はご挨拶だけで撮るつもりもなかったんですけど、一応車に機材だけは積んで行ったんです。お話している内になんだかいい感じになったんで、その場で回します!って。
実は私がカメラを回していて、アシスタントの方が聞き役と言いますか。庄内に住んでいる方にお願いしたんですけど、非常に親しみ易い人なんで、「この人にお話してください」みたいな具合で進めたら、結構お年寄りの相手が上手な方(アシスタント)なんで。

佐藤久一氏とグリーンハウス

―― 作中では「歴史の皮肉」という表現もありました。グリーン・ハウスが酒田大火の火点にならなかったら、復旧が行われて街は全く違った姿になっていたかもしれません。監督はこの事実をどのように受け止められましたか?
佐藤監督:もし、火事がなければというのを考えると、果たして今残っていたかどうかってリアルに考えると、ちょっと微妙なところもあって。次々とシネコンに代わってるんで。元グリーン・ハウス支配人の佐藤久一さんもグリーン・ハウスを離れ、フランス料理店の経営をしていて火事の時には既に(グリーン・ハウスのオペレーションから)離れていたので。火事になったことで、むしろ神話化されたみたいなところもあるのかなって。

―― エピソードとして、劇場の汚れは一つたりとも見逃すことがなかった支配人の気配りが紹介されています。映画を観る方々にはこういう場所で観て欲しいという支配人の想いが伝わってきます。
佐藤監督:それがうまく次の世代に継承されていけばいいんでしょうけど。佐藤久一さんも「俺はクビになったんだ」って。それは照れもあってそういう言い方をしていたんだと思いますが、映画館というのを一つやり遂げてしまって、“じゃあ次”っていう考えを持っていた人だったのかなって。

―― 佐藤久一さんは今ではあり得ない贅沢な映画館を作り込みました。こうした考えの原点はどこからきているのでしょうか?
佐藤監督:元々は酒造メーカーさんですね。山形では、「だんなし(いわゆる旦那衆)」っていう言い方するんですけど、そういう人たちが映画とか(の娯楽)にお金をかけて出すという。今でこそそんなに居ないかもしれないですけど、昔はそういう文化っていうのがあって。そういう家柄の息子さんっていうのもあって任された。何かがうまく合致した感じがするんです。関心のある人がそういう特権を得てしまったというところがあって、それが良い意味で化学変化を起こした感じがします。

―― 現在の話になりますが、証言協力をされている“映画サークルあるふぁ’85”代表の佐藤良広さんについて教えてください。
佐藤監督:あの方は酒田市役所の元職員で今年定年退職されたんですけど、“映画サークルあるふぁ’85”を作って。それこそ私が映画センターの時に知り合ったんで、一緒に何本か映画上映してたんですけど、グリーン・ハウスの話をしたことはなくて。その話を振ってみたら、次から次に想い出が出て来て、ただ話さなかっただけなんだって。

――佐藤さんに限らず、この話題をタブー視する傾向はあったのではないでしょうか?
佐藤監督:そうだったんじゃないかなって。大っぴらに語っちゃいけなかったみたいな、相当な面積が焼けているし、消防署の人が煙に巻かれて亡くなりましたし、やっぱり(自分の)家が燃えたっていうんで、当然よく思っていない方々はいらっしゃいますよね。

――実際にそうした言葉を耳にしたことはあったのでしょうか?
佐藤監督:直接はないですけど、話には聞こえてきましたね、“あぁ、火元ね”って感じになっちゃう。人によっては、だからそういうのもあって映像化されていなかった理由っていうのもあるのかなと思います。

『ゴチになります!』と大杉漣さん、そして阿波踊り!!

―― 映画や映画館の在り方や存在意義みたいなことを、この映画を通じて監督なりに感じるところがあれば教えていただけますか?
佐藤監督:元々は映画祭出資で創る20分くらいの短編映画の企画だったんですけど、取材を重ねるうちに“これは何かもったいないことはできない”と私が勝手に思いこんで、長くしちゃったんです。大杉漣さんも多少面識があって、おそらく乗ってくれるだろうと。ギャラ云々じゃなくて、志でやってくれるようなところがある方なので、そこに訴えて、一筆書いて…。そうしたら即答で“OK”をもらって、ほとんど手弁当でやってくださいました。こういうことは、やることに意義があるって熱く…。

―― 大杉漣さん(本作で語りを担当)って熱い方だったんですね?
佐藤監督:日テレ系の『ゴチになります!』で2週連続ピタリ賞を当てて、200万ぐらいゲットされたちょうどいいタイミングだったんです(笑)。たまたまだったんですけど、1週目と2週目の間の時にお願いしたんですが、偶然にも「ちょうど世の中になんらかの形で返さないといけないって考えていた」と。さらに、大杉さんの提案で「酒田の港座でこの映画の上映と大杉漣バンドのライブやったらいいんじゃない?」と、持ち出しでやってくれて、イベントは本当に大盛り上がり!

―― 大杉さんとのエピソードをもっと教えていただけませんか?
佐藤監督:映画祭が去年の10月にあったんですけど、その年にライブもしようって話になって、会場の港座と大杉さんのスケジュールをすり合わせたら10/29しかなくて。それが酒田大火のあった日で…。大杉さんも「ヤバイんじゃない!?笑」って。でも、やりましょうと。

―― そういう不思議な一致があったんですね
佐藤監督:実は、もう少し裏話があって、前日に出演者の方々に観ていただこうと近くのカフェで披露試写をしたんです。30人ぐらい入れるところで、なんか途中から入ってくる不届き者がいるなあ、なんて思って。上映後に明るくしたら、それが大杉さんだったっていう(笑)。もう、びっくり!!次の日がライブと上映だったんですけど、夜は大宴会が始まって、最終的には徳島出身の大杉さんに阿波踊りをみんな強要されて、バンドメンバーの方が真ん中でギター弾いて、その周りを阿波踊りで踊るっていう。阿波踊りを強要されるってなかなかないですよね。次の日の本番は、全員二日酔いでした(笑)。




『YUKIGUNI』も併せて観て欲しい

―― 大杉さんしかり、グリーン・ハウスの存在を知る方が今後益々減少してしまいます。
佐藤監督:グリーン・ハウスって山形の映画関係者にはすごく有名なんですけど、何となく山形の中だけで完結してしまっているような気がしてたんです。すごい映画館があったのに、あんまり外に発信されていなくて、知る人ぞ知るみたいな劇場になっていたんです。岡田芳郎先生の「世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか」という書籍はあるものの、映像にすればもうちょっと違った広がりがあるんじゃない、みたいに思って。岡田先生には、制作中に何回もアドバイスをしていただき、写真もお借りしました。
おそらく10年後に撮ろうとしたら、もうちょっと浅い証言になっちゃうんです。喫茶「ケルン」の井山計一さんも92歳ですから。グリーン・ハウスの白黒映像を使っているんですけど、見てわかる人が井山さんぐらいしかいないんです。だから全部井山さんに見ていただいて「これどうですか?あれどうですか?」って。たまに、「この内部映像ってグリーン・ハウスですよね?」って聞くと、「違うよ」みたいなことも。井山さんが「うん」って言えばグリーン・ハウス。そんな感じです。

―― 生き証人なんですね!
佐藤監督:昔の映像や写真で検証できる人って井山さんぐらいでしょうね。

― ここにチラシが置いてありますが、これは井山さん主役の映画になるのでしょうか?
佐藤監督:『YUKIGUNI』として、1/2からポレポレ東中野、UPLINK渋谷にて公開されるんです。私もカメラマンで参加しています。

―― 2作セットでみると面白そうですね!
佐藤監督:たまたまなんですけど、2019年のお正月に山形県酒田を舞台にした映画が2本公開されるっていう、あんまりないような現象が起こるという(笑)。
世界中で「雪国」というカクテルが飲まれていて、井山さんはまさに酒田が世界に誇る人物の一人なんです。ちなみに『YUKIGUNI』のナレーションは「深夜食堂」シリーズの小林薫さんです。

メッセージ:それぞれの世界一を探して!

―― 最後に映画ファンに向けてメッセージをお願いします。
佐藤監督:多分グリーン・ハウスって皆さんにしてみればどこかの田舎に昔あった化石のような映画館なのかもしれないんですけど、昔同じような映画館に通っていた人もいらっしゃると思うんで、それと重ね合わせて観てもらえるといいかなって思います。必ずしもグリーン・ハウスだけが世界一の映画館ってわけではないですし。私の場合、小学6年の時に天劇っていう天童劇場っていうボロボロの映画館があったんですけど、『マルサの女』(1987年)とかのポスターが入り口に貼ってあって、何だこれは?って。グリーン・ハウスじゃなくても、身近な所に自分の街の歴史があったりするので、それぞれの世界一を是非この映画を通じて探していただければと思います。
それから大杉漣さんのナレーション作品としては最後の作品となりました。現場で録音する時も結構色々とアイディアを出してくれました。こういう言い回しもあるよって意見も出してくれて。しかも、作り手の気持ちもわかる人だったんで、2バージョン録って後で決めればいいじゃない? という柔軟性までも。そこまでしてくれて、編集すると仰せの通りすべて大杉さんの方が良かったんでそちらを使いました(笑)。仕上がりのことまで考えてくれる感じだったので、ゲスト的な感じでは全然なかったです。こちらの要求にもずっとお付き合いいただいて、最終的にはすごくいい具合に仕上がりました。

『世界一と言われた映画館』は2019年1月5日(土)より有楽町スバル座他ほか全国順次公開です。 

編集部より

佐藤久一氏が来場する人たちの幸せを願って創り上げたグリーン・ハウスは、酒田の皆さんの沢山の想い出が詰まったきれいな器のようです。酒田大火の火元となってしまったことで、多くの想い出たちは口を閉ざしましたが、今、そのタイムカプセルの蓋が開かれました。当時の大火の様子や特別な場所としての想い出をしっかりとした口調で語る証言者の皆さん。そして、ナビゲートを買って出てくれたのが大杉漣さん。佐藤監督がエピソードとして語っていただいた大杉漣さんは、優しさと映画への愛でいっぱいでした。佐藤久一氏の願いと共に、今も、その気持ちは生きてこの作品を支えてくれていました。

佐藤広一監督 プロフィール

1977年生まれ、山形県出身。1998年、第20回 東京ビデオフェスティバル(日本ビクター主催)にて、短編映画「たなご日和」 でゴールド賞を受賞。監督作に、「隠し砦の鉄平君」(株式会社BBMC)、DVDドラマ「まちのひかり」(特定非営利活動法人 エール・フォーユー)がある。ドキュメンタリー映画「無音の叫び声」(16/原村政樹監督)、「おだやかな革命」(17/ 渡辺智史監督)、「YUKIGUNI」(18/渡辺智史監督)では撮影を担当。





予告動画

語り:大杉漣
プロデューサー:髙橋卓也
監督・構成・撮影:佐藤広一
■証言協力 井山計一 土井寿信 佐藤良広 加藤永子 太田敬治 近藤千恵子 山崎英子 白崎映美 仲川秀樹
企画・製作:認定 NPO 法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
映像提供:山形放送協力:山形大学社会科学部付属映像研究所
音声技術:折橋久登
整音:半田和巳
製作助手:稲田瑛乃
宣伝美術:菅原睦子 玉津俊彦
協力プロダクション:ZACCO
製作協力:大久保義彦 成田雄太 オフィス佐藤
配給:アルゴ・ピクチャーズ
配給協力:MAP


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『クリード 炎の宿敵』特別映像

注目映画

  1. 1月18日公開 映画『マスカレード・ホテル』 目次 イントロダクション …
  2. 2019年1月18日公開 映画『チワワちゃん』 ■作品紹介 友だちの死をきっかけに揺れる若者た…
  3. 2019年1月25日公開 映画『ジュリアン』 ■イントロダクション フランス映画界の新しい才能…
  4. CREED II クリード 炎の宿敵
    2019年1月11日公開 映画『クリード 炎の宿敵』 ■イントロダクション ロッキー4/炎の友情…
  5. 映画『この道』 2019年1月11日(金)公開 目次 イントロダクション …
  6. ■イントロダクション 鹿野靖明、34歳。札幌在住。幼少の頃から難病の筋ジストロフィーを患い、体で動…
  7. 2019年1月18日公開 映画『映画刀剣乱舞』 ■イントロダクション 原案は、名立たる刀剣が戦…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る