原作者西加奈子さんが描く境界線がない世界への挑戦!『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

原作者西加奈子さんが描く境界線がない世界への挑戦!
大ヒット上映中『まく子』
鶴岡慧子監督インタビュー

「サラバ!」で第152回直木賞受賞した西加奈子さんの小説「まく子」は、累計55,000部の売り上げを記録している人気小説です。待望の映画化作品となった本作は、原作の世界観を忠実に再現しながら、個性豊かなキャラクターを俳優陣が見事に演じ、子供から大人までが存分に楽しめる作品となりました。

本作の監督・脚本を務めた鶴岡慧子監督に、西さんの原作から受け取った大切なことや俳優・スタッフと一丸となって作り上げた本作の見所などたっぷりとお話を伺いました。

西さんの描く境界線がない世界

―― まず、鶴岡監督が原作者・西加奈子さんの世界観を表現する上で意識したことを教えていただけますか。

鶴岡慧子監督
例えばドノ(役:村上純さん)といった面白いキャラクターは西さんならではです。
西さんの物語って、“子供のころ近くにいたちょっと不思議な存在”、ドノのような人たちを同じ地平に描き、虐(しいた)げない、そういう所は大事にしたいと思いました。
また、西さんの描く世界には、全てのキャラクターにボーダーや境界線がなく、それがあることを疑っている、そこが非常に面白く、凄いなと思うところです。そういうキャラクターが登場するシーンは気合が入りましたね。

―― 確かに(ドノのような人と)昔は意識することなく一緒に遊んでいた記憶もあるんですよね。でも今は、境界線を引いてしまっている、分けた環境になっている気がします。

鶴岡慧子監督
そうですよね、(西さんの)他の作品も結構そういうところはあると思います。
“分け隔てることを取り払うとどうなるのか?”常に考えている気がします。

―― 原作に対して読書ログ会員からは、「『サラバ』でも思った事なんですが、西加奈子さんは、激しい文章を書きますね。激しくて、生々しくて、心を真っ直ぐ打つ様な強さを感じます」という感想が寄せられています。“強さ”って監督も感じ取ったりされますか?

『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

鶴岡慧子監督
受けますね、非常に。私が西さんの作品で一番最初に読んだのが『漁港の肉子ちゃん』でした。肉子ちゃんは凄い強いですよ。肉子ちゃんの喋りが強いのかな。“!”がめっちゃ付くんですよ(笑)。それに比べたら『まく子』はもう少し落ち着いていますが、思春期の子供の体の変化を捉えるための言葉には非常に強度があると思います。

サトシ役を果敢に演じた山﨑光

映画『まく子』山﨑光 新音

―― 原作は誰もが経験する思春期の思い出を言葉にし、さらにサトシの感情として描いています。映画では山﨑君(サトシ役)が心の声を説明するわけではないですよね?

鶴岡慧子監督
そうなんですよ!

―― 彼はそれを演技や表情で表現しなければいけなかった。非常に難しい役だったと思うのですが。

鶴岡慧子監督
おっしゃる通りで、原作はサトシの一人称で書かれている為、物語をそのまま映画にするとただ黙って考えているようになってしまうので、そこは苦労しました。
でもはじめ苦労はしましたが、やっぱり映画は映画の描き方で、カメラという客観的な視点から物語を面白くするという発想でやらなくちゃいけないと割り切りました。だったらどういう物語、どういうサトシの成長譚にすればいいんだろう?って発想を変えて。だから映画と小説では当然描かれ方の違いがあると思います。

―― 台詞を追いかけていくと結構原作の表現が使われていて「あっ、このセリフ好き」って感じましたけど、全て入れるわけにはいかないですよね。

鶴岡慧子監督
そうなんですよ(笑)

『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

―― 非常に難しい作品への挑戦だったと思いますが、改めて山﨑君への演技指導について、現場での雰囲気作りも含めて振り返っていただけますでしょうか。

鶴岡慧子監督
現場に入る前に思春期特有の難しい部分、体の変化の部分はちゃんと話し合える雰囲気にしておきたいと思って、リハーサルで山﨑君を呼んで、演出部の男性とカメラマンと4人で密な話をしましたね(笑)。
一回そういう話ができるようにしておかないと、現場で突然監督が変なこと言い出した、となってしまうのはきっとよくないなって。「こちらは思春期のとても微妙なところを描きたい。だから君は自分の経験してきたこととしっかり向き合ったうえで、サトシを作ってね」と事前の段階でやりとりしました。

―― (山﨑君は)大人の中に入ってサトシを演じるわけで、凄いことですよね。

鶴岡慧子監督
凄いですよね、私だったら無理だなって(笑)。ずっとイライラし、自分自身を掴み切れないで困っている非常に厄介な役なので。そこを彼は果敢に演じてくれたと思います。

絶対に撮りたかったコズエ(新音)のシーン

映画『まく子』新音

―― 続いて、新音(にのん)さんですがまさにコズエだなと。ちょっとパンフレットを拝見したのですが、どう検索して新音さんを見つけたのでしょうか?(笑)

鶴岡慧子監督
片っ端から名前の知っている芸能事務所を検索したんですよ(笑)。タレント一覧で10代とか若手の方を探し、見つけたんです。
その写真が非常にいい写真で、その当時12歳、もうすぐ13歳みたいな頃で「おおっ!」と。夜中でしたけど速攻でプロデューサーに「この娘に会いたいです!」と連絡しました。
『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー
―― 新音さんの演技は非常に印象深く、その中でもお母さんとのお神輿のシーンが、原作でも印象的で本当に感動しました。あのシーンを振り返っていただけますか?

鶴岡慧子監督
あの現場を引っ張ってくれたのはコズエのお母さん役・つみきみほさんです。
あの日はエキストラさんもいっぱい入っていたし、神輿も担がないといけないし、スタッフもみんなイッパイイッパイ、ロケーション的にも時間がタイトだったんです。午前中の3時間くらいでお神輿のシーンを撮らなきゃいけないといった制約もあったので、もの凄い戦争のような現場で。そんな中、つみきさんは淡々と出番を待っていらっしゃって「つみきさん出番です、お願いします」となったら、あの叫びが出てきてもうみんなびっくり(笑)。
それに対し負けないように新音さんも声を張り上げてくれました。ただ、怒涛のような撮影で、周りのエキストラさんもこのシーンは一体なんだろう?と疑問に思いながらやっていたと思います。
脚本を描いていた時点で、私は原作のこの場面がすごく好きだったので、そのまま描いてはいたんです。でも、「じゃあ、一体この呼びかけ合いは何なの?」って突っ込まれたこともあったんです。何なの?とかじゃなくて、何か面白さがあるっていう確信が私の中にあったので「ここは絶対に撮りたいんです!」と言い張りました。
とは言え、私自身どうなるかよく分からない未知な部分もありましたが、つみきさんが答えを提示してくださったと思います。
「なんかよく分からないけど、グッとくるね!」って皆さん言ってくださるんです。

―― 狭い場所で、エキストラさんも沢山いて、そのギリギリにきっとスタッフの皆さんが構えていて…。

鶴岡慧子監督
エキストラの皆さんには、「とにかくつみきさんがすごく大きい声を出しているんですけど、気付かないでください」「気付かないフリをして、みなさんはお神輿だけを持っていてください。この二人は二人だけで呼び合っていて、サトシだけがそれに気づいている場面にしたいんです」と。

―― 撮り終わった瞬間にはガッツポーズされたのでは?(笑)

鶴岡慧子監督
何か、エネルギーがもたらされるシーンになったんじゃないかと思いつつも、その日の撮影はその後のお祭りシーンもすごくボリュームがあったので、切り替えないといけなくて(笑)。
編集の普嶋さんが、カットを細かくパッパッパッと編集してくださって。それを見た時に「ワッ、ちょっとイケたかもしれない!」っていう手応えがありました。

―― 原作ではコズエが日焼けしたり太ったり、サトシも体に変化があったりと読みながら変化を感じていくことができます。しかし、映画では彼らの体が突然変化することはないですよね。

鶴岡慧子監督
そうですよね。

―― その成長をどの様に表現すればよいのか、難しかったのではないでしょうか?

鶴岡慧子監督
観ていただくと、序盤のシーンではコズエがお母さんとすれ違う際にお互い目を合せていないんです。それが、後のお神輿のシーンでバシッと目を合せて振り返るんです。目を合せることで、この二人が地球に来て何かを受け取った、何らかの成果が表れた瞬間なんだというお芝居にしました。『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

―― 存分に伝わってきました!ネタバレになる場合は、あとで調整させていただきますね(笑)

鶴岡慧子監督
(笑)

不可欠だった草彅剛&須藤理彩

映画『まく子』草彅剛 須藤理沙

―― サトシの父を演じた草彅剛さんですが、原作でも映画でも大事なシーンがあると思います。おにぎりのシーンだったり、洗濯のシーンだったり…。草彅さんが作中で見せるギャップは凄みを感じました。

鶴岡慧子監督
現場では私も緊張してしまっていたのか、逆に“あまり構えないようにしよう” “いつも通りいつも通り”って言い聞かせていました。特別何か演出をしたかと言われるとそんなこともなく、本当にさらっと現場に入られて、さらっと撮って。
それが完成した映像を観て、時間が経った今、ジワジワと感じるのは、さらっとしたお芝居の中にも、見せる作為的に何かを伝えるお芝居が、なんてことなく出来る方というか。なんだかすごく偉そうなんですけど、お客さんに見せるためのお芝居、お客さんを楽しませるためのお芝居、だけどそこに全然いやらしさがない。その絶妙なバランス感覚を持たれている方だなと。凄い方とお仕事をさせてもらったなと改めて感じますね。

―― 以前、稲垣吾郎さんの記者会見を取材したときに、同じような感覚がありました。真面目な部分とユーモアを交える部分と、取材しているメディアも意識されている部分と、そのバランスが絶妙で“エンターテイナーだな!”と。想像より接しやすい方なのかなと感じたことがありました。

鶴岡慧子監督
草彅さんもそういうのはあると思います。親しみ易さをみんなに持ってもらうことをずっと大事にされてきているんだろうなって。
「全然遠慮しなくていいですよ」って別に言われてはいないけど、そういう感じで最初から接していただいていたように思います。

―― そしてお母さん役の須藤さんですが、この作品を見終わってからパンフレットで須藤さんの私生活のことを知りまして、作中の須藤さんの笑顔がさらに印象深いものになりました。

鶴岡慧子監督
本当にこのままです。須藤さんのようにこんなにキャリアが長くて、常に第一線でご活躍されているのに親しみやすさを持たれている女優さんってなかなかいないんじゃないかなと。実際に小学生のお子さんが二人いらっしゃって、子育てもされているのでご自身の母親の部分を持って、この役をやってくださっていたし、働くことにちゃんと責任を持ってお芝居をする姿勢も伝わってくるんです。だから、凄いリスペクトしていますね。カッコいいですよね。

―― 当然、作品と私生活は別世界なんだと思いますが、須藤さんの明るい演技はジーンとくるものがありました。

『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

鶴岡慧子監督
そうですね。なんだか(その須藤さんの)器の大きさみたいなものに非常に頼っちゃいましたね。「もう、そのまんまで大丈夫です」と。

―― やはりクライマックスのシーンについてお伺いしたいのですが、どんなシーンになるのかなって楽しみにしながら、小説とは違う感動があり、キャストの皆さんの表情からすごく元気と勇気をもらいました。あのシーンの作り方、あのシーンへの持っていき方は?

鶴岡慧子監督
ある意味ではあそこに焦点を絞って助走をつけていく、“大クライマックス!”シーンです。スタッフ一同、“このシーンをいいシーンにするために頑張ろうね“という気持ちがありました。結構制約も多かったので色々とアイディアを出しながら、脚色をしてあのシーンになっています。
私の狙いとしては、みんながある一つのものを見上げている画を撮りたい。それを見てみんなが何かを受け取っていく場面にしたいなと思って。それはさっき触れた西さんがみんなを同じ地平で描くところにも通じるんじゃないかなと。みんなが同じ地面の上に立って、ある現象を見つめる、それを共有する。それをしっかり撮れれば自ずといいシーンになるんじゃないかなと思いました。

原作ファン、映画ファンにメッセージ

『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー
―― 最後に原作を読んでいる読者と、映画からまず観てみたいと思っている映画ファンにメッセージをいただけますか。まずは、読者から。

鶴岡慧子監督
読まれた方は、“このシーンどうなるんだろう?”と謎が多い原作だと思うんですよね。「よく映画化しようと思ったね」と言われるくらい。私はそこにあんまりハードルは感じなかったんですけど、割とチャレンジングな原作にトライしたらしいんですよ(笑)。

―― 原作に独特な世界観があり、かつ子役が主人公になるわけで、非常に高いハードルだったんじゃないかって私たちスタッフも話していたんです。

鶴岡慧子監督
周りのスタッフさん達が、それを成立させるためにすごく努力をしてくださった結果です。確かに今子供の映画って撮りにくいのかもしれないんですよ。ただ、そこは「伸び伸びやっていいよ」って言ってくださって。本当に私がやりたいように作らせてもらいました。なので、西さんの原作は原作として愛してくださって、映画は映画で違う感じ方で楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

―― ありがとうございます。それでは最後にまだ原作を読んでいない映画ファンにメッセージをお願いします。

鶴岡慧子監督
今まであまり見たことがないお話だから、驚くところはビックリしていただいて。是非、映画を観ていただいた後には原作を読んでいただきたいですね。原作は宝物にしたい言葉がいっぱい詰まっているので経験してほしいです。
まとめると、「是非、映画を観ていただいて、その後に原作を読んでいただくという手もあります、よ」(笑)。

『まく子』鶴岡慧子監督インタビュー

映画『まく子』は、大ヒット上映中!

<編集部より>

皆さんは、思春期に訪れた体の変化に対する戸惑いを覚えていますか?
原作者西加奈子さんは、あまり意識が及ばない日常を丁寧に描くことで、私たちの世界を広げ、あり得ないような現象との境界を薄め、不思議なのにとても居心地のよい世界へ読者を導いてくれます。
ただし、その居心地の良さは読者の「想像」があるからこそ成立するとも捉えることができ、映像として観客に伝える映画で表現することは簡単なことではありません。その難しい取り組みに対して鶴岡監督が出した答えは、「信頼のおけるキャストとスタッフに伸び伸びと挑戦してもらうこと」だったのではないでしょうか。
映画『まく子』には、鶴岡慧子監督はじめ、山﨑光さん、新音さん、須藤理彩さん、草彅剛さん、そしてスタッフの皆さんの「挑戦」が詰まっています。
是非、映画館でそれぞれの「挑戦」を受け取ってください!!

鶴岡慧子プロフィール

1988 年長野県生まれ。立教大学の卒業制作である長編第 1 作『くじらのまち』(12 年)が国内外で高い評価を受け、大学卒業後は東京藝術大学院に進み、黒沢清監督に師事。






映画『まく子』
公式サイト:http://makuko-movie.jp/
出演:山﨑 光、新音、須藤理彩/草彅 剛
原作:「まく子」西加奈子(福音館書店 刊)
監督・脚本:鶴岡慧子
主題歌:高橋 優「若気の至り」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

【予告動画】

【出演】
山﨑 光、新音、須藤理彩/草彅 剛

【監督・脚本】
鶴岡慧子
1988 年長野県生まれ。立教大学の卒業制作である長編第 1 作『くじらのまち』(12 年)が国内外で高い評価を受け、大学卒業後は東京藝術大学院に進み、黒沢清監督に師事。

【原作】
「まく子」

西加奈子/まく子 福音館の単行本シリーズ

【劇場情報】
最新の上映館情報は、まく子HP|劇場情報にてご確認ください。


関連記事

コメントは利用できません。

『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 4月19日公開 映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』 ■イントロダクション…
  2. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…
  3. 映画 12か月の未来図
    4月6日公開 映画『12か月の未来図』 最新情報 【来日インタビュー】4月5日配信:自由に感…
  4. 4月19日公開 映画『ある少年の告白』 ■作品紹介 僕は僕でしかいられない――。 NYタイ…
  5. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  6. 映画『チア男子!!』
    ■ ニュース ・映画『チア男子!!』横浜流星がチアリーディングに体当たりで初挑戦!!予告編動画解禁…
  7. 4月12日公開 映画『ハンターキラー 潜航せよ』 ■イントロダクション 潜水艦アクション大作、…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る