演じずに素の自分をさらけ出す喜び『空の瞳とカタツムリ』中神円さんインタビュー

空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん

演じずに素の自分をさらけ出す喜び
『空の瞳とカタツムリ』
中神円さんインタビュー

2月23日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開となる『空の瞳とカタツムリ』は、求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人の青春を繊細なタッチで叙情的に描き出す、新しい愛の物語です。
本作の軸となる極度の潔癖症を抱える高野十百子(ともこ)役を演じた中神円(なかがみ・えん)さんに本作を演じたありのままの心境をたっぷりと伺いました。

泣いていた縄田かのんとハグ

―― 女性だけにしかわからないと思われるようなシーンはありましたか?
中神円さん
女性にしかわからない・・・難しいですね。公園で夢鹿と向き合っているシーンは、観てくださった同年代の女性がそこで辛くて泣いたっていうのをよく聞きますね。
客観的に見て特に胸を打たれたシーンということでは、夢鹿が十百子のコラージュをかき集めているシーンですね。あれは自分の思い通りにならない夢鹿のはがゆさとか苦しさや辛さが伝わってくるシーンだなと思って、映像で見ても凄くそれを感じましたし、実際の現場で見てたんですよ。

空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん

高野十百子(ともこ)役 中神円(なかがみ・えん)さん

―― あのシーンを現場で?
中神円さん
そうなんです、監督が“脇で見てていいよ”って言ってくださって。ずっと見ていたんですけど、夢鹿の様子を見た時に思わず泣いてしまって。縄田さん(役:夢鹿)もシーンを撮り終えた後、苦しくて泣いていたので、カットがかかった瞬間に監督に“ちょっとそばに行ってあげて”って言われて、二人でハグをしたというのを覚えています。

―― 演じてはいたものの、夢鹿と十百子はまさにそこに存在していたということですね?
中神円さん
そうです。本当の十百子だったら、夢鹿の弱さって知らないわけじゃないですか。実際、私は現場で見ていたので。

―― 演技という次元を超えて経験をなさったんですね。ところで、今回三浦貴大さん、藤原隆介さんのお二人とも共演されました。三浦さんの印象を教えていただけますか?
中神円さん
三浦さんご本人の印象は、凄く話し易い方だなと思いました。テレビでいつも拝見していて、すごい有名な役者さんなんだなっていうのは分かっていたんですけど、その壁みたいなものを感じさせず、撮影の合間に漫画とか食べ物の話とかをしましたね(笑)。
空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん―― 漫画の話とか、するんですね(笑)
中神円さん
はい、すごい気さくな方でした(笑)。

―― 緊張はしなかったのでしょうか?
中神円さん
撮影の一番最初に撮り始めたのが三浦さんとの食事のシーンなんですけど、撮影初日だったということもあって、結構身体が固まっちゃっていて難しかったんです。
本当に緊張していたんですけど、お芝居的には十百子が男性(貴也役:三浦さん)の家にあがって緊張しているのは不自然じゃなかったのかなと思うこともあるので、むしろ緊張していた方が自然なのかなとも思ったり。

―― そのシーンを観ていましたが、全く違和感はありませんでしたよ。
中神円さん
ああ、よかったです。それは多分三浦さんが撮影の合間とかに緊張しているのを察してくださって、いろいろ気さくに話しかけてくださったのが大きかったんじゃないかなって思います。

―― 藤原さんとは三浦さん以上に撮影の時間も長かったのではないかと思うのですが、藤原さん(鏡一役)の方はいかがでしたか?
中神円さん
それがですね、三浦さん、縄田さん、藤原さんとそれぞれ濡れ場があったんですけど、順番的には一番最後に藤原さんと撮っているんです。順撮りではなかったのですが、わりと十百子の気持ちが出来上がった状態で藤原さんとのシーンに臨めたので、不思議と開けた状態だったんです、気持ちの面でも。だから、私としては三浦さんとのシーンが一番辛かったんですけど、藤原さんの時は多分十百子のシーンの積み重ねがあった上で臨んでいたので、確かに長丁場のシーンではあったのですが、辛いっていう印象はあんまり感じなかったです。なんか、むしろ憑き物がとれたみたいな気分で臨んでいたと思います。

演じずに素の自分をさらけ出す喜び

―― 斎藤監督から何らかの演技指導はあったのでしょうか?
中神円さん
監督からは“演技をするな”と言われました。頭で“こう動こう”とか“次の台詞でこっちに行こう”とかが全て(監督に)見透かされていて、だから何回もテイクを重ねているし、そもそもカメラを回すまでにテストを何回もやるんです。で、それを何度も繰り返して頭が真っ白になって、何も考えられなくなった状態でやっとOKがもらえるっていう感じでした。

―― それは大変でしたね、辛くありませんでしたか?
中神円さん
でも、長編映画できちんと役名をいただくのが初めてだったんで、そもそも映画ってこういうものなのかもしれないと思っていて、聞くところによると斎藤監督はすごく時間をかけるみたいなことは聞いていたんですけど(笑)。まだ映画についてよくわかっていなかったんで、言われた通りに演じていきました。

―― 短編へのご出演経験に比べて、長編との違いってだいぶ大きかったのでしょうか?
中神円さん
はい、全然違いました。短編の監督は森田監督だったのですが、森田監督の撮り方は(斎藤監督とは)真逆といったらいいのでしょうか。とにかくすぐにOKを出すというか、あまり役者に指示を出さずにOKを出す方針なんですね。“まあこれもOKだけど、もう1個何か違うパターンでやってみようか”っていう感じなので、“え?もう終わり?”みたいな感じで逆に少し心配になりました(笑)。

空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん

―― それぞれの監督の下でいろんな自分を表現できたのではないかと思いますが、改めて本作を振り返ってみていかがですか?
中神円さん
この映画に出たことは、自分のお芝居の中でも凄く大きかったと思っていて、誰かの役になりきるっていうのも大事なのかもしれないのですが、多分頭の中で考えたお芝居を観たいって思うお客さんはいないんだろうなって思って。人間の自然な状態だとかそういう機微をお客さんは求めていて、自分もやっぱりその演じる状態よりも自然の自分の思うままに動いた方が気持ちもいいんですよね。だから、斎藤監督には自然に演技をする、演じないっていうのをこの撮影期間で教えていてだいて、現場ですごく勉強させてもらったっていう印象です。

―― 今まで見たことのない自分を発見したということもありましたか?
中神円さん
あ、発見ありましたね。藤原さんとの濡れ場のシーンですが、あれは映像で確認するといつもびっくりします。
あのシーンの撮影が終わった後、物凄くスッキリしたんですよ。ほんとに憑き物とれたぐらい、あー何かスッキリしたって感じで。

―― やっぱり十百子はそこにいたんですね、そこまで一体になるものなんですね。
中神円さん
そうですね、自分も十百子もそこで何かが吹っ切れたんだなっていうのを感じます。
実は、そのシーンはテストもしていたんですけど、カメラを回してからは斎藤監督も1回で“ハッハッ”って“OK”って、1回で確か決まりましたね。

―― 撮影後も、たまに十百子は出てくるのでしょうか?
中神円さん
出てきますね、今でも(笑)。結構セリフを覚えていて、撮影したのが2年前なんですけど、たまに本が読みたくなって台本開いて見てみたり、手を洗っている時とかに、「病院・傷口・吊革・・」とか言ったり、ふと蛇口で手を洗っている時に言ってみたり(笑)。




”解放”と”絶望”十百子が辿り着いた境地

―― 殻に閉じこもった十百子の心ですが、その殻を破っていくわけです。なぜその殻は破れ、殻を破った十百子はどんな境地に立っていたのでしょうか?円さんが感じた十百子の気持ちを教えてください。
中神円さん
あの、、、やっぱり抑圧していたものが解かれて爆発したんだなって思っていて、夢鹿のセリフでも「あなたは(十百子は)男の人に触られたがっていた」っていうシーンがあったじゃないですか。それって十百子は否定していますけど、ある意味図星でもあると思うんです。変わりたいっていう気持ちは自分の中にあって、鏡一(役:藤原さん)とのことがきっかけで、それがもう抑圧していたものが解放されて・・・そして最後の(十百子の)あのセリフ、何かすごい難しくて、変わった自分に対する吹っ切れた気持ちもありつつも、ちょっとの絶望もありみたいな・・・

空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん

―― 絶望もあったんですね?自分が変わろうと思った理想像に近づいたのではなかった、こんなもんなんだみたいな?
中神円さん
はい、そうです、そうです。

―― 十百子は異性に対する理解を深め、ある意味ノンセクシャルから一人の女性の顔を持つに至ったように見えます。一方で夢鹿は殻を破りきることができなかったのでしょうか?
中神円さん
いや、見る人に委ねているので、そこは自由に見ていただけたら嬉しいんですけど。一つ心配なのが“レズビアンと言ったらこうあるべきだからこれはおかしい”みたいな見方をされるとちょっとショックだなと思って。それって、例えば観る方が当事者だったとして、そういう枠組みから自由になることを望んでいるはずなのに、それだと自分で足かせを作ってしまっているようにも感るので。好きだったら好きでいいじゃないですかって。そのセックスが嫌だったらそれはそれでもうよくて、こうだからこうじゃないとダメみたいなのはあんまり思って欲しくはなくて。
だからセクシャルマイノリティの人のための映画って言ってしまうと、その人たちのためだけになってしまうので、セクシャルマイノリティでもそうじゃなくても全員に分かってもらえる部分があればいいなって思っています。

空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん

―― 身近にいらっしゃる方々に対する見方や見られ方で変化はありましたか?
中神円さん
女子高に通っていたこともあったのかもしれないのですが、私、結構セクシャルマイノリティの友達が多くて、そういう友達が観てどう思うのかな?っていうのがすごく気になっていて。当然一般公開の前なので観に来てくれた友達は少ないですけど、東京フィルメックス(第19回特別招待作品に選出)での上映の際、親友が観に来てくれたんです。でも、やっぱり十百子としてじゃなくて友達がやっているのを観てる感じで、そこを切り離して観るのがどうしても難しかったそうです。

―― 荒井美早さん(脚本)が“人間だって心の中は雌雄同体かもしれない”っておっしゃっています。確かに頭では理解したつもりでも、実感として感じとることができません。その人たちの本当の悩みが心と体の両方の問題かもしれませんし、どちらか一方だけの悩みなのかもしれません。
中神円さん
自分が生きやすい方法を見つけるのが一番だと思うので、私も女性として生まれたので“女の子らしくしなくちゃいけない”って思っている部分があったのですが、例えばオシャレをしたりするのが好きですけど、たまにはサボりたいなって思う時があったりして。だから、今日は100%女の子として頑張ったから、明日はお化粧とかもしないで家でダラダラ50%ぐらい女の子の気分で過ごそうかな、みたいなのを自分の中で決めて。それって割とセクシャリティから解放される感じがしてすごく気分よく過ごせるんです。だから、女性だけど女性が好きだから“もう、これから一生女性を好きにならなきゃいけない”とかそういったことを考えずに“目の前にいる人が好きだから好き”っていうのに気付けたらいいなって思います。

空の瞳とカタツムリ 中神円 なかがみえん

―― その時々の現実と向き合って生きやすさを見つけることが大切なのですね。ところで、タイトルの“空の瞳”~ですが、カタツムリの眼が上から出ているのでそのイメージもあるし、大きな存在として“人間を俯瞰してみた時に”のような捉え方もあると思いますが、中神さんはどう捉えていらっしゃいますか?
中神円さん
私もこのタイトルの解釈ってすごく難しいなって思っていて、どちらかっていうと俯瞰してみた時の様子を思い浮かべていましたね。人間が頭で考えているよりもずっと上から見てみればちっぽけな問題なのかもしれないなとかも思っていました。

100人のうち一人でも必要としてくれる女優に

―― ところで、将来はどんな俳優さんになりたいと思っていらっしゃいますか?
中神円さん
それも難しいんですけど、自分にはこれができませんっていうのを極力言いたくなくて。だから必要とされれば何でもやりたいんですけど、この映画も私が女優としてやりたかったと思っていたことができた映画の一つだと思っています。100人にいいと思われなくても、100人のうちの一人が必要としてくれているものなら、そういう作品に出る女優でいたいと思います。

中神円 なかがみえん

―― 映画が今まで意識していなかった自分を引き出してくれるということですが、次は思い切ってアクションなどはいかがですか(笑)?
中神円さん
やりたいですけどね(笑)、踊ったりすのも結構好きなんです。阿波踊りは今年で20年目なんです。高円寺の阿波踊りで、グループに所属してずっと踊っているんです。阿波踊りの映画で『眉山』ってあったじゃないですか?ああいう感じで踊りで出たいなと思います、せっかくなので。

―― 最後になりますが、映画ファンにメッセージをお願いします!
中神円さん
観ていただいた方には、映画ログをはじめ是非ツイッターやインスタグラム、Filmarksとかで感想をいただきたいなと思っています。この映画って観る人によっていろんな捉え方がある映画だと思うので、どう思ったのかなどすごく知りたいですね。

中神円 なかがみえん

編集部より

理性の後先には感情とそのコントロールしかないのではないかと思うことがありますし、同様に、セクシュアリティにおける問題は、理性とは極めて対極的であろうと思います。また、それは感情面で自分を含めた人間を「好き」になること、好意を持つこと(またはその逆)が出発点になっている点で、男女を問わず万人共通の悩みの種ともいえるのではないでしょうか。
中神さんはこの作品を通して、素の自分と向き合って十百子を見つけ、そして夢鹿と出会うことになりました。ある意味、その時の“体験”によって、“目の前にいる人が好きという自分の気持ちに正直であればそれでいいんだ”というお話をしてくれたのだと思います。
中神さんの踊る“阿波踊り”是非見てみたいな!と思いました。これからの益々のご活躍を期待しています!!





■予告動画

■キャスト
縄田 かのん
中神 円
三浦 貴大
藤原 隆介
利重 剛
内田 春菊
クノ 真季子
柄本 明

■スタッフ
監督:斎藤久志
脚本:荒井美早
企画:荒井晴彦

■公式サイト
http://www.sorahito.net/

■コピーライト
(c)そらひとフィルムパートナーズ

2019年2月23日(土)池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…
  2. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運…
  3. 2019年2月15日公開 映画『半世界』 最新情報 【スペシャル】旦那の成功を縁の下で支えたい…
  4. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  5. 映画『まく子』
    映画『まく子』 2019年3月15日(金)公開 最新情報 ・3/22:原作者西加奈子さんが描く…
  6. 4月6日公開 映画『12か月の未来図』 ■作品紹介 パリ郊外。 移民、貧困、学力低下―。フラン…
  7. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る