映画『月極オトコトモダチ』

恋愛感情を飛び越えろ!
映画『月極オトコトモダチ』
徳永えりさん&穐山茉由監督インタビュー

昨年開催された「第31回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門に正式出品され、同年「MOOSIC LAB 2018」長編部門グランプリ・最優秀男優賞(橋本淳)・女優賞(徳永えり)・ミュージシャン賞(BOMIと入江陽)の4部門を受賞した話題作『月極オトコトモダチ』が、6月8日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほかにて全国順次公開となります。
アラサー女性編集者の望月那沙(通称・なさ)が、ひょんなことから出会ったレンタル“オトコトモダチ”を通じて、人類の永遠のテーマに挑む悩める大人に捧げる等身大ラブコメディです。
今回は本作の公開を記念し、主人公の那沙を感情豊かに演じてくださった徳永えりさんと穐山茉由監督に本作の見所を存分に語っていただきました!

映画『月極オトコトモダチ』

主人公・望月那沙(通称・なさ)役の徳永えりさん

映画『月極オトコトモダチ』

穐山茉由監督

―――― 言葉や音楽、男女、友達、恋愛…。コミュニケーションを育む上でのキーワードが盛り沢山で、それが映画の中で交錯しているように感じました。まず、この物語の制作に至った動機をお聞かせください。

穐山茉由(あきやま まゆ)監督
元々はMOOSIC LAB(ムージック・ラボ)という音楽と映画とのコラボ映画祭のために作った映画です。実は、最初からレンタル友達と男女の友情はやってみたいテーマとしてありました。そこに音楽をどう融合していこうかと試行錯誤を重ねて出来たものです。
「友達」というキーワードから始まっていたのですが、そもそも私は友達をあまりうまく作れないタイプなんですよ。(笑)「友達」って特別なものに感じていて、言葉というかその定義…。知り合いから友達になるって一体何だろう?それって別に明確ではないので、その感じが凄く気になっていて、人が友達になっていく過程を描きたいなって思っていました。
それと同時期に「レンタル友達」の話題もネットニュースでみたんです。SNSで友達が沢山いることをアピールするために友達を借りるみたいな。そういうのがあるんだってことを知って、それも面白いなと。そこには人の欲望というか、何かがある気がしたので、それを一緒にしたら面白いなと思いました。加えて、同性同士というよりは、異性の友情という“謎”を投入したら、またそこに化学変化が起きるんじゃないかな、と。そこからスタートしました。

―――― (インタビュー前に行った撮影の印象から)監督ってユニークな方ですよね!?

徳永えりさん
伝わって良かった!言わずとも!(笑)

―――― やっぱり!徳永さんからみた穐山監督の印象として、撮影中やそれ以外の時も含めて、どんなイメージをもっていらっしゃいますか?

映画『月極オトコトモダチ』

徳永えりさん
お芝居に関しては、割と私たちがやりたいように演じさせてくれたんですけど、自分が描きたいものが凄く明確な場合は「ここのポイントだけはこう演じてください!」みたいな“こだわり”もある監督です。
それで、完成した映画を観た時にその“こだわり“が良いアクセントになっているんです。“監督が言っていたことは、こういうことだったんだ!”って。始めから分かっていたからこそ演出に加えて下さっていたんだなと思うと、凄いなぁって思いました。
私が演じた那沙(なさ)はあまり掴みどころがなくて、どうしたらいいんだろうなって少し悩んでいた時に、いいモデルがいたので…(監督をのぞき込んで)
監督なんですよ!(笑)那沙は監督だ!って気付いてからは、ずっと穐山さんを観ていました。(作品のアイデア自体)穐山さんの内面から出ているものだし、確かに似ているなあって。

―――― “良いアクセントになっている”のお話ですが、印象に残っているシーンを教えてください!

映画『月極オトコトモダチ』

徳永えりさん
最初に“おおっ!”って思ったのは、橋本淳(はしもと あつし)さん演じる柳瀬とのバーでの出会いのシーンです。
後輩のユリ(役:野崎智子さん)がバーから出て行ってしまって、那沙と柳瀬が二人きりになってしまった時、「同じタイミングでグラスを回してください」って言われたんです。監督なりの“こだわり”ですよね?

穐山茉由監督
そうですね。あそこで初めて出会い、その後仲良くなっていく展開です。最初に出会った時に“この人と気が合いそうだな”と思う事ってあるじゃないですか?でも、それを映像に表現するのって凄く難しくて。取っ掛かりというか“ちょっと気が合うとか、波長が合う”みたいなことを表現したいなと思って、小ネタとして。

徳永えりさん
なるほど。そういう事とかです!(笑)

―――― 柳瀬は女性の目線から見た男性像である様に感じました。柳瀬の気持ちが那沙からすると見えない、じれったい、男性の気持ちが分からない、どうしたらいいだろう、というように見えました。

映画『月極オトコトモダチ』

穐山茉由監督
確かに、職業的にも柳瀬というキャラクターは女性のかゆい所に手が届く存在です。というか、柳瀬にはそれを言い訳に、ちょっと気の利く男子キャラをやって欲しいなって思っていたし、そういう投影ももちろんしています。もちろん他の雇い主だとしたら、きっと直球でそのキャラを求めるだろうという目線ではいましたので、女子がさりげなく喜ぶようなことをスマートにする、そういう希望は託しました!(笑)

―――― 女性が喜ぶような男性キャラが相手ということは、徳永さんは演技し易かったのではないでしょうか?

映画『月極オトコトモダチ』

徳永えりさん
柳瀬もそうですし、演じている橋本さん自体もとても柳瀬に似ていると思います。一見何を考えているか分からない、ミステリアス、でも何故かふと女性が喜びそうなことをする、言う、っていう方なんです(笑)。ごく自然で橋本さんというより柳瀬、みたいな。
橋本さんもスタイル的には受け身が上手な方だし、一方の那沙は起伏が激しいとうか、うねりが沢山あるので、それを動じずに受け止めてくれる柳瀬っていうのは確かに居心地は良かっただろうし、発展していってしまうなって。きっと、お客さんが観ていてもそう思えるのかな、と。これは橋本さんありきですし、柳瀬という男性は凄いなぁと思います。

映画『月極オトコトモダチ』

―――― 那沙がとある儀式をするシーンの後、彼が自分自身のことを打ち明けてくれるシーンでは、女性が求める“キュン”となるポイントってこういうことなんだ!と気付かせてくれたようにも思えました。私にだけ話してくれたとか、そういう事を女性は求めているんだなって。

徳永えりさん
柳瀬の沼にハマるんですよ(笑)。ちょっと特別感を出すから。その時も「こんなこと言ったの初めてだ」とか。そういうスペシャル感を出されると、ねえ…(笑)。
何気ないひと言が割とグッとくるから…。

穐山茉由監督
そういう目線で観ていただくのも新しいかもしれないですね。
自分で言われたいというか、柳瀬にこうされたら嬉しいだろうなっていう自分の実感を一部投影しているんです。

徳永えりさん
じゃあ、やっぱり(穐山さんは)那沙だ!!やっぱりそうだ!!!(笑)

穐山茉由監督
まあまあ、そぉなんですけど(笑)。
一応、立場になって考えた時に、そこで心が動いて欲しかったので、それには自分の実感の方が落とし込みやすいというのもあって…。

―――― ストーリーにもありましたが、穐山監督はお付き合いされている方の携帯をこそっと覗き見しちゃう方ですか??(笑)

徳永えりさん
(劇中の)那沙はロックを解除するのが上手なんですよ。あれはどこまで??

穐山茉由監督
別にそんな…。携帯を絶対に見たいタイプじゃないんですよ…(苦笑)

徳永えりさん
あの儀式のシーンは、私のエキスをちょいちょい入れていらっしゃいますよね?
例えば、私が“ハロプロ”が凄く好きなので、いつの間にか那沙も“ハロプロオタク”という設定になっていました。

穐山茉由監督

映画『月極オトコトモダチ』

その辺は二人をキャスティングしてから、シナリオを寄せています。
徳永さんと橋本さんをイメージして、決めたものを演じてもらうというよりは寄せ合いながらやっていました。例えば、この二人の身長差も活かしたいと思い、柳瀬は背が高いので給水塔に似ているねって、那沙は小さいから大きいものが好きなんだねって。

徳永えりさん
確かに、確かに!

―――― 最後のシーンですが、意外と男性には理解しにくい女性の心理なのかなとも思いましたが、とても印象に残ります。ラストに込めた想いを教えてください。

徳永えりさん
私も聞きたい!あれをどう解釈したらいいんですか?

映画『月極オトコトモダチ』

穐山茉由監督
そうですよね。あそこがめちゃくちゃモヤモヤする人と、スッキリする人と、人によって本当に分かれるんです。私の気持ちとしては、キャッチコピーに「恋愛感情を飛び越えろ。」と書いているんですけど、那沙は自分でコントロールできない恋愛感情、降ってきてしまうような感じの感情と闘っている人だと思っています。そこの先にある恋人とか友達とか既に括られている言葉じゃなくて、二人だからこその新しい別の関係性みたいなものを目指していっている人っていう風なラストにしたかったんです。完全に着地しているというよりは、そこを目がけている人。もしかしたら柳瀬はちょっと置いてかれているかもしれないですけど。
そういう、先に希望のある感じに終わりたいなと思っていて。だから、あの辺りの台詞は割と早いうちに決めていました。色々質問を受け、スタッフ内でも議論になりましたが、私は譲れなかった部分です。

―――― スッキリしました!
ところで“男女の友情”って言った瞬間に“恋愛関係の反対”って考えてしまいがちです。だけど、自分にとっての友情はこうだと定義してしまえば、その人にとっての友情とはその定義に則ったものになるって思うんです。
徳永さんにとって友情とは、愛情とは何かお聞かせください。

映画『月極オトコトモダチ』

徳永えりさん
友情…。
それこそ那沙と柳瀬の二人が男女間の友情を試す実験をしていましたけど、私は実験を全部したとしても本人たちが友達だと思えば、それは友達だと思うタイプです。本人たち次第…。愛情も全部込みですね。
本編にもある通り、どちらかが恋愛感情を抱いたらそれは何かしらの答えを出さないといけないと思います。でも、例えば、キスという行為があっても、お互いが友達としてそのまま付き合えるならそれは友達だと思うので、その定義は凄く難しいですね。傍から見たら友達って言えないじゃん、ってなるかもしれないけど、本人達がいいなら私は友達と言えると思ってしまうんです。

映画『月極オトコトモダチ』

―――― まさにラストに繋がるようなお考えかもしれないですね、ありがとうございます。
監督はいかがですか?

映画『月極オトコトモダチ』

穐山茉由監督
「友達」も「恋人」も、本当はボーダーラインがはっきりしない。
人としての好意とか、何かを一緒にしたいとか、共感するものを一緒に持ちたいとか、色々とあると思うんですけど、そういう人ってどうしても恋愛対象になってしまう。だけど、それだけじゃない、恋愛感情に支配されない関係みたいなのもきっとあって。決められたものに対する疑問というか、そういうものがあると思うんです。
ボーダーラインを崩したいというか、ボーダーラインを行ったり来たりするのが好きなんです。それを映画作りで表現したい。私自身も全然分からないから、作りながら探しているし、決めつけ過ぎない方が色んな可能性があって、色気があっていいなって。
二人の最後も色気を残したかったんです。ハッキリさせ過ぎちゃうと、なんだか素っ気ないじゃないですか。物語にするためにはちょっとドキッとするものが欲しい…。それは多分人生においてもそうだと思うので、そういうエッセンスはあった方がいいと思っています。

―――― このキャッチコピーの通りなんですね。友達と恋愛と言ったところで一般論なので、この二人だけの世界で特別な関係なんだ、と。言葉にとらわれない、支配されないみたいなところなんですね。
最後に映画ファンへのメッセージをお願いします。

映画『月極オトコトモダチ』

徳永えりさん
本当に受け取り方によって全く答えが違うことが、凄く面白いと思うんです。是非、観ていただいてから“あーだ、こーだ”と議論していただいて、感じたことを共有してみて欲しいなと思います。面白いと思っていただければ、それを周りに伝えていってもらえれば嬉しいです。
こんなに反応が楽しみな映画は中々ないので、私自身も凄く楽しみです。

穐山茉由監督
観ていただいた方からの反応を通じて、こんなに人それぞれ違う反応が来るんだという発見をしました。それって人間関係と一緒で、いろんな面を持っているというか、人それぞれ作品に対する見方が違う。元々そういうものを創りたいと思ったんだけど、この作品が色んな形で成長していっているというのが面白いと思っています。
面白いと感じる部分もあるでしょうし、疑問に感じたり、モヤモヤしたり、共感したりとか、色んな感じ方があると思います。是非この映画を体験し、楽しんでもらえたらいいなと思います。

映画『月極オトコトモダチ』

『月極オトコトモダチ』は、6 月 8 日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、
イオンシネマ板橋ほかにて全国順次公開

徳永えり(とくなが・えり)さんプロフィール

映画『月極オトコトモダチ』望月那沙(もちづき・なさ)役
1988年生まれ、大阪府出身。
ファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活躍した後、2004年に女優デビュー。以後、映画、ドラマ、舞台と数々の作品に出演する。『春との旅』(2010)では、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞と日本映画批評家大賞新人女優賞を受賞。主なドラマ出演作品にNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」「わろてんか」、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)、連続ドラマ初主演となった「恋のツキ」(テレビ東京系)、「フ ルーツ宅配便」(テレビ東京)ほか多数。30歳を迎え、一気に露出が増えた大注目の実力派女優。7月から放送が始まる「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系)にもレギュラー出演する。

穐山茉由(あきやま・まゆ)監督プロフィール

1982年生まれ。東京都出身。
ファッション業界で会社員として働きながら、30代はやりたいことやろうと思い立ち映画美学校で映画制作を学ぶ。監督作『ギャルソンヌ -2 つの性を持つ女-』が第11回田辺・弁慶映画祭2017入選。本作が長編デビュー作品となる。

予告動画

配給:SPOTTED PRODUCTIONS
©2019「月極オトコトモダチ」製作委員会
キャスト:
徳永えり 橋本 淳
芦那すみれ 野崎智子 師岡広明 三森麻美 山田佳奈

監督・脚本:
穐山茉由

音楽:
入江陽
劇中歌・主題歌:
BOMI

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 9月13日公開 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』 ■イントロダクション 小栗旬・主演×宮沢…
  2. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  5. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  6. 蜜蜂と遠雷,画像
    10月4日公開 映画『蜜蜂と遠雷』 ■イントロダクション 史上初の直木賞&本屋大賞W受賞の“映像…
  7. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…

Facebook





ページ上部へ戻る