『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん【インタビュー】

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』
ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん
【インタビュー】

近年、日本におけるLGBTQへの関心の高まりにより、様々なセクシュアリティについて描かれたドラマ・映画作品が話題になっています。7月26日よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開される映画『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』は、令和時代の幕開けに、様々な背景を抱えながらも、強く、自分らしく生きたいと願う全ての人々へ贈る純愛映画です。

主演は、香港、シンガポール、台湾で活躍する国際派俳優のジョーナカムラさんと原宿系モデルとしてTwitterのフォロワーが26万人を超え、ジェンダーレス男子のアイコン的存在としても若者に絶大な人気を誇るこんどうようぢさん。

今回は、主演のお二人に映画『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』を通して伝えたい想いをたっぷりと伺いました。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

―― 終始、LGBTQという事を意識せずに、恋愛や人間関係など、作品の世界に引き込まれました。まず、初対面だったとのことですが、お互いの第一印象を教えていただけますか。

ジョーナカムラさん
韓流スターのようなツルッとした顔で、これは女性人気すごいだろうなと思いましたね。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演・こんどうようぢさん

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演・こんどうようぢさん

こんどうようぢさん
凄く年上の方と聞いていて、僕はもう少しオジサンっぽい方が来ると思っていました。ジョーさんおいくつでしたっけ?

ジョーナカムラさん
45歳。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演・ジョーナカムラさん

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演・ジョーナカムラさん

こんどうようぢさん
45歳の方ってもっとすごくオジ様というか、それが本当に若々しくて。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

―― 私も年齢を拝見して、1974年生まれ。ビックリしました。

ジョーナカムラさん
何も整形はしていません。ヒアルロン酸も注入してません(笑)。

―― ちなみに、ひょっとするとナカムラさんご自身は筋肉質で、ヒゲもあって、同性の方から人気はあるのですか?

ジョーナカムラさん
同性のファンが多いです。彼みたいに女子高生にモテたいけど、全然ダメですわ。

(爆笑)

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

―― それでは作品のお話に移っていきたいと思います。作品はLGBTQであることが重要な要素ではあると思うものの、ヒューマンドラマ、恋愛物語として、非常に誰でも共感できる内容だと思います。あえて伺いたいのは、LGBTQだからこそ表現ができたシーンがあれば、教えてください。

ジョーナカムラさん
うーん、やっぱり悠嵩との関係を娘にはっきりと説明が出来ず、喧嘩になるんですけど、あのシーンが一番、皆さんが思われているしどろもどろになった部分です。同時に、僕が娘にカミングアウトする、あの時の心境っていうのが、多分LGBTQの皆さんにとって一番の登竜門なんじゃないかなって僕は思いますね。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

―― あのシーンは、監督からは色々な演出があったのでしょうか?

ジョーナカムラさん
娘への告白に関しては、割と何テイクか撮っています。もう少しああしてくれ、こうしてくれ、もうちょっとサラッと言ってくれみたいな、そういう演出がありました。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

―― あのシーンがやはり登竜門であり、ポイントになると感じてしまうがゆえに演技にも熱が入っていきますよね。

ジョーナカムラさん
そうですね。僕は凄く重めにやったんですけど。もう少し重さをなくしながら、ちょっと開き直った感じでサラッと言ってくれみたいな。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

―― こんどうさんはいかがですか?

こんどうようぢさん
そうですね、僕もカミングアウトのシーンですね。お父さんは危篤中だから、実際は多分聞こえていないし、届いてはないんですけれども、カミングアウトの所は一番共感を得る部分ではあるのかなと思います。加えて、普通のストレートの人を好きになってしまった自分は、彼には普通に幸せになって欲しいんです。だから、自分が彼と2人で一緒にいる自分の幸せよりも、向こうには別で普通の人生を送って欲しいという、あの葛藤がおそらくLGBTQの方には共感を得る部分なのかなと思います。

―― 凄く思いやりが深いですよね。色々な事に気を配っていて、だからこそ、こちらからするとダイレクトに自分の気持ちを表現して欲しいんだけど、自分の中で周りの色々なことに気を遣っていて…。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』こんどうようぢさんこんどうようぢさん
そうですね。やっぱり世間的な目もあると思うので、その分誰よりも繊細なのかなと思います。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』こんどうようぢさん

―― 凄く伝わってくるものがありました。
航平が教える水泳教室にちょっと元気がないマコト君がいます。もしかしたら男友達に裸を見られるのが恥ずかしいのかもしれない。そんな彼が友達から茶化されるシーンで、ハッとしたんです。LGBTQのお話は歌舞伎町とか新宿二丁目とかどこか特別な場所に限った話ではなくて、日常の身近な悩みごとの一つなのかもしれないと。コーチ役の航平はあのシーンでどんな気持ちを抱いていたのでしょうか?

ジョーナカムラさん
そこまで強く意識はしていないですけど、子供達のシーンで「オカマのマコト」ってセリフを聞いた時に、僕も小学校低学年の時にオカマって言われたことがあって。それは、母親がただ単に女の子が欲しくて、俺を女の子のように無理くり作り込んでいたから言われちゃったんですけど、いじめのシーンを見て、昔を思い出しましたね。だから一層、あの子が可哀想に見えました。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

―― ある意味でご経験されているからこそ、身近なお話でもあるのですね。ちょっと今の風貌からは当時の女の子のようなイメージは湧きませんが(笑)。
一方のこんどうさんはあのシーンには登場しませんが、作品を観た中で子供達のシーンはどんな風に感じましたか?

こんどうようぢさん
小さい時のああいうことってすごく傷つくと思うんです。僕は今もそうですけど、本当に月1ぐらいは悪口を言われているので、特に何も思わないんだけど。ゲイの友達もいるし、レズの友達もいるし、元々身近に感じていたので特にこの作品を通してってことは、なかったです。
でも、より当事者の気持ちになって、考えることが出来るようになったのはこの映像を通してですかね。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』こんどうようぢさん

―― 映画の中でも、マンションから二人が一緒に出て来た時に後ろ指を差されるようなシーンがありました。もしかすると、こんどうさんは普段から色々な方と接してこられたから、そういう人がいて当然、それがある意味本来は普通の感覚。指を差している方々の方が、接していないがゆえに、実は普通だと思っていることがそのことの方が普通じゃないんじゃない?と、この作品を通じて考えました。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

ジョーナカムラさん
多分日本は、ちょっとまだゲイの人たち、LGBTQの人たちが表に出てないというか、なんて言うのかな…。アジア圏だと、普通に男性同士が通りを手つないで歩いてたりしています。みんな友達、親も含めて。それは、みんなの理解があるということですよね。日本はちょっと遅れているので、ゲイの人たちも「ゲイ」ってなかなか踏み込めない、カミングアウトできない環境。ああいう後ろ指差す人がまだ多いんだと思うんですよね。
最近は、はるな愛さん、マツコさん、ミッツさんとかがメディアに出てご活躍されているので、ようやく日本人も理解が1歩進んだと思うんです。でも、海外からは10歩くらい遅れているので、まだまだ2歩、3歩前に進まないといけないから、僕はこの作品で一気に5歩くらいつめてほしいなと思うんですよ。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

―― この作品を観て、私自身も色々な事に気付かされて、考えが変わるきっかけになったような気がします。

ジョーナカムラさん
(新宿)二丁目行ってみますか?
(出会いのシーンのように)多分、思い切り酒を飲んでゲロを吐いていれば、優しく背中をさすってくれますよ(笑)

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

―― タイトルが『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』、キャッチコピーが「自分らしく生きていたい。」とありますが、お二人が言葉でこの作品を表現するとすれば、どんな映画だとご紹介いただけますか?

ジョーナカムラさん
葛藤の中の純愛。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

―― 純粋ですよね。航平は男の人をというか、本当に悠嵩のことが好きなんだなという気持ちが凄く伝わってきて…

ジョーナカムラさん
すごい刷り込んできますね。
彼にも溺れたし、プールにも溺れているんです。だからうまいことタイトルかましてくれたなぁって。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

こんどうようぢさん
こういう作品って綺麗過ぎる作品が多い中、割とそこまで綺麗過ぎない作品だなって思います。綺麗過ぎるとリアル感がなくなってしまうので、イイ感じのリアル、うん、一言で表すなら「リアル」ですね!

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』こんどうようぢさん

―― 海外はこのジャンルの作品が多く、それは外国の話だからそういう文化があるんだなと、私たちも受け止められます。今回、日本でもこういう形の作品が生まれたことは非常に意味があるのではないでしょうか。是非、多くの方に観ていただくためにも、映画ファンにメッセージをお願いします。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』ジョーナカムラさん

ジョーナカムラさん
近年は、『おっさんずラブ』とか『きのう何食べた?』とか、コメディタッチで柔らかくLGBTQの世界を描いていますけど、今回はシリアスな作品になっています。愛の形は色々ありますけど、結局それはストレートでもゲイでも同じことです。だから、少しでもこの作品を通してストレートの人たちがLGBTQを毛嫌わず、「あっ、そうなんだな」と理解を深めてもらいたいと同時に、カミングアウトがなかなかできずにモヤモヤしている方々もカミングアウトしやすい気持ちになってくれたらいいなというメッセージを込めて、この作品を演じました。

こんどうようぢさん
以下同文です。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』こんどうようぢさん

ジョーナカムラさん
自分の言葉で言いなさい!(笑)素直になりなさい!!

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』こんどうようぢさん

こんどうようぢさん
僕のファンは女性の方が多いので、女性の方がどういう気持ちで見てくださるのかも楽しみです。『おっさんずラブ』とかは“キャー”とかって感じですけど、これは“キャー”という感じではないので。とにかく普通の恋愛映画として、LGBTQとかを抜きにして楽しんでいただけたら嬉しいなと思います。そして、航平さんの幸せのために自分の幸せを捨てるってめちゃめちゃ悲しいお話なのですが、皆さんは自分の幸せを選んでください。

ジョーナカムラさん
要するにこれが言いたいんでしょ?(キャッチコピーの)「自分らしく生きていたい。」

こんどうようぢさん
そうそう、まさにこれです!!

映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~
7月26日(金)より アップリンク吉祥寺
ほか全国順次公開!

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

出演:
ジョーナカムラ、こんどうようぢ、
田崎礼奈(notall)、中村文彦、みなもとらい、いちる(Vipera)、美羽フローラ、海崎遥⽃、橋本彩花 / 梅垣義明

主題歌:GOW「ねぇ、だって」
監督:大江崇允
製作:吉岡智子
企画・プロデュース:大橋孝史  プロデューサー:岩村修 馬場基晴 / 脚本:村川康敏
撮影:三浦大輔  録音:内田達也  編集:藤本裕貴  音楽:重盛康平  脚本協力:皐⽉彩  撮影/演出助手:角田行平  衣裳・ヘアメイク:小倉友花  制作進行:中村光耶  メイキング:寺島明智
製作:株式会社キャナル  制作プロダクション:モバコン株式会社  制作協力:株式会社ネクシブ  配給:株式会社パル企画
特別協力:特定非営利活動法人/一般社団法人日本セクシュアルマイノリティ協会

(C)2019映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~」製作委員会(2019/日本/カラー/ビスタサイズ/89分)

<ストーリー>

元競泳選手の海堂航平は、共働きの妻と高校生の娘と平凡な日常を過ごしていたが、ある日、突然妻に離婚届けを突きつけられる。 酒に溺れて新宿二丁目にたどり着いた航平の前に、美少年の悠嵩と運命的な出会いが訪れる。悠嵩は、チャットボーイをする傍らアニメ作家を目指しているが、病に倒れた父親に「ゲイだ」と告白できずに思い詰めていた。二人は、戸惑いながらも、いつしか性の垣根を超えて惹かれ合い、やがて肉体を交えるようになる。

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん航平と悠嵩は、時に愛し合い、時に傷つけ合いながら、互いの関係を深めてゆく。二人の憩いの場は、ニューハーフのプリシラがママを務める『ラパス・カフェ』であった。航平は、この店に集う様々な背景をもつ人たちと触れ合いながら、自分の“性”への価値観に葛藤し、「愛とは何か」について、思い悩み始める。一方、悠嵩は初恋の相手のアツシと再会し、元来ストレートの航平とは、相容れないことに気付いていく。その折、航平の大切な相談相手である、プリシラが倒れてしまう・・

映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん映画『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』W主演 ジョーナカムラさん&こんどうようぢさん

<予告編動画>

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

 

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 9月13日公開 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』 ■イントロダクション 小栗旬・主演×宮沢…
  2. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  3. 蜜蜂と遠雷,画像
    10月4日公開 映画『蜜蜂と遠雷』 ■イントロダクション 史上初の直木賞&本屋大賞W受賞の“映像…
  4. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  5. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  6. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  7. 9月6日公開 映画『左様なら』 ■イントロダクション 新進気鋭の若手監督を輩出し続ける音楽と…

Facebook





ページ上部へ戻る