南沙良さん【インタビュー】最新主演作・映画『無限ファンデーション』台本がない即興劇に挑戦!

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

南沙良さん【インタビュー】
最新主演作・映画『無限ファンデーション』
台本がない即興劇に挑戦!

西山小雨さんの音楽を軸に未来へと向かう10代の少女たちの即興芝居で紡がれた映画『無限ファンデーションが8月24日(土)より新宿K’s cinemaほか全国で順次公開されています。
本作は映画監督×ミュージシャンのコラボ映画祭「MOOSIC LAB 2018」に出品されると、主題歌を担当し小雨役として劇中にも登場する西山小雨さんがベストミュージシャン賞、主人公の未来を演じた南沙良さんが女優賞を受賞するなど、高い評価を獲得しました。
今回は、人付き合いが苦手な女子高生・未来を演じた南沙良さんに即興芝居を演じてみた率直な感想や夢について、そして西山小雨さんの音楽や共演者の皆さんとの思い出などたっぷりとお話を伺いました。

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

―――― 今回の作品は「即興」での制作となりましたが、演じてみて感想はいかがですか?

南沙良さん
最初に“即興のお芝居で映画を撮る”と聞いた時は、どうやって撮るんだろう?ってちょっと不思議だったんです。でも、作品に入る前に1,2回リハーサルがあり、そこで全体の流れだったり、大体こういう感じですと説明をしていただいて「本当に自由にやっていいんだな」と思って、楽しみになりました。

―――― 即興のお芝居を楽しめたということですね。

南沙良さん
はい!

―――― 覚えて演じるのではなくて、相手の動きや言葉にリアクションしなくてはいけないわけですから「ちょっと迷うな?」とか、そういったことはありませんでしたか?

南沙良さん
あんまりなかったです。現場の雰囲気というか…皆がちゃんと自分の想いを持っていたので。

―――― 同級生や先輩がそれぞれある程度相手と判り合いながら撮影ができたんですね。

南沙良さん
そうですね。

―――― ところで、南さんから見た未来ちゃんはどういう子だったのでしょうか?

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

南沙良さん
私もモノを作ることが好きだったり、自分の意見をあまりうまく言えなかったりとか、私とちょっと重なる部分があるな、と思ったんです。でも、未来は自分をちゃんと違う方向から見れている子だから、余計にその自分の行動が相手にどう映ってしまうのかを怖がったりとか、気にするようになってしまったのかなと思って。
でもなんか、応援してあげたくなる子だなと。

―――― 自分を違う角度から見れるというのは、どういう所で思われたのですか?

南沙良さん
何だろう、未来が「違う世界を見るのが怖い、傷つくのが怖い」と話す台詞があるんです。多分それは、自分を違う方向から世界を分けて見てるから、そういう言葉が出てるのかなと思って。

―――― 未来って、自分の世界にとどまっている孤独な少女に見えたんです。でも、とどまっているっていうよりは怖いんですね。ということは、ナノカに声をかけてもらって、演劇部に入って友人の大切さが、その影響が大きかったということですよね?

南沙良さん
本当に大きいです。未来は元々友達がいない女の子だったので、初めての友達というか、多分それでいろんなことが判ったりとかだと思うんですけど、いい方向にも悪い方向にも友達の影響ってすごいなって思います。

―――― 判り合えるナノカがいる一方で、どうしても自分を理解してくれないユリがいます。結局ユリとは衝突してしまうわけですが、あのシーンは一番気持ちが動いたのではないでしょうか。

南沙良さん
そうですね。
そのシーンだけ、撮影の前に監督から「未来はずっと今まで自分の気持ちを殺してきたけど、ここだけ爆発させてください」と言われまして、そこは意識していました。

―――― すごい演技でした。ナノカとのシーンにも未来の想いが伝わってきました。「正しいと思う。でも、どうしておいてくの?」という台詞は矛盾する現実をうまく表現していると思いました。あの台詞は即興で出て来たのですか?

南沙良さん
そうですね。即興でした。

―――― お互いに涙したあの時、二人の感情がお互いの心を行き来した瞬間だったのではないでしょうか?

南沙良さん
そうでしたね。すごかったなと私も終わった後に思いました。最初はその設定が全くなくて、私が追いかけるところから始まったんです。私はその前に二人(ナノカとユリ)が何を喋っているのか知らなくて、そのまま追いかけて。

―――― ナノカと演劇、未来と服飾デザイナー、先生と小雨。みんなに共通しているのは“夢”ですよね。この「夢を叶えること」ってどういうことなんでしょうね。

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

南沙良さん
なんでしょうね。
私も小さい頃、ずっと女優さんになりたくて。私はずっと周りにそう言っていたので、それでオーディションを見つけてきてくれて。

―――― そうですね、周りの人に認められることによってでしか夢は叶わないということであれば、友達だったり、応援してくれる人が必要なのかもしれませんね。そうした、ちょっと悲しくもあり、素敵でもあるということでしょうか。

南沙良さん
そうですよね、確かに。

―――― あと、主題歌・劇中歌を歌われた西山小雨さんについてお伺いさせて下さい。小雨さんの歌ではどの曲が好きですか?

南沙良さん
一番最初に「未来へ」を聴いたんですけど、すっごく感動して。今でも小雨さんのライブにお邪魔するんですけど、何回聴いても、現場で皆で聴いてたんですけど、みんな泣いてて。小雨さんの宇宙的な歌声っていったらあれですけど、すごいですよね!
ひとつひとつの言葉が心の中に入って来るので、実際聴くと本当に感動します。

―――― 他に『無限ファンデーション』というタイトルの意味。なんとなく分かるようで、やっぱりお聞きしたいのですが。

南沙良さん
考えたことなかったです。無限は何となく理解はできたとしても、ファンデーションって何だろう?って私も思っていました。

―――― この作品にピッタリだと思うんです、意味を探りたくなる、非常に奥ゆかしい意味を感じますね。ちょっと話題は変わりますが、今回はどなたかと親しくなれましたか?

南沙良さん
小雨さんとは今でもよく一緒にお出掛けしたりとか、お寿司食べに行ったりとか。監督と3人で行ったり。

―――― そうなんですね、でも小雨さんは、南さんよりもお姉さんですよね?

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

南沙良さん
そうですね。でもたくさん、喋ります。

―――― 一つ一つ作品ごとに友達が増えていっていいですね。
話は戻りますが、作品全体としては、“みんなに夢を諦めないで欲しい”というエッセンスがあると思うんです。今回は小雨さんやその歌など、新しい出会いがあったと思うのですが、この作品と出会って、南さんは新しい夢を持つに至りましたか?

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

南沙良さん
そうですね。でも、夢というよりか、一番最初に出演させていただいた映画が『幼な子われらに生まれ』という作品だったんですけれど、その時に三島有紀子監督から「お芝居をしなくていい」と言われて「相手からもらったものに対して、沙良が思ったことだったり感じたことをそのまま形にして、相手に返せばいいだけなんだよ」って言われてから、それがすごい心の中に残っていたので、今回即興のお芝居をしてみて、相手からもらったものに対して自分が感じたものを素直に吐き出すことってすごく大切なことなんだなって改めて思って、深いなと。

―――― さすが、素晴らしいですね、よく判りました。
ところで、お母さん役の片岡礼子さんですが、宿題をしない未来にも、結構優しいですよね。「ポッキー」のCMでは宮沢りえさんがお母さんでした。お母さんとしての片岡さんはどんな印象でしたか?

南沙良さん
片岡さんが、何と言うか、すごく明るくて、自由な方だったので、とても演じやすかったです。

―――― 先生役の嶺豪一さんも宿題をしない南さんを叱らなかったですよね?

南沙良さん
演劇部の皆で(劇中の演劇部に所属する皆で)試写を見た時に、先生のヒロイン感がすごいよね!って話していました(笑)

―――― ところで、大崎監督のデレクションから感じたことがあったら教えていただけますか?

南沙良さん
大崎監督には、本当に自由にやらせて頂くことができました。自分たちのそれぞれの気持ちを大切にしてくださっていて、すごくやり易かったですね。

―――― 一番やり易くしてくれたなと感じた言葉とかきっかけってありますか?

南沙良さん
監督って気楽な方なので(笑)リハーサルの時に「頑張りましょうぉ!みんなで」みたいなことを言ってくれたのが、それでなんか逆にすごいリラックスしてできました。

―――― 皆さんの心の中では「監督って、こんなこと言うんだ」みたいな受け止め方ができたってことですよね?

南沙良さん
そうですね、力が抜けました。

―――― 即興のお芝居だし、皆さん、結構ドキドキしていらっしゃったんですものね?

南沙良さん
そうです、すごい緊張感がありました。

―――― この作品には、同じ世代、そして同じシチュエーションの方々にとって、とても引き寄せられるものがあると思います。そういった方々を含めて、映画ファンの皆さんにメッセージをお願い致します。

南沙良さん
皆で自由に作り上げた作品なので、それを皆さんがどうやって受け取っていただけるのかなって考えていて、これから観る皆さんにも自由に観て、いろんなものを感じて頂けたらなと思います!

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

南沙良さん
フォトギャラリー

2019年8月24日(土)より新宿K’s cinema他順次全国公開中

■予告動画

■ストーリー
人付き合いが苦手な女子高生・未来は、服飾デザイナーになる夢を胸に秘め、誰にも打ち明けることなく退屈な日々を過ごしていた。ある日の帰り道、リサイクル施設から聴こえる澄んだ歌声に導かれ、ウクレレを弾きながら歌う不思議な少女・小雨と出会う。さらには未来が描いた洋服のデザイン画を目にしたナノカたちに誘われ、舞台の衣装スタッフとして入部することになる。戸惑いつつも小雨やナノカたちに心を開いていく未来だったが、彼女たちの一夏はやがて思いがけない方向へと走り出していく…。

■キャスト
南沙良
西山小雨
原菜乃華
小野花梨
近藤笑菜
日高七海
池田朱那
佐藤蓮
嶺豪一
片岡礼子

■スタッフ
監督:大崎 章
音楽・主題歌:西山小雨
プロデューサー:越川道夫
協力:高崎フィルムコミッション
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

■公式サイト
https://mugenfoundation.com/

■コピーライト
©2018「無限ファンデーション」製作委員会

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  2. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  5. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  6. 9月6日公開 映画『いなくなれ、群青』 ■作品紹介 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読…
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る