映画『ある町の高い煙突』ヒロイン・千穂役 小島梨里杏さんインタビュー「持ち前の明るさを大事にしました」

映画『ある町の高い煙突』千穂役・小島梨里杏

映画『ある町の高い煙突』
ヒロイン・千穂役
小島梨里杏さんインタビュー
「持ち前の明るさを大事にしました」

6月22日(土)から全国ロードショーとなる映画『ある町の高い煙突』。本作は、『八甲田山』『劒岳 点の記』の原作で知られる昭和の文豪・新田次郎が〈日立鉱山〉の奇跡を描いた同名小説を映画化。
若くして煙害対策の責任者に就任し、企業側との交渉に当たる主人公・関根三郎役を井出麻渡さん、日立鉱山の庶務係で住民側との交渉役を務める加屋淳平役を渡辺大さんが演じます。さらに、仲代達矢さん、吉川晃司さんをはじめ、日本のエンターテイメントを支える実力派俳優が集結しました。
今回は、本作の公開を記念し、加屋の妹で三郎と淡い恋に落ちるヒロイン・加屋千穂役を華麗に演じてくださった小島梨里杏(こじま・りりあ)さんに、演じるうえで心がけたことや、本作の見所、そして自身が追い求める俳優像などたっぷりとお話を伺いました。

映画『ある町の高い煙突』千穂役・小島梨里杏

ヒロイン千穂役・小島梨里杏さん

―――― 完成した映画を観て感想はいかがですか?

小島梨里杏さん
そうですね、撮影が去年の夏頃になるので、割と間(あいだ)が空いての完成であり公開となりました。ただ、私自身が出てくるシーンは限られていますので、出来上がった作品を観て、現場では知ることが出来なかった男たちの熱い生き様を、画面から凄く感じて「こんな映画になってたんだ!」そんな感想です。
一応、原作も台本も読んでいるので全体の流れは知っているのですが、あえて深く考えないようにしました。勿論、私が演じるところは考えているのですが、他の方が出られているところは私自身が知り過ぎてしまうことで、役としての「千穂(ちほ)」さんが気負いしてしまうことになりかねないので、しないようにってことで。
あくまで千穂はフラットに、ふらっと現れて三郎さんの癒しスポットみたいに、観て下さる皆さんにとってもそういう風に感じていただけると良いな、と思ってやっていました。初めての発見というか、知っていた筈なのに初めて観た映画みたいな感じでした。

―――― 関根三郎役を演じた井手麻渡(いであさと)さんの印象は映画を観ていかがでしたか?

小島梨里杏さん
千穂ちゃんに見せる三郎さんの顔じゃないものが沢山含まれていましたので、“あ、こういう顔してたんだ(笑)”みたいな感じです。

―――― 松村監督の印象はいかがですか?

小島梨里杏さん
そうですね、あまり厳しく何かを言われたということはなくて「もっとこういう風にして」とかいうのも特になく。

―――― 逆に難しかったのではないですか?

小島梨里杏さん
そうですね。逆に何もなくて「このままで良いんだ」っていう感じだったので、そうですね、逆に難しかったかもしれませんね。
監督に聞いてみると「大丈夫!」って感じで「あっ、このままで良いんだ」って。

―――― ところで、パッと小島さんが登場した時は、綺麗なそれなりの立場にいらっしゃるお嬢様に見えました。役がハマってらっしゃるので、この役柄と実際の小島さん、どのぐらい違うのか教えて下さい!

映画『ある町の高い煙突』

小島梨里杏さん
あ~、え~!都会に生まれ、都会に育ちみたいな生粋の東京っ子なんですよ。それを言うと皆さんは「お金持ちジャン!」とか「お嬢様だね!」って言うんですけど、自分ではそういう風に思ったことがなくて、別にそうでもないと思うし、性格的にはこういう感じの子ではないです。

―――― ところで、この熱いストーリーの中では、千穂と三郎の“淡い恋物語”はとても重要だと感じています。演技で一番力を入れたポイントを教えていただけますか?

小島梨里杏さん
そうですね、結構、持ち前の明るさっていうのを大事にしましたね。だって、あの出会いのシーンであんなに話かけられないじゃないですか、あのテンションで(笑)。本来であれば、もっとビクビクしちゃいますよね。「あの~」みたいな感じになっちゃうはずなのに、「ごきげんよう!」とか言っちゃう(笑)。良い意味で後先考えてないというか。
それと、(千穂は)行動にすぐ移せちゃう子なのかな、みたいなところでしょうか。大島櫻(オオシマザクラ)も、たぶん本当に見に行きたくて、本当に行こうと思っていたんですよね。口だけじゃない子だなっという印象はあって、持ち前の明るさと、気負ってない、そういうところが、井手さん演じる三郎さんの緊張の糸が解れる瞬間にベストなのかなと思って演じました。

―――― 千穂と三郎、この二人の“誠実さ”が対話を促すストーリーとシンクロしているような感じがします。千穂から見て、誠実だと思う三郎さんの姿ってどんなところでしょうか?

映画『ある町の高い煙突』

小島梨里杏さん
一つのことに没頭している姿とかですかね。頼まれたからと言って、中々ここまで頑張れないというか、結構逃げたくなるような状況下で、よく頑張ったなぁって思います。

―――― 話は少しそれますが、劇中、横向きに馬に乗ってらっしゃいましたが、怖くありませんでしたか?

小島梨里杏さん
最初はちょっと怖かったんです。話を聞いた時は、横乗りって聞いて「え、横乗り?」って(笑)ちゃんと乗ったこともないですし、どうやって乗るんだろう?みたいになって、本番前にリハーサルしたんですけど、思ってた以上に乗ってみると高いんですよね。傍から見てると、全然余裕に見えるんですけど、乗ってみたらもう高くて。結構高いところが苦手なので「コワッ」と思いながら(笑)。でも、本番までの時間がちょっとあったので、ジェニーちゃん(登場する馬の本名)と練習して、そしたら段々呼吸が分かってきて、どうやって出れば自分が怖くないのかも分かってきたので。あと、井手さんが馬を引いてくれていたので。井手さんはジェニーちゃんとのシーンも多かったし、触れ合っている時間が多い人が馬の前にいると考えたら、そこも安心でした。

―――― また、身に着けている当時の衣装が随分と似合ってらっしゃいましたが、この衣装についてはいかがですか?

小島梨里杏さん
可愛いな、と思いました。この時代だったとしても、まだ和装の方が多いのかな。ちょうど(和装と洋装の)両方が混ざってきた辺りの時代だと思うんです。
時代劇だと和装を着る機会の方が多い気がしますし、このデザインは中々なかったので。
あと、思っていた以上に鮮やかで、衣装からして紅一点感を引き立ててくれるような、衣装に手助けされる感じはありましたね。

―――― 撮影は、現地(日立)に行かれたんですよね?短い撮影だったと思いますが、何か印象はありますか?

小島梨里杏さん
印象に残ってるのはヘアメイクと衣装を着替えるためにお借りしていたお家だと思うんですけど、おじいちゃんとおばあちゃんが住んでいて、その場所はたまにお貸しするみたいで、他の方のサインとかもあったかな。
そこのおじいちゃんとおばあちゃんに癒やされてました(笑)。短かったですけれど、待ち時間とかに。

―――― 煙突ですが、少し崩れてはいましたけれど残っていましたね、行かれてみてどうですか?ここでこんな事があったんだなぁとか、改めて大変な時代を越えてきたんだな、とか。

小島梨里杏さん
そうですね、なんか本当に、なんだろう。現代に起きてることでも知らないことって数多くあると思うんですが、未だにこの煙突を残してる意味ってある気がして、あの時に生きた方たちがいて、生きた証なんじゃないかなっていう風に思ってます。

―――― 現代でもマイクロプラスチックの問題などが取り上げられているわけですが、繰り返されるこうした環境問題について、お考えを聞かせて下さい。

小島梨里杏さん
当時も今でもそうだと思うんですけど、映画の中のように食物とか、木々だったりとかって、大切にすればする程、我が子のように思えてくるので、我が子が傷つけられたみたいな気持ちになっていくんだと思います。
しかも、それで生計を養っている時代でもあって、当然今でもいらっしゃるんですけど、他にやれる事が今より限られている中で、そういうものを奪われるということは、どれだけ酷い(むごい)ことだったのかって思います。
それで言うと現代では、置き換えられるものは沢山あって、この作品を観て、当時を知って、こういう人が居たんだっていう事実を知ると共に、現代にも通じるものが絶対にあるので、そこは逃さないで見て欲しいなって思いますね。
現在で言うと、技術が進んでいく一方で、人間への害もあると思います。果たして電子化が全て良いのかとか、でも木を切り出さないことは良いことなんだろうみたいな。
いろんな良いものには同時に悪いものが付いていて、そういう二面性みたいなのがあるから、どっちが良いとか一概には言えないと思います。
この2人の関係性もどっちが悪いとか言えないじゃないですか。そこのせめぎ合いみたいなものは、どうしても生きていく中ではずっと抱えざるを得なくて、もがきながらもより良い方を取って生きていくしかないなっていう感じではありますけれど、それを知るってことだったり、向き合うことだけでも、少しは変わっていくのかなっていう風に思いました。

―――― 劇中も登場人物が衝突していました。うまく解決する方法って中々ないものですよね。そんな中“だけど、やらなきゃいけない”っていう勇気って、どこから湧いてくるものなのでしょうか?

小島梨里杏さん
守りたいものみたいなのがやっぱり、それぞれあるんだなって思いましたね。プライドとか誇りとか、もちろんだと思うんですけど、村の人たちも生計を立てるためにというのは、つまりは家族のためであってとか、皆が人のため、自分のためだけじゃないなってのを感じますね。

―――― 確かにその通りですよね、ありがとうございます!
ところで、演じ手としてはどのシーンが印象に残りましたか?

小島梨里杏さん
演じ手としてだったら、浜辺のシーンが一番ですね。
あとは、千穂を思ってお兄ちゃんと三郎さんが空を見上げてるシーンですね。あのシーンは、嬉しかったです。千穂として、思ってもらっているっていう点で。

―――― 唐突ですが、三郎さんみたいな「誠実な」男性は、女性からするとやっぱり好意を抱くものでしょうか?

小島梨里杏さん
どうなんですかね(笑)

映画『ある町の高い煙突』千穂役・小島梨里杏

―――― アレレ?では、どんなタイプの男性がいいな、と思われますか?

小島梨里杏さん
誠実さは大事ですよね。でも「誠実」ってその一言では片付けられないじゃないですか。誠実すぎてうまく伝わらないってこともあるかもしれないし、誠実すぎて苦しい、逆に安心するとかもあるかもしれないから、難しいです(笑)

―――― そこには勇気があったり、いろんな魅力的な側面を兼ね備えていてこその誠実かもしれないということですね。

小島梨里杏さん
相手が千穂ちゃんだったから良かった(笑)

―――― なるほど、三郎さんの印象は突っ込んでお聞きしましたけれども(笑)、かなりの名優さんたちが出演されている映画でもあります。皆さんの印象はいかがでしたか?

小島梨里杏さん
本当に皆さんこの時代に生きていたんじゃないかって思うぐらい、スクリーンで感じましたね。

―――― お兄さん(加屋淳平)役の渡辺大さんの印象はいかがでしたか?やっぱり、お兄さんみたいでしたか?

映画『ある町の高い煙突』

小島梨里杏さん
お兄さんでした(笑)。大さんは実のお兄さんじゃないんですけど、顔がなんか似てるなと思ってました。私と大さんの顔の系統が割と濃い目で、だから“この二人なんか信じれるね”みたいな(笑)。

―――― 確かに、庶民の味方感はずっと感じました(笑)吉川晃司さん(役:木原吉之助)はいかがですか?

映画『ある町の高い煙突』

小島梨里杏さん
スクリーンでは拝見したんですけど、吉川さんとはご一緒できなかったんです。吉川さんはダンディーで格好良い、そういうイメージが強くて、お芝居で拝見することがあんまりなかったので「こういうお芝居されるんだ」っていう感じでした。

―――― 仲代達也さん(役:関根兵馬)はご一緒のシーンはありませんでしたが?

映画『ある町の高い煙突』

小島梨里杏さん
一緒のシーンはなかったんですけど、同じ日に私も居て、その時には写真撮ったりしました!すごい優しい方でした。

―――― 話は飛んでしまいますが、目指そうと思う俳優さん、女優さんはいらっしゃいますか?

小島梨里杏さん
私はあんまりそういうのはなくて、好きな女優さんはいるんですけど、そこに向かって行きたいとは思っていないんです。

―――― 求める俳優像という意味ではいかがですか?

映画『ある町の高い煙突』千穂役・小島梨里杏

小島梨里杏さん
そうですね、信じてもらえる役者ですね。嘘がないというか、役どころにもよると思うし、作品のテイストにもよると思うんですけど、なんか土臭いというか、ちゃんと生きてるなって思ってもらえるような役者になりたいですね。

―――― 最後に、映画ファンへのメッセージを頂きたいと思いますが、まず茨城県の皆さんへ!

小島梨里杏さん
ハイ!まず、茨城県の皆さんに!(この実話を)知ってる方も知らない方も、たぶん沢山いらっしゃると思います。私も東京生まれですけれども東京のことを全て知ってるわけじゃないので、自分が生まれ育ったり、そこから離れたり、ずっとそこにいたりとか、いろいろあると思うんです。けど「すごいこと起きてたぞ!」っていうことは本当に知って頂きたいです。私もオーディションが来るまでこのお話を知らなかったので、そこで読ませて頂いてから知ることのできた物語でした。この物語に触れていなかったら、ここまで人と人との心の通い合いとか、ものの厚みだったりとかを知ることができなかったんじゃないかと思いますし、現代も昔も同じ人間だから“分かる、分かる”と思ってたんだけど、分からないものもあるなって感じました。観ないと分からないものも絶対あるので、是非観てほしいです。

―――― 小島さんのファンにも見て欲しいし、子どもたちにとってもすごく良い映画だと思います!ファンの方々へ一言お願いします!

映画『ある町の高い煙突』千穂役・小島梨里杏

小島梨里杏さん
はい、嬉しいです!今まで時代劇とかはやっていましたけど、こういった実話で、社会的と言えばいいのか、そういうジャンルの映画には出たことがなかったので、ファンの方にはそんな私のことも見て欲しいな、と思います。
それと、やっぱり作品を通して、千穂を演じることで感じたことなんですが、現代だったら(男女が)簡単に連絡が取り合えたり、昔よりは気軽に触れ合えたりとかしてると思うんですけど、それがこの時代だとできなくて、でも、そういうことによってより愛おしいものになったり、かけがいのない存在になったりとか、愛おしさが増すってこと、三郎さんが本当に千穂にとっても希望だったし、三郎さんにとってもきっと千穂は憩いの場みたいなものだったと思うんです。そういう、現代では見れないような、遠いからこその心の近さみたいなものを感じてもらえたら嬉しいなと思います。

―――― みんな三郎になりたがると思います(笑)

小島梨里杏さん
ぜひ観て下さいね!(大笑)

映画『ある町の高い煙突』千穂役・小島梨里杏

―――― ありがとうございました!!!

予告編動画

■キャスト
井手麻渡
渡辺大
小島梨里杏
吉川晃司
仲代達矢
大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則
螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

■劇場上映館

6月22日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
6月14日(金)先行公開

映画『ある町の高い煙突』

※各劇場の最新上映情報は公式HPをチェック

■原作
新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊)

企画協力:文藝春秋
ナレーション:阿川佐和子
エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江
脚本:渡辺善則
監督・脚本:松村克弥
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子
撮影:辻 智彦
照明:大久保礼司
美術:長谷川 功 飯塚優子
協力:映画「ある町の高い煙突」を応援する会 映画「ある町の高い煙突」製作委員会 日立市 茨城県 いばらきフィルムコミッション 吉田正記念オーケストラ
配給:エレファントハウス/Kムーブ
製作:Kムーブ
(C)2019 Kムーブ

2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch
takaientotsu.jp

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  2. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  3. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  4. 9月6日公開 映画『いなくなれ、群青』 ■作品紹介 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読…
  5. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  6. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  7. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る