『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督,写真

俳人・住宅顕信の世界に触れる
映画『ずぶぬれて犬ころ』
本田孝義監督インタビュー

岡山に生まれ25歳の若さでこの世を去った俳人・住宅顕信。
5・7・5の字数にとらわれない自由律俳句を詠み、生涯に残した俳句はわずか281句。22歳の時に得度し浄土真宗本願寺派の僧侶となった。空前の俳句ブームと言われる現在、その死後に日常をテーマとした俳句と生き様が脚光を浴びている。

その俳句と共にいきた稀有な人生を、生きづらさを感じながら生きる現代の中学生と重ね合わせて描いた『ずぶぬれて犬ころ』。
6月1日(土)から渋谷・ユーロスペースにて公開ほか全国順次公開(5月17日~23日 岡山・シネマ・クレールにて先行公開)となる本作について、本田孝義監督にお話を伺いました。

―― 住宅顕信さんが亡くなってから時も経ちましたが、古さを感じません。

本田監督:そうですね、今年でちょうど33回忌だったんですが32年前です。

―― 本作ではいじめにあっている少年も登場します。今、なぜ顕信さんでありこの少年が登場するのか、その構想やいきさつについて教えていただけますか?

本田監督:ドキュメンタリー映画の仕事で監督をしてきたのですが、ちょうど5年ぐらい前の45歳の時に、諸事情で仕事がうまくいかなくなって、かなり精神的に追い詰められ、映像の仕事を辞めようかなと思った時期があったんです。
本田監督,写真
15~6年前の2002年の頃に、いっとき顕信さんの俳句がブームになったことがあって、僕もその時初めて知って俳句とかも読んでいたんです。でも、その時はそれで終わっていたのですが、今言いました5年ぐらい前の精神的にきつかった時に今回映画のタイトルにもなっている「ずぶぬれて犬ころ」っていう顕信さんの句が僕の中で甦ってきたんです。

その理由は分からないのですが、夜、ボーッとベランダで外を眺めていた時にその句が蘇ってきたんです。顕信さんがずぶぬれた犬ころを実際どこで見たのかは分かりませんが、自分の姿を重ねている句だと思うんですね。白血病で入院していましたから、自虐的な句だと思うのですが、要するに雨でずぶぬれになった犬の姿に自分の姿を仮託している句だと思うんです。

その句がたまたま僕の中に蘇ってきた時に、うまく言えないのですが「ボロボロになってもいいから、もう少し頑張ってみれば?」と言ったら変ですけど、そういう風に受け止めたんです。僕もずぶぬれた犬ころのように精神的にかなり厳しくなっていた時に、自分の姿を重ねたんだと思うんですけど、雨でずぶぬれになった犬が僕みたいだなって。顕信さんの白血病と比べてしまえば、命が左右される世界ではないので、笑われるような世界ですけど、その句が甦ってきた時にもう少し頑張ってみようという風に自分の中で思えたということがあって。
住宅顕信,画像
それで10数年前に読んでいた顕信さんの句が気になりだして、もう1回そこから住宅顕信ってどういう人だったのかというのを調べ始めたのが今回映画を作ろうと思ったきっかけです。

―― 監督自身の当時おかれた境遇と顕信さんの思いがオーバーラップしているのですね。

本田監督:そうですね、僕の中では。

それと、僕も顕信さんも岡山出身なので、そういうシンパシーみたいなものは感じるんです。年齢的には顕信さんは僕より少し上なんですけど、顕信さんが亡くなった1987年当時、高校生だった僕は顕信さんが入院していた病院の周辺を自転車で通っていたりしていたんです。それは後で調べて分かったことですが、そういう自分が知っている世界で生きていた人だってことを含めて興味を持ったことが大きかったです。

あともう一つ少年の話ですね、あの設定を考えたのは脚本家の山口文子(やまぐちあやこ)さんです。明彦,写真
僕自身は最初、住宅顕信さんの伝記映画を作ろうと思っていたんです。ちょっと話が長くなるのですが、僕はずっとドキュメンタリー映画を撮っているのですが、実は学生時代は劇映画を撮っていたこともあるんです。その時に脚本が書けなくて挫折したことがドキュメンタリーを撮るきっかけになりました。脚本は自分じゃ書けないのではないかって思っていたんです。

原作になったノンフィクションはあるんですけど、顕信さんの表年と言いますか。それをどう物語化するのか?という部分では、自分で脚本を描く自信がなかったんです。2013年に別の映画なのですが僕がプロデューサーとして関わっていたオムニバス映画があって、その中の1本を山口さんが脚本家として担当していたので面識はあったんです。

山口さんとはFacebookでもつながっていたのですが、“今度短歌集を出します。”と投稿されていて、彼女が短歌を詠むって知らなかったのでビックリしたんです。短歌と俳句は違いますけど、俳人のことを映画にしたいってことを彼女に伝えて、会って、それこそ顕信さんの句集や伝記も渡したりして。そしたら彼女が興味を持ってくれて、正式に彼女に脚本をお願いすることになったんです。本田監督,写真
脚本を書く前の大きな柱(プロット)ですね、どういう流れの物語にしていくのかについて山口さんと話をした時に、「本田(監督)さんは何で顕信さんを映画にしたいんですか?」ということを尋ねられて、先ほど言ったような話をしたんです。その2日後ぐらいに“いじめられている少年が顕信さんのことを知る”っていうプロットが彼女からあがってきたんです。最初僕は顕信さんの伝記にしたかったんですが、すごく戸惑って“これはどういうことで、どうしたらいいんだろう?”って2日間ぐらい凄く悩みました。最終的には“顕信さんの句が現在においてどういう風に読まれるのか?”って観点でいくっていうのは、それはそれで面白いんじゃないかって思って。一か八かの賭けではあったんですけど、そのプロットでGO!を出したんです。それが、いじめられている少年が顕信のことを知っていくという内容が誕生した経緯になります。

―― ご縁も感じる経緯があるのですね。

本田監督:それが共同でやるところの面白さなんですけど、最初はビックリしました。

―― 映画を観て、この少年が顕信と被ってくる感じがします。顕信のストーリーは中学を卒業する辺りから始まりますが、その中学時代はあまり語られていません。となると、中学生として悩みを抱えた少年は、顕信の中学時代のようにも見えるんです。そこに狙いはあったのでしょうか?

本田監督:いや、そこは特に考えていなかったですね。

―― そうだったんですね、では少し切り口を変えた感想をお伝えさせて下さい。顕信さんはずっと死と向き合ってきたわけで、そこで感じた孤独感や絶望感は、ひょっとしていじめを受けている少年にとっての気持ちや境遇と似ているのではないでしょうか。
少年が最後の決断・決意に至るまでの間、少年は顕信さんの受け止め方と自分の受け止め方との間のどこに隔たりがあるのか?そう考えていたのではないか。殴られ、蹴とばされながらも耐え忍んでいる少年の顔はそういう風に見えてきます。彼は顕信さんを自分の中で確実に消化していったと感じました。

本田監督:脚本の中で山口さんにはそうしてくれとは言っていないんですけど、そう思っていただけると有難いですね。

2002年に顕信さんがブームになった時の一番最初のきっかけは精神科医の香山リカさんで、香山さんが顕信さんを書いた本を出したことがきっかけなんです。(顕信さんは)俳句の世界では知る人ぞ知る存在なんですけど、俳句を知らない人にとっては全然知らない存在だったんです。香山さんはたまたまネットかなんかで顕信さんの句を見つけて凄い衝撃を受けたらしいんです。香山さんは精神科医をやられていて若い人の生き辛さとかの相談を日常的に受けている方なので、そういうところと顕信さんの俳句が重なる世界があるんじゃないかってことを書かれているんですね。当時も若い人たちに物凄く顕信さんの句がビビットに響いたようで、今回映画の中でもそのようなことが反映しているんじゃないかなって気がしています。だから僕みたいに中年になってからはまる人の方がむしろ珍しくて、顕信さんの句って若い人にすごく響くことが多いようです。本田孝義監督,画像
「ずぶぬれて犬ころ」もそうなんですけど、映画の中では三十三句出てくるんですが、顕信さんの句って難しい言葉がないんですよね。分かりやすい言葉が多くて簡潔で難しい漢字とかもないし、俳句にはものによっては結構難しい言葉や言い回しが難しかったりといったことが結構あるんですけど、顕信さんに関しては凄く分かりやすい言葉が多いですね。だから中学生とかが読んでもスッと読めて分かりやすいと思いますよ。そういう句ではあると思うんですね。山口さんが書いてくれた脚本がそういった世界を創ってくれたというのは大きいと思います。

そして、劇中に出てくる三十三句も全部山口さんが選んでいるんです。僕はどの句を使ってくれとまでは指示していないんですよ。これは歌人のセンスに任せたというか、出来上がった脚本を見て絶妙な選び方をしていたので、さすがだなと思いました。

―― 「何もないポケットに手がある」という句があります。“ポケットにものがある”という感覚は自分以外の存在に気づく認識だと思いますが、‟手がある“とは自分の存在を再認識しているものだと思います。監督はどのように受け止めていらっしゃるのでしょうか?

本田監督:自分が生きている存在感みたいなものを少年が感じることができた気がするんですね。日々生きていて実感が持てなかったりとか、うまくいかなかったりとかいろんなことがあると思うんですけど、自分はやっぱり生きているんだって言うことが感じられることがあれば多分生きていけるんだなと、すごい簡潔な句なんだけどすごい力強い句なんだって僕は今思っています。

―― 今回の作品は観る人それぞれにとって受け止め方の幅が広くて、そういう意味ではとても面白い作品に仕上がっていますね?

本田監督:であればいいんですけどね

―― そうだと思いますよ!

本田監督:ちょうど今から公開が始まるけど、観に来てもらうにはどのぐらいそれが伝わるか、決して派手な映画じゃないので、その辺をどう伝えていくか、なかなか難しいと思っているんです。観てもらえば多分わかると思うんですけど、映画の場合は来てもらわないといけないので、来てもらうまでのところがどうなるかなって。

―― 監督から役者の方にディレクションとか指示されたことは?

本田監督:劇映画は初めてでしたからね。正直言って、やり始めて役者の演技に対して何がOKで何がNGかという判断軸みたいなものが僕の中では経験不足だったな、というのは物凄く感じています。ただキャスティングする時に、この人なら大丈夫だろうと、もちろんオーディションしたりして、この人だったら出来るんじゃないかってことで選んでいるので、逆に言うと、役者の人たちが見事にそれに応えてくれたという気がしますね。そういう意味では、撮影しながら演技に対してフラストレーションを感じるようなことはほぼほぼありませんでした。それよりも、もう少し粘ればもっといい演技を引き出せるのか、撮影時間がないので、そこでOKを出して終わりにするのか?というその辺の悩みでしたね。だから(演技が)外れているだろうということはありませんでしたね

少年の明彦役の森安君は撮影当時中学生なんですけど、そんなに経験がないのでこういう気持ちでやって欲しいってことは伝えました。顕信役の木口さんに関しては、気持ちの説明をすると、「分かってます」と言われることが多くて、もっと先にある表現まで考えて演じてくれました。本当にこの二人はよく答えてくれたと思います。顕信,画像
―― 危なっかしさとか、どこかで爆発しそうな雰囲気とか、顕信さんの持つ型破りな所を木口健太さんが見事に表現されていて、素晴らしい演技でした。

本田監督:そう思います。今年は彼が出演している映画が既に2本公開中なんです。

一つは、東京国際映画祭でも上映された『21世紀の女の子』というオムニバス映画で、『セフレとセックスレス』という短編に黒川芽以さんの相手役として出演されています。メガネをかけていて優しい男性。登場人物も女性が多い作品の中で、彼の作品は目立っていましたし、本作とはだいぶ違った彼の演技を楽しむことが出来る作品だと思います。

もう一つは、ユーロスペース他で上映されている『疑惑とダンス』です。本作と同じユーロスペースで上映がスタートした作品で、これもメチャクチャ面白い映画です。

だから今年は彼の出演作が続々と公開される1年です。

―― 森安奏太君が演じた明彦は、寡黙な少年でありつつ、彼なりの信念の強さがあり、ひょっとするとそれが顕信に繋がっているのではないかと感じました。

本田監督:彼は、子役で有名な芸能事務所・テアトルアカデミーの岡山校に所属していました。たまたま僕がこの映画の準備で岡山に帰っていた際に、岡山校の第1回目の舞台発表がありました。知り合いに誘われて見に行ったんですけど、彼が物凄く気になったんです。ちょうど本作の少年役を探していた時で「誰がこの役できるんだろう…」と漠然としていた時だったんです。舞台で森安君を凄く気に入って「彼がいい!」と。一応、オーディションはやったんですけど、やっぱり彼だと思って彼に決めました。明彦,画像
中学を卒業して去年の4月から上京し、本格的に俳優を目指して活動をしています。

―― これからの活躍が楽しみです。撮影場所は全部岡山で撮影されたのですか?

本田監督:はい、全部岡山です。

―― 岡山市奉還町のアーケードで撮影されていたようですが、カフェも奉還町に実在するカフェですよね?

本田監督:そう、一番端っこにあります。

―― 顕信さんも奉還町にはよく行かれていたのでしょうか?

本田監督:そうですね、原作によると彼は岡山駅の真ん前で仕事をしていたんです。自宅は結構遠かったんですけど、彼女とのデートを兼ねて歩いて通っていたらしいです。

本作のロケハンをしていた時に奉還町の商店街で喫茶店をずっと探していたんです。それは、顕信さんの伝記に顕信さんがクリームソーダが好きだと記されていて、クリームソーダを取り扱っている喫茶店を探していたんです。でも、新しい喫茶店にはなかなかなかったんです。古いレトロな喫茶店を探しても全然なくて、一番端っこの喫茶店のメニューを見たらついに。ここで撮影しようと決めました。

―― ひょっとしたらそこが舞台だったのかもしれませんね?

本田監督:そう、顕信さんが行ったかもしれない。そこは1974年ぐらいから営業していた喫茶店なんで「本当に来ていたかもしれないね」とマスターとも話しました。

―― 少年の最後の行動にハラハラしつつ、彼がお母さんにかける温かい言葉に凄く感動しました。一方、そこに至るまでのいじめが心に痛いし、刺さるし、辛くて。監督がドキュメンタリー出身でいじめの問題も取り扱っていて、こだわりがあったのかなとも感じました。

本田監督:いや、それは山口さんの脚本に書かれていたので。ただそれをどの程度やるかは撮影しながら悩みました。僕の中では「もう少しやってもよかったのかな」と思っていた部分もあるんです。それは、今いじめられている子たちは、もしかするともっと陰湿ないじめを受けているんじゃないかとか。あんなに分かりやすいあからさまないじめじゃなくてとか。その辺りは色々と悩みました。

―― 顕信さんの豊かな生き様と少年の気持ちの変化が伝わってきて、非常にいい映画だと感じました。最後に、顕信さんへの想いも含めて、映画ファンにメッセージをお願いします。

本田監督:作り手としては、住宅顕信という俳人がいたことを知って欲しい。さらに、顕信さんの俳句をぜひ読んで欲しいというのが一番です。

顕信さんの生き様、死に様を通して、今生きている人たちが何か感じ取り、自身がこれから生きていく糧みたいなものに繋がればいいなと思います。劇中の少年・明彦君のように。

それが僕がこの映画を作った意味と言いますか、それを感じてもらえれば創った甲斐があったんだと思います。

編集部より

いじめや不治の病は、自分の意思や力が到底届かない場所から、自分を精神的そして肉体的に追い詰めてくる。友人や家族の応援も空しく届かず、理不尽な力と自分自身との終わりなき孤独な会話が続くのだ。顕信さんの俳句に耳を澄ませば、モノや景色が語り出し、他人のような自分に気づく自分がいることに気づくはずだ。自分が自分でいられる私たちにとっても、その気づきや言葉や人生が染みんでくるのは何故だろう?それらの言葉の先にあるのは紛れもなく「共感」であり「絶望」ではないからだ。

32年の時を経てもなお、顕信さんは我々に寄り添ってくれています。映画では33の俳句も登場しますので、是非、劇場の座席にゆっくり座って顕信さんの世界に独り触れてみてはいかがでしょうか。

映画『ずぶぬれて犬ころ』は、
6月1日(土)より渋谷・ユーロスペースにてロードショー
(全国順次公開)

監督:本田孝義
1968年岡山市生まれ。1984年山陽町立高陽中学校卒業。1987年岡山県立岡山朝日高校卒業。1992年法政大学文学部日本文学科卒業。大学在学中から、自主映画の製作・上映を始める。大学卒業後、「小川紳介と小川プロダクション」の上映を手伝う。その後、テレビ番組の製作補などを経験した後、再び自主製作を開始。ドキュメンタリー映画の製作と並行して現代美術展でも映像作品を発表。主な作品に『科学者として』(1999年)、『ニュータウン物語』(2003年)、『船、山にのぼる』(2007年)、『モバイルハウスのつくりかた』(2011年)、『山陽西小学校ロック教室』(2013年・劇場未公開)がある。
本作『ずぶぬれて犬ころ』が初めての劇映画となる。

脚本:山口文子(あやこ)
脚本家、歌人。広告代理店勤務を経て、東京藝術大学大学院映画専攻脚本領域を修了。映画や企業PVの脚本・企画に参加。脚本にオムニバス映画『らもトリップ』(2012年)内『仔羊ドリー』、『ヒカリエイガ』(2013年)内『Make My Day』など。中学時代より短歌を始め、2015年歌集「その言葉は減価償却されました」(角川学芸出版)上梓。朝日新聞「あるきだす言葉たち」等に短歌を寄稿。「りとむ短歌会」所属。




■ 予告動画

■ストーリー
2017年、小堀明彦は中学校でいじめにあっていた。教頭の諸岡は、掃除用具に閉じ込められていた明彦を見つける。教室に落ちていた張り紙「予定は決定ではなく未定である」を書いたのは、住宅春美という、かつて諸岡が関わった生徒だったことを語り始める。
1980年前後、住宅春美が働いていた食堂で彼女を紹介されたこと、商店街で再会したこと、春美が得度し「顕信」という法名になり「無量寿庵」という仏間を作ったこと。そして25歳の若さで亡くなったこと。
小堀は、諸岡から借りた住宅顕信の句集「未完成」を読み始め、その俳句と住宅顕信の生涯に徐々にのめり込んでいく。1984年、22歳の住宅顕信は急性骨髄性白血病を発症。家族の献身的な介護に支えられながら、句作に没頭していく。しかし病状が悪化し句集「未完成」の原稿を握り締めながら1987年、25歳の若さで亡くなるのだった。小堀は住宅の句と生き方に感銘を受け少しずつ変わっていく……。

■ キャスト
木口健太(住宅顕信役)
森安奏太(小堀明彦役)
仁科貴(住宅勝元役)
八木景子(住宅恵美子役)
原田夏帆(住宅恵子役)
田中 美里(特別出演)(小堀茜役)

■ 公式サイト
http://zubuinu.com/index.html

■ コピーライト
© 戸山創作所

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

映画『ずぶぬれて犬ころ』,写真

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
0 コメント者数
サカキ 最近のコメント
新しい順 古い順
サカキ
サカキ

住宅君の映画を作成してくれて、有難うございます。
住宅顕信君は、私の小中学校(もしかしたら保育園も)の同級生で、中3の時には同じクラスだったと記憶しています。
当時ともに通っていた石井中学校は、大変荒れていましたが、
彼は、校内で暴れるわけではなく、口数が少なかったこと等を憶えています。

2018年秋に岡山で上映された時、本映画を見逃してしまいました。渋谷で上映されていることを
2019年6月9日の朝日新聞天声人語で知りました。見に行きたいと思います。

(追伸)私は、本田監督と同じ岡山朝日に行きましたが、住宅顕信君が普通の学校に通い、平凡な生活を送っていたら
あのような俳句は生まれなかったんじゃないか、学校教育って何だろうか等
と妄想することがあります。

0

注目映画

  1. カウントダウン,画像
    残りの寿命がわかる。信じるか信じないかはアナタ次第! カウント0を見届けた者はいない、世界一正確な…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 宇宙でいちばんあかるい屋根,画像
    懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語 一番短くて大切だった夏― 映画『宇宙でいちばん…
  4. 僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46
    叶えた夢、そして決断… 欅坂46、彼らの5年間の軌跡 『僕たちの嘘と真実 Documentary…
  5. 眠る虫,画像
    すべての痕跡は愛おしく、物語のいとなみはいつまでも続く 映画『眠る虫』 儚くも圧倒的な存在感を放…
  6. 僕の名はパリエルム・ペルマール,PARIYERUM PERUMAL
    ダリット(不可触民)出身監督が描く インド社会の暗部に迫る社会派ドラマ! 9月11日(金)よりキ…
  7. 事故物件,画像
    「恐すぎて部屋に入れない」読者が続出した ある芸人の実話を中田秀夫監督が衝撃の映画化 映画『事故…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る