映画『がっこうぐらし!』ブルーレイ・DVDリリース記念!ラストアイドル:阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央 【インタビュー】

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル

映画『がっこうぐらし!』ブルーレイ・DVDリリース記念!
ラストアイドル:阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さん
【インタビュー】

累計250万部突破の衝撃原作を実写映画化した映画『がっこうぐらし!。今年の1月に劇場上映された本作のメインキャストに選ばれたのが、秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」からオーディションにより選出された阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さんです。
今回は、7月3日(水)のブルーレイ・DVDリリースを記念し、“歩く芸術”が大きな話題となって人気沸騰中のラストアイドルの4人に、本作の撮影エピソードや映画同様に自身が乗り越えてきたことなど、ありのままの彼女たちを感じることが出来るようなお話をたっぷりと語っていただきました。

―― 色々なことが初めて尽くしだったと思います。初のゾンビ映画、4人が抜擢され初の共演。どんな気持ちでこの作品に挑んだのか教えてください。

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 清原梨央

清原梨央さん(役:直樹美紀)

清原梨央さん(役:直樹美紀)
実は、ホラーが本当に苦手で、お化け屋敷も入ったことがないんです。サバイバルホラー映画だから当然夜の学校で撮影するだろうなぁと思っていたので、撮影を無事終えられるのか、完成した作品を(そんな私が)観られるのかという不安がありました。
でも、アクションシーンなどは“かれら”役のアクション部の方々と一緒に協力しながら作れたので、最初は不安がありましたが、全然怖さを感じることなく挑めました。
ホラーは凄く苦手だけど、怖がりの見たがりなので『がっこうぐらし!』の怖さは自分にはちょうどいいホラー感です。

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 阿部奈々実

阿部菜々実さん(役:恵飛須沢胡桃)

阿部菜々実さん(役:恵飛須沢胡桃)
私は元々演技経験がなく、演技に対して苦手意識を持っていました。役に選ばれた時も不安しかなかったんですけど、監督や沢山のスタッフさんが、ずっと前から『がっこうぐらし!』の撮影のために準備してくださっていた。“私が今のままじゃダメだ!”と気持ちを切り替えて、期待を裏切らないように、自分が足を引っ張らないように頑張ろうという想いで挑みました。

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 長月翠

長月翠さん(役:丈槍由紀)

長月翠さん(役:丈槍由紀)
演技のお仕事が初めてで、泊まり込みの撮影ということで約一カ月間家から離れて撮影に入ることも初めての経験でした。普段、家に居れば出来ることも出来ないし、何も知らない土地での撮影だから生活の仕方にも戸惑いがありました。そういう部分で不安を感じましたし、演技についても何から始めていいのかも分からなくて。台本の覚え方や読み方、そして生活面も含めて色んな事を今回の撮影から学ぶことが出来ました。

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 間島和奏

間島和奏さん(役:若狭悠里)

間島和奏さん(役:若狭悠里)
私は元々お芝居に凄く興味がありました。しかも『がっこうぐらし!』はお話をいただく前から知っていて好きでした。“絶対に合格したい”と思っていて、受かった時は凄く嬉しかったし、“やったー!”って思いました。
一方で、原作のファンが沢山いらっしゃる作品なのでプレッシャー、本当に私なんかがりーさん(悠里)やってもいいのかな?っていう不安が大きくて…。
でも、最初に柴田監督が「映画だからこその『がっこうぐらし!』を作りましょう!」と仰ってくださったんです。髪の毛をピンクにはしないし、映画だからこそのリアリティのある『がっこうぐらし!』を作ろうと。それを聞いて凄く安心出来たし、その想いに応えたいと思って頑張りました。

―― 作品を観ていくと4人が段々と成長していく姿が映し出されていました。順撮りの撮影だったということですが、撮影当初に比べてみなさん自身が成長を感じた部分を教えてください。

清原梨央さん
全体的に徐々にグレードアップしていったと思います。
例えば、私が演じたみーくん(美紀)の目つきを監督と相談しました。監督からは「鋭い目つきではあるけど、性格が悪い感じにはして欲しくない」とリクエストがありましたが、前半はかなりガン飛ばしているじゃないですか(笑)。自分でもこれはちょっとキツイなぁって思ったんですけど、3人との距離が縮まっていく中で、みーくんの表情も少しずつ和らいでいくような演技が出来たかなって思います。

映画『がっこうぐらし!』メイキング写真解禁!金子大地の ゾンビメイク風景も公開

阿部菜々実さん
私はアクションシーンです。
最初は結構抵抗があったんですけど、痛いんじゃないかなぁ…と。でも、アクション部の方々が「思い切ってやっていいよ!」と言ってくださり、徐々に慣れて思い切りがよくなって、最後は本当に倒しているかのようにやれました。
徐々に環境や撮影現場にも慣れて、3人との関係性も深まっていくことで、後半は本当に自分が役に入り込めている感覚が実感できました。毎日撮影が楽しくなっていって、演技の楽しさも学べたので、凄く成長出来た期間だったんだなぁと思います。

長月翠さん
「由紀ちゃんのキャラクターが(私に)似ている」と言っていただきますが、確かにライブとかファンの方の前ではああいった風になっているかも知れませんが、実際はそうではなくて、バラエティー番組とか取材になると、こういう感じなんです(笑)。声も低いですし。
似ているね!適役だね!と言われる事は結構プレッシャーだったんです。
ですので、初めは“どうやっていったらいいんだろう…”と悩んでいたんですけど、撮影が進む毎に最初に感じていた違和感も薄れていきました。由紀ちゃんらしいイントネーションや言い方を意識しなくてもどんどん出来るようになってきて。役に入り込めるようになったり、きっと演技もちょっとは上手くなったんじゃないかなって思います。

間島和奏さん
台本読みの段階からみんなと一緒に読んでいたんです。でも、中盤くらいになるとみんなの(役への)入り込みが凄くて、自分だけ成長できていないんじゃないか…という不安に駆られていました。
そんな中、劇中で終盤のめぐねえ(おのののかさん)とのシーンも順撮りでしたので、最後の方に撮影したのですが、あの時に初めて素の感情が出せたんです。
今までお芝居はあくまで演技みたいな感覚があって、役に入り込む事がいまいちよく分かっていなかったんです。でも、初めて、“役に入り込むってこういう事なんだ”と思えるシーンで、完成した映画を自分で観ても本当に素の表現だなと思える演技だったので、お芝居の力が身に付いたかなと思いました。

―― みんなで学校に泊まり込んで約一カ月間を過ごし、合宿のような撮影だったと伺いました。お互いの新たな一面とか、撮影時のエピソードがあれば教えてください。

映画『がっこうぐらし!』メイキング写真解禁!金子大地の ゾンビメイク風景も公開

清原梨央さん
そうですね。
役柄的に菜々実ちゃんとのアクションシーンが多く、みーくんは胡桃ちゃんを大好きな先輩として尊敬しているキャラクターです。監督からも「みーくんは、胡桃LOVEだから!」と言われていました。一緒に過ごしていくうちに、本当に凄く大好きになっちゃって、元々好きなんですけど、より好きが増してきて…。
そうしたらインタビューとかで菜々実ちゃんが「梨央ちゃんが面白い!」って言ってくれて、“あれっ、私のこと好きなのかなぁ”っていう新たな一面が(笑)

―― 実際どうですか、阿部さん!

阿部菜々実さん
めっちゃ好きです!!(笑)

清原梨央さん
嬉しい!良かったぁ、生きてて。

阿部菜々実さん
私も仲良くなる人って自分とはタイプが違う人が多くて、結構ガチャガチャきてくれる人の方が仲良くなれたりするので、自分と離れている人の方が凄くいいなぁって思うんです。だから撮影を通じて“梨央ちゃんとの距離が縮まったかなぁ”と思いました。

長月翠さん
全員に言える事なんですけど、今までは「あそこ、こうした方が良いよ」とか、絶対に言わない4人だったんですよ、お互いに。でも、映画が終わった後から徐々に間島和奏とは言えるようになってきて。なんて言うんだろう、言い方が正しいか分からないんですけど、私たちパフォーマンスの時に顔面の主張が強いんですよ(笑)。

―― パフォーマンスの顔面??(笑)

長月翠さん
表現が強過ぎて、顔のアツが凄いんですよ。だから今度のミュージックステーションのステージも心配なんですけど。どういう顔でいくか、今回はセンターが阿部だから私たちの主張が強いと違うねとか、どういうアツ感で行くかとか。そういう事をやっと言い合えるようになりました。

間島和奏さん
ラストアイドルはユニットがあるんですけど、『がっこうぐらし!』の前はユニットの垣根を越えて活動することがあまりありませんでした。楽屋とかもバトルしていて、ユニット毎に仕切りみたいなのがあるんですよ。
特に、菜々実ちゃんとは番組でバトルをした仲だったので、“喋れるかなぁ”みたいな不安が大きかったんです。平日は撮影、土日はアイドルの活動、と毎日一緒にいたので、本当に家族みたいになんでも言い合える。良くも悪くも自分の世界をちゃんと保てるし、無言が辛くない関係性になれました。

―― バトルした収録の後もすんなり仲良く出来ましたか?

間島和奏さん
今回の映画撮影中もユニット毎のバトルがあり、私とりーおんの「Someday Somewhere」と、二人(阿部菜々実さん、長月翠さん)が所属するLaLuceというユニットがバトルをしたんです。バトルの収録後、そのまま4人で車に乗って撮影地の栃木に行くんですよ。

長月翠さん
結構地獄みたいな、気まずい空気感が…

メンバー全員
爆笑!

長月翠さん
誰も喋れない、(みんな)スマホ(触る)みたいな。
ちなみにロケバスじゃなかったので、距離が近いから空気がヤバイ!もう、お通夜みたいな(笑)。

―― ラストにかけて、みんなが色々な気持ちを抱えそして乗り越えてまとまっていきました。卒業式のシーンは本当の涙だなって思いました。みなさんがこれまでに“こんなことを乗り越えてきた!”というエピソードがあったら教えていただけないでしょうか?

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 清原梨央

清原梨央さん
そうですね、今こうやって芸能活動をして人前に出る機会が多いんですけど、中学生の頃とかは暗くて学校に行けないような時期もあったんです。その頃と変わらず今も心が繊細な方ではあるんですけど、昔は物事に挑戦する前に無理と決めつけて諦めることとか、一歩前に出ようとしない事が多かった。『がっこうぐらし!』の出演が決まった時もちょっと戸惑いじゃないけど、そういう感情がありつつも、“こういう時に踏み出せないとダメだ!”と思って踏み出せたんです。そこは心の中の大きな成長を感じたし、昔よりも物事に挑む強さみたいなのは身に付いたかなと思います。

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 阿部奈々実

阿部菜々実さん
私は3歳の時から芸能活動をしていて、小さい頃からアイドルになりたくて、ずっとアイドルしかしてこなかったんです。ラストアイドルに入る前はやっぱりなんだろう…チャンスもないし、子供だから自分で行動に移せるわけでもなく、ずっと夢だけみて、同じ会場で同じファンの方たちの前で毎回同じ曲をやっている状況がずっと続いていて。
小学生、中学生の時もアイドルしかやってこなかったから、アイドル以外の事は何も出来ないけど、そのアイドル活動は全然うまくいっていない状況が何年も続いていたんです。そんな時に、ラストアイドルのオーディションがあって、ラストアイドルに挑戦した事で見てくれる人の数も増えました。こんなに全然違う世界があるんだと知り、そこでようやく自分が今までずっと一人で頑張ってきて良かったなぁって思えた。ラストアイドルになって凄く忙しい事があっても、本当に暇だった時期は忙しくなる事が夢だったので、その事を思い出して今は何でも頑張れているので、(あの時代を)乗り越えたなと思います。

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 長月翠

長月翠さん
つい先日まで私たちラストアイドルは団体行動の“歩く芸術”に挑戦していたんですけど、まさに『がっこうぐらし!』みたいな感じで、結構なサバイバルというか、これ言っていいのか分からないんですけど、清原伸彦監督(日本体育大学名誉教授/“歩く芸術”監督)がいらっしゃるんですけど、監督を(『がっこうぐらし!』の)“かれら”に置き換えた時に…

メンバー全員
爆笑!

長月翠さん
迫りくる(恐怖感が似ている)というか、私は割とボコボコにされて…、嫌で仕方がなかったんですけど、やっぱり最後になってすっごい感動したし、ちゃんと出来た時はとても嬉しかったんです。今でこそラストアイドルは絶好調なんですけど、“歩く芸術”があったから、今の結果に繋がっているので、やっぱりそこは被るなって最近思いますし、サバイバルしている所はちょっとそう思いました(笑)

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル 間島和奏

間島和奏さん
私は、小学生の頃から秋元さんのアイドルグループに憧れていて、オーディションをメチャメチャ受けていたけど、事務所にも入れなくて。事務所、CM、広告とか小さい募集も含めたら1,000回、2,000回と受けては毎回「不合格」と言い渡されて。「不合格」って言われる度に“自分がいらない者だ”って思っちゃって、すごいネガティブになっちゃったんです。高校2年生の頃にもう受験もあるから芸能界の夢は諦めようと思ったんです。でもお母さんが支えてくれて、それで何とかラストアイドルになれて、こうやって自分の曲と衣装をもらえて、映画にも出演させてもらって。本当に諦めないで良かったなって思います。

―― みなさんそれぞれ色々な事を乗り越えてこられたのですね。
ところで、今回発売となるDVDには40分のメイキング映像が入っていると伺いました。映像のネタになるような出来事が色々とあったのかなと思いますが、ハプニングや思い出があれば教えてください。

清原梨央さん
今、パッと思いつくのはスパゲティを食べるシーンです。
私が飲み込んで「美味しい!」って言うシーンで、口に入れてすぐ飲み込んでその台詞を言わなきゃいけないのに、緊張とかもあって口がパッサパサに乾いていて、スパゲティも潤っている感じじゃなかったので。美味しいんですけど、なんか潤いが足りてなくて(笑)。なかなか飲み込めずにそこでNGを出しちゃったんです。もっと違う所で意気込んでいたんですけど、こういう所に落とし穴があるんだって(笑)

阿部菜々実さん
メイキングには絶対に映ってないと思うんですけど、和奏ちゃんとめぐねえの大事なシーンの撮影があって、それを近くで見学していたんです。たまたま携帯でツイッターを見ていて、画像をスクロールしていたら間違えて動画が流れてしまったんです。そうしたら「風よ吹け」という自分たちの持ち曲が大音量で流れてしまって(笑)、今思い出すだけでも冷や汗をかきます…。

長月翠さん
メイキングの内容をまだ知らないんですけど、私は結構色んなことをやらかしていて…。
やらかしているわけじゃないんですけど、体育倉庫のシーンで胡桃と悠里が二人でゾンビと対峙するシーンがあるんです。実はあの撮影はメチャメチャ長くて…。撮影当時、みんな忙しくて寝る時間もあまりなかったので、私は保健室のベッドで寝かせてもらっていたんです。そうしたら結構寝ちゃって、気が付いたら5時間くらい寝ちゃって(笑)。急にスタッフさんに起こされて「本当にごめんなさい。今日撮影なくなりました」って言われて…。その日の私は現場に入って、メイクして、保健室で寝ただけだったんです(笑)。
“私はこんなんでいいのかなぁ”って思いつつも、二人の頑張りで素敵なシーンが出来て、安心しました(大笑)。良かったです。

間島和奏さん
私はあまりハプニングっぽいことは思いつかなくて、どちらかと言えば楽しい思い出が多いです。屋上でみんなで寝っ転がって星空を見るシーンがあったんですけど、屋上に登れたことがまず楽しくて興奮して、みんなで写真をいっぱい撮って、作中でもあのシーンは良い感じに出来ているんです。でも実は、光を当ててもらっていたのでメチャメチャ虫が体につく…(笑)。
それをみんなで「耐えて!耐えて!」って言いながら撮ったのが、結構気持ちに残る思い出になっています。そういう学生生活を本当に楽しんでいるような映像が(メイキングに)使われていたら嬉しいです!

―― 「いざ、ゾンビと戦わば!」と言う観点でご質問です。もし、世の中がゾンビだらけになったらみなさんはどんな行動をとるタイプですか?

清原梨央さん
逃げますね…。
映画の中で胡桃ちゃんも何回か噛まれそうになっているし、絶対にそんなの嫌なので。“立ち向かう”イコール“命の危機を伴う”ということじゃないですか?正直、自分だけはどうしても死にたくなくて、だから闘えそうな人を前に押し出して、隠れます(笑)。

阿部菜々実さん
私は『がっこうぐらし!』の撮影をしてから、がっこうぐらし風になってしまう夢を見るようになってしまったんです。夢の中ではショッピングモールにいて、全然知らないけど友達みたいな人が一人…。

メンバー全員
怖い、怖い…

阿部菜々実さん
そのお友達が女の子なんですけど、凄く強い女の子で。その娘にくっついてまず屋上に行って、絶対現実ではありえないけど、屋上から色んなビルに飛び移って行くっていう夢を見たんです。多分、誰かがいれば一緒に逃げて、極限まで逃げて、いざとなったら戦うかなぁ。

―― そのお友達がゾンビになったらどうします?

阿部菜々実さん
え、でも、どうなんだろう、、、殺そうとはしますけど(笑)出来るかどうかわからないです。

長月翠さん
私、PUBG(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)という人を殺すゲームがあって、そういうゲームが凄く好きなので、多分、真っ先に街中に行って、先導すると思うんですよ。

―― 映画とは真逆ですね!

長月翠さん
はい!
ちょっと力試しをしたくて、そもそも私、いつ死んでも大丈夫な様に生きているんです(爆笑)。毎日、好きなことをやって明日死んでも後悔しないぞっていう生き方を選んで生きているんです。だから、その場で噛まれてもいいんですよ。まあ、なるべく周りの家族か好きな人じゃないと嫌なんですけど。いつ噛まれてもいいので、とりあえず一世一代をかけて戦ってみたいなと思います。

間島和奏さん
私はそういう命の危機に対して普段から結構考えるタイプなんです。
エレベーターを降りた時、ここに黒の組織が来たらヤバイなとか(笑)、夜寝る時にも朝起きた時お母さんがいなくなっていたらどうしよう、とか。そういう事を結構考えているので、その対策をいつも頭で考えているんです。もしそういう世界になったら、ゾンビのフリをして絶対安全な国会議事堂とか皇居とか日本で一番安全そうな場所まで逃げます(笑)。

―― お話を聞いていると映画の役柄とみなさんの個性が全然違うんですね。ズバリ一言で自分を表現するとしたら、「自分はこういう人間です」というのを教えてください。

清原梨央さん
「ヘタレ」です(笑)
ヘタレじゃないつもりで生きてきたんですけど、番組の企画でバンジージャンプを飛ぶことになって、一人だけ飛べずに終わり、そこからヘタレになって…。その後、ラストアイドル内の馬鹿No.1を決めるテストで1位になっちゃって。“歩く芸術”の中でも体力が及ばずでリタイアすることになってしまい。そしてつい先日体調を崩して入院してしまい、本当にただのヘタレですね(笑)。

阿部菜々実さん
色々とあるんですけど、一言でいうならばポジティブになったと思います。
今はポジティブです。昔はすごいネガティブだったんですけど、色んなことを経験して色んな人の考え方とかを取り入れた結果、自分がポジティブになったなぁって思います。

長月翠さん
私は人間の悪いところを詰め込みましたって感じ(笑)
なんて言うんですかね…生存意欲が強すぎるというか、明日死んでもいいんですけど、今日はこうやって生きてやろう!みたいな。それが人の3倍くらい強いんです。生きることの素晴らしさが分かるんですけど、でもなんか、なんて言うんだろう…。欲が多いんですよ、多分。あれもしたいし、これもしたい、でも何にもしたくない時もあったり。本当に自分でも思うんですけど、「うわっ、人間だよな」って。なんか人間って感じなんですよ、生き方が。
だから「人間」です(笑)

間島和奏さん
私は馬鹿真面目なB型。
今まで19年生きてきて、本当に真面目しか取り柄がないというか。どこか世渡り上手な所とかって必要じゃないですか?世の中って。でも仕事をしていても、ただ真面目にやる事しかできないんですよ。だから馬鹿真面目だなぁって。あとB型なんですけど、「B型自分の説明書」という本があったじゃないですか?あれを読んだら、めっちゃ分かるんですよ(笑)超共感できて、「頑張れば壁を登れる、気がするだけ」みたいな文章とか。“あっ、めっちゃそれ私だぁ”と思って。B型だなぁって。

―― なぜかA型に見えますよ?

間島和奏さん
そうなんです、だからその要素だけB型にくっつけて、後は全部B型です!

映画『がっこうぐらし!』ラストアイドル

2019年7月3日(水)
ブルーレイ&DVDリリース!

【予告編動画】

【あらすじ】
シャベルを愛する胡桃(阿部菜々実)、ムードメーカーの由紀(長月翠)、みんなのリーダー的存在の悠里(間島和奏)は、私立巡ヶ丘学院高等学校・学園生活部に所属する女子高生。学校で寝泊まりし、24時間共同生活を送る学園生活部で“がっこうぐらし”を満喫中だ。しかし元気いっぱいの由紀を、教室の外から胡桃と悠里は心配そうに見つめている。そこには、机や椅子が無惨に倒された教室にぽつんと立つ由紀の姿が。床には割れたガラスの破片が飛び散り、カーテンや黒板には血の跡がベッタリ。そして校舎の中庭には痛みを感じない“かれら”がうろついている…!
学園生活部の活動とは、すなわち“かれら”の脅威から身を守りサバイブすること。ある日、食料を調達しに行った胡桃と悠里は、ひとり生き延びていた美紀(清原梨央)を発見、一緒に暮らすことになった。だが、そんな日々も長くは続かない。最大の危機が彼女たちに襲いかかる…!
【キャスト】
阿部菜々実 長月 翠 間島和奏 清原梨央 ( ラ ス ト ア イ ド ル ) 金子大地 / おのののか
【スタッフ】
原作:海法 紀光(ニトロプラス)× 千葉 サドル 「がっこうぐらし!」(芳 文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
監督・脚本:柴田一成『リアル鬼ごっこ』
主題歌:ラストアイドル「愛しか武器がない」(ユニバーサル ミュージック)
エンディングテーマ:Wi-Fi-5「マイクロコスモス」(アルテメイト)

『がっこうぐらし!』商品情報

【ブルーレイ】

【Amazon.co.jp限定】がっこうぐらし!(特典映像ディスク付き) [Blu-ray]
品番:GNXD-1036 /価格:\4,700(税別)/1枚組/本編約101分+特典映像約60分 カラー/ 16:9 HDサイズ
<音声>①日本語 5.1ch ドルビーTrueHD ②日本語2chステレオ リニアPCM
【DVD】

【Amazon.co.jp限定】がっこうぐらし!(特典映像ディスク付き) [DVD]
品番:GNBD-1506 /価格:\3,800(税別)/1枚組/本編約101分+特典映像約60分 カラー/ 16:9LB HDサイズ
<音声>①日本語 5.1ch ドルビーデジタル ②日本語2chステレオ

<セルBlu-ray&DVD共通豪華特典付き>
●初回生産限定仕様:原作イラスト使用リバーシブル(両面)ジャケット
●フォトブックレット(8P)
●特典映像
・完成披露上映イベント ・公開記念舞台挨拶 ・予告 ・メイキング映像 (約40分)
*本編には阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央、柴田一成監督によるオーディオコメンタリー収録
●初回生産限定:ご購入いただいた方の中から抽選で500名様に、キャスト陣が実際に撮影中の日々の想いを 書き綴った「めぐねえと学園生活部の撮影時交換日記」(縮刷版)が当たる特典応募はがき封入!

<レンタル>ブルーレイ&DVD同時リリース!
※発売日・仕様・特典は都合により予告なく変更する場合がございます。
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント/©2019 映画『がっこうぐらし!』製作委員会

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  2. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  3. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  4. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  5. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  6. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  7. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…

Facebook





ページ上部へ戻る