『そらのレストラン』 深川栄洋監督インタビュー

『そらのレストラン』
深川栄洋監督インタビュー

洞爺湖を舞台にした『しあわせのパン』(2012年)、空知を舞台にした『ぶどうのなみだ』(2014年)に続く、北海道映画シリーズ第三弾となる北海道道南にある“せたな町”を舞台にした映画『そらのレストラン』が1月25日(金)より全国公開となります。

“パン”、“ワイン”に続き、“チーズ”と“仲間”がテーマの本作は、誰かと一緒に生きることによって、一人よりも更なるしあわせを育むことができる。みんなで手を合わせ「いただきます」を言った後の笑顔はかけがえのない瞬間であると気づかせてくれる心温まる物語です。

主演の大泉洋は、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理(わたる)役を、繊細かつ自然体に体現。
そして亘理を温かく見守る妻・こと絵役に本上まなみ、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸(かんべ)役に岡田将生と、個性的な実力派俳優が脇を固めています。
更に、亘理にチーズ作りを教えるチーズ職人・大谷を北海道出身であり、数多くの作品で名脇役としても名高い小日向文世が務め、その妻には風吹ジュンが扮し、北海道の大地のような温かさで亘理たちを見守ります。

今回は、本作で北海道映画シリーズ初監督を務めた『神様のカルテ』や『サクラダリセット』など話題作を発表し続けている深川栄洋監督に、本作で大切にしたことや、作品に込めたメッセージなどたっぷりとお話を伺いました。

北海道でUFOを何度も観た人と出会う!

―― 神戸ちゃん(役:岡田将生さん)が羊を探すシーンが印象的でした。「もう(羊を探さなくて)いいですよ」と言った後に、みんなが「何言ってんだ、お前は?」と反応したシーンですが、このシーンは北海道独特のストレートな表現の凝集であり、北海道の良さを表現したのではないでしょうか?

深川監督:
岡田君が演じた“神戸ちゃん”は依然として東京人の顔をしていて、まだ北海道の人間になれない人って感覚で、その言葉を何気ないところで出してみたんです。

実は、僕がこの映画に向き合い始めた時、北海道の現地に行ったのですが、実際にモデルになった「やまの会」というメンバーの人たちがいたんです。その人たちと仲良くなって、酒を飲みながら話をしていくと、凄く正直な方達で。
僕たちは何か遠慮したりとか、どこかで線を引いたりとか、何かこの場を崩しちゃいけないと思って、どうにか発言をしようとしちゃうんですけれど、彼らは距離感を作らない人々でした。

また、「やまの会」のメンバーの中にUFOが好きな人がいて、実際にUFOを何度も見てるんだって一生懸命喋ってくれるのですが、それ以外にはあまり喋らない方がいるんです。それが、すっごく面白い。
UFOのことをチラッと聞くと、凄く目を輝かせて話をしてくれて、とても素直で、僕たちにはちょっと、ないなって。子供の時とか、まだ社会なんかと関係なく生きてる時はそういう風な気持ちもあったんですけど、“あ、そういうこと言っていいんだ!”っていうか、何というか、そういう素直なのも映画の中で見えるといいなって。チョコチョコと、そういう感じを入れていきました。

深川栄洋監督

幸せな気持ちになるとろけるチーズ

―― 冒頭で“こと絵”が出て来る猛吹雪のシーンは、今後のストーリー展開上ソワソワ感を感じずにはいられませんでした。

深川監督:
ちょっと難しい引っ張りだったのです。この映画の中ではこういったことをしたいという脚本家さんとプロデューサーさんのご要望もあって、分かりましたと。
ただ、引っ張るだけ引っ張っておいて、どこかで回収しないってわけにはいかないし。とても印象的に大きく引っ張る“サスペンダー”なので、どこかで弾かせなければいけないと、僕ら映画に関わる人間の矜持として思うわです。

それでも、(他の多くの作品にあるようなものと)全く同じ符合するようなサスペンダーの弾き方ではいけないな、と。“こと絵”さんという、優しさを持った女の人らしい回収の仕方でやりたいと思ってました。これから不思議なサスペンスでもミステリーでも始まるんじゃないかっというフックを美しく優しさで回収していこうと。

テレビや映画で、チーズがトロリととろけているシーンを見てると、凄く幸せな気持ちになるんですよね。それが、なんでかな?と僕なりに感じていて、どこかで言葉になるといいなって思っていたんです。
それが“こと絵”さんが彼に背中に手を当てる言葉みたいなもので、最後のタイミングで言葉にしました。そのサスペンダーの回収を、“冒頭の吹雪のシーンで彼女があの瞬間何を感じていたか”ということで納めました。
あのシーンで、あのサスペンダーはミルクの紐解きのために焦点を当てたシーンになれば、“こと絵”らしい回収の仕方になるのかなと思ってやってみたんです。

―― また、吹雪の強さを見ていると、“覚悟ができていない”という亘理の気持ちが分かる様な気がします。

深川監督:
オープニングの猛烈な吹雪が日常的に起きている、とは見せずに、物語は季節が変わります。北海道っていいなと思える場所としてシーンを進めていきます。
そして、登場人物の葛藤が生まれた時に、それとは違った怖さは、やはりあの瞬間にあったのだとお客さんの頭がまたオープニングのシーンを思い出してくれるといいなって思っていました。

自分の後姿を人は見ている

―― 大谷師匠の言葉に込められた想いは「自分のチーズを作れ」だけではなく、「覚悟が出来ていない」亘理に対する“気付け!”というメッセージだったのではないでしょうか?

深川監督:
難しいところだと思うんですけれど、一つの言葉ですべてを貫ける言葉は中々見つかっていません。ただ映画なので、1時間半という時間をかけて、観てくださるお客さんに感じていただければと思っていました。

亘理君は、ずっとここに居る人なんですけど、ここに自分の身の置き場がないというか、自分はここに居ていいんだろうかと漠然として感じてる人。でもそういった自分の想いを誤魔化しながら生きてきた人だということが分かります。
一見いい人で、場の空気も柔らかくするし、面白いし。富永さん(高橋努)も言います、「こいつ(亘理)は、子供時代から困ったら逃げてしまうやつだ」と。

でも、そういう人って都会にも大勢いて、都会のスピードでは選択肢が一杯あるので、その都度、その都度、人や物事と向き合わずに逃げることができる。仕事を代わることも出来て、住む場所も変えることが出来て、人生を変化させる選択肢もあるんですよね。

ただ、ここにはそれらが無くて、そのスピードもゆっくり。亘理の問題は、誰の心の中にでもあるんだという風に、この映画を見て思ってもらえると良いですね。
自分の居場所が見えなくなってしまう瞬間、人間は弱気になってしまうのだけれども、そんな時に周りに人がいて、そういう自分の弱い部分を、皆周りの人々は知っていながらも、それはその人の個性だという風に思い続けてずっと付き合ってくれているんだって気づけると良いですね。

その自分が見える視座からは見えない姿を人は見てる、自分の後姿を人は見ていて、それを良しとしているんだって気付けるといいなと。
それに気付けたら、また調子のいい人間に戻っていけるんです。場所や流れている時間が違えども、誰の心の中にもある弱気の虫、定まらない何かとか、そういうものが浮き彫りになってちょっと輪郭が見えてくるといいな、って思っていました。
それが、言葉にならなくても、観ているお客さんにとって何か感じれる、読み取れる手前まで行けるといいなと思って監督していました。

―― 監督の意図されるところに入り込むことができたら、いろんな気付きが出来て、きっと自分が豊かになれるのでしょうね。

深川監督:
“豊かな人生”と言う言葉は映画の中にあるのかな、と思っています。

―― 映画ログスタッフの中3の娘さんが、「40歳ぐらいで全部やり切ったら北海道で酪農したい!」という感想を述べてくれました(笑)

深川監督:
実際にこのキャストのモデルになっている人たちは、元々ここにいた人は少ないんです。皆、移住してきたり、奥様も全く違う仕事をしていて、なぜここに来たのか分からないという感じの出会い方でここに辿り着いている方がいます。それがまた、人生って分からないもんだなと思わせてくれます。
また、キャストの方々がそういういい雰囲気を作ってくれたということですよね。

天才子役・庄野凛ちゃん

―― 庄野凛ちゃんがとても自然な演技で、本当の親子の様にみえました。

深川監督:
彼女とは2歳から3歳ぐらいの時から一緒にやっていて、この役を考えた時に彼女だったら大人の役者の出す芝居の空気を読み取ってちゃんとやれるんじゃないかなと。僕は3回目ですけど、彼女は僕が大人の言葉を使ってもちゃんと理解するんですよ。

「このシーンでは何が必要だと思ってる?」って話をすると、「じゃあ、私は何をしたらいいんだろう?」って、「母さんとかちょっと暗くなって、ちょっと心が晴れないけど、あなたは全く関係ない声色で、喋って欲しい」って言うと、「分かりました」って言ってやるんですよ。

理解度のあるすごい天才子役なんです。子役ってだけでなく人間力も備わっていて、可哀想って思うと、気落ちがそっちに寄っちゃいそうだけど、自分の役はそうじゃない、っていうことを理解している。とても面白い役者です。

―― 人間としても俳優としても映画を通して育っているということですか?

深川監督:
子供や若い人たちにとって、映画の現場は多くのことを吸収して学ぶ場所ですから、その期間で大きく変化していると思います。

目指せ北海道10部作!

―― 企画・製作の伊藤亜由美さんのご紹介にも触れられていましたが、北海道三部作の第三弾です。一作目の『しあわせのパン』と二作目の『ぶどうのなみだ』と比べて『そらのレストラン』はどういったポジションになるのでしょうか?

深川監督:
やり始めた時は、監督が変わったということを分からないぐらいシリーズを引き継ごうと思ったんですが、やり始めていったらどうしても僕の変なものが出始めてしまって、これはもう駄目だなとか。
お洒落には中々できないなと、どうしても泥臭くなっちゃうなと。目指したんですけど泥臭くなってしまいましたと、それはお目こぼしを貰って。

ただ『そらのレストラン』ってのは三部作ですけど、今後も伊藤さんと北海道の人達と映画を創っていく中で、三部作だけじゃなくて五部作、十部作と連作っていう中の一つターンとういうか起因、もしくは作用点といったらいいのでしょうか、そういう所でポジションを獲得できるといいなと思っています。

―― 映画ログ会員へのメッセージをお願いします!

深川監督:
この映画は監督である私にも、北海道に行って撮影するまで何が終着点か分からない作品だったんです。ロード・ムービーを作っているような感覚で大自然と人を見つめていった作品です。

なので、人それぞれ導かれる、行き着く港は違うと思うのですが、皆さん一人一人の感想をログにしたためてコメントを頂けると、豊かな広がりがある作品になるかなと思います。どうぞよろしくお願い致します。

映画『そらのレストラン』は、2019年1月25日(金)より全国ロードショーです。

編集部より

採れたての旬の野菜、獲ってきたばかりの魚、ここで育てた羊肉、そこで創ったワイン、うちの牛乳とチーズ。どれを聞いてもおいしそうですね。そして、広大な海が見える広い空の下で、みんなで食事ができたら、なんと楽しい一日が過ごせるのでしょう!!
そんな北海道が与えてくれる恵みを感じて、癒され、いつしか無駄な気遣いをすることもなくなって、自分も周りも変わっていく。厳しい自然に打ちのめされそうになることもあるけれど、あったかいミルクさえあればいいじゃない。
翻って、私たちが今生活している場所は、どんな景色が見えて、どんな素晴らしい人たちに囲まれているのでしょう?もし、そんな豊かさを見失ってしまっていたら、一度『そらのレストラン』に探しに来てみてはいかがですか?


映画『そらのレストラン』あらすじ

北海道せたなで暮らす亘理(わたる)と妻のこと絵と一人娘の潮莉(しおり)。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

監督・脚本:深川栄洋 脚本:土城温美 音楽:平井真美子
出演:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、安藤玉恵、庄野凛、鈴井貴之(友情出演)、風吹ジュン、小日向文世
配給:東京テアトル ©2018『そらのレストラン』製作委員会 公式サイト http://sorares-movie.jp

おすすめの記事

コメントは利用できません。

注目映画

  1. 蜜蜂と遠雷,画像
    10月4日公開 映画『蜜蜂と遠雷』 ■イントロダクション 史上初の直木賞&本屋大賞W受賞の“映像…
  2. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  3. 9月13日公開 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』 ■イントロダクション 小栗旬・主演×宮沢…
  4. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  5. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  6. 9月6日公開 映画『左様なら』 ■イントロダクション 新進気鋭の若手監督を輩出し続ける音楽と…
  7. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…

Facebook





ページ上部へ戻る