映画『無限ファンデーション』大崎章監督

映画『無限ファンデーション』
大崎章監督【インタビュー】

西山小雨の音楽を軸に未来へと向かう10代の少女たちを描いた南沙良主演の映画『無限ファンデーション』が新宿K’s cinemaほか全国順次公開中です。
今回は、ドキュメンタリー番組やCM制作を手掛けたのち、フリーの助監督として北野武『ソナチネ』、黒木和雄『スリ』、庵野秀明『式日』、諏訪敦彦『M/OTHER』、篠原哲雄『洗濯機は俺にまかせろ』など多くの作品に参加したのち、『キャッチボール屋』『お盆の弟』などの作品を発表している大崎章監督に、本作品製作の裏話やキャストへの想いなどたっぷりとお話を伺いました。

映画『無限ファンデーション』大崎章監督

大崎章監督

―― 制作に至った経緯について教えていただけますか?

無限ファンデーション大崎章監督
ロックバンド「ザ・ラヂオカセッツ」の「HOME AND HOME」というミュージックビデオ(MV)を制作したんです。(バンドと西山さんは)知り合いだったみたいで、そのお披露目イベントに西山小雨さんが来ていました。その二次会の席で、「このMVが凄くいいので、私のMVを作って欲しい」と西山さんに言われ、一瞬「えっ?」って。
その時は「お金はかかるよ」と言ったんです(笑)。後日、西山さんのLIVEに行ったら、この映画の主題歌なんですけど、アンコールで歌った【未来へ】が凄く良くて。それで「どの曲がいいの?」って聞いたら、「【未来へ】がいい」って言われて、それで、MVを作ろうという企画がスタートしたんです。
若い人の曲だから、シナリオ構成は僕らが考えるよりも若い女の子がいいと思って、友人の松本花奈さんに頼んだら「あ、いいですよ」って言ってくれたんです。
それで上がってきたMVのプロットが、少女から大人になるのを描いたもので、非常に映画的だったので、“これは、MVじゃなく長編映画になるな”と思ってしまったんです。
それで、MOOSIC LABの直井さんに「長編映画部門の映画にならないか?」と相談したら即決でOK!すぐに小雨ちゃんに電話して「これ、映画になるから」って伝えたらびっくりして。これが映画になる最初の経緯なんです。MOOSIC LABは音楽と映画監督のコラボの企画なので、このプロットでこれを主題歌という組み合わせがピッタリだったんです。
その後、映画化に向けて台本を監督経験のある方にお願いしました。色々ありつつもなんとか台本は完成したのですが…。

―― その時は台本があったのですか?

大崎章監督
映画『無限ファンデーション』大崎章監督台本はほぼ出来たんですけど、知り合いのラインプロデューサー(製作工程管理)曰く、「その台本でやると、沢山お金がかかるよ」と言われてしまって…。
お金は、群馬の大きな会社の糸井商事様をはじめとして僕が掻き集めたのですが、その台本の実現とは隔たりがありました。それで、どうしようかなと頭を抱えていたんです。そこで、越川道夫プロデューサーの登場です。南さんの所属事務所と打合せしている時に、越川さんが「予算があまりなくても、この映画を成立させる方法が一つだけある」と。「全編即興、1日1か所、7日間!」って突拍子もないアイデアをいきなり言い出したんです、それまで一切の前触れもなくです(笑)。
一緒にいた直井さんの目も点になっていて、南さんの担当マネージャーも唖然…。ただ、僕だけ「それだったら面白い!」って、立ち上がって「面白い、出来る!」って思ったんです。

―― お聞きすればする程ドキドキな制作経緯だったのですね。

大崎章監督
本当にドキドキでした。正直なところ“無理だから延期しようかな“とも思ったんです。でも「全編即興」となった時に、凄く撮れそうな気がしたし、あの状況で、スタッフ・キャストがほぼ決まっていて、全編即興7日間を撮れる監督は日本に僕一人しかいないと思ったんです。

―― そこは監督として自信があったということですね。

大崎章監督
自信というか、多分こんな状況で撮れるのは僕しかいないし、そんなことやる人は他にいないし。それにキャストがほとんど10代じゃないですか、今迄見たことないから。僕だったらできるなって思ったんです。
諏訪敦彦監督の日本映画は『2/デュオ』『M/OTHER』『H story』『ユキとリナ』とか、全部の助監督をやっているから。

―― ところで、その10代のキャストの方々に対する大崎監督からのディレクションについてお聞きしたいのですが、南沙良さんはとてもやり易かったとおっしゃっていました。

映画『無限ファンデーション』大崎章監督大崎章監督
嬉しいな~あの子は(笑)。やり易かったと彼女が言っているのは「好きにやってくれ」って、とにかくそれしか言わなかったんです。

―― 監督が皆を集めて「演技することない」「頑張りましょうぉ、みんなで!」とおっしゃってくれたおかげで、リラックスできたそうですよ。
無限ファンデーション

大崎章監督
(笑)
沙良ちゃんだからそう言ってくれていますけど、そうではなく「不安」しかなかった子もいたと思うな(笑)。

―― 大崎監督からは、キャストの方々はそれぞれどのように見えたのですか?

無限ファンデーション大崎章監督
主役の南さんはどっしりと構えていて、(私は)何も言わなかったですね。安心して居られたと言ったら言い過ぎなんですけど。
菜乃華(役:ナノカ)さんも良かったです。でも、動物的だったし、かなり悩んでいました。

小野花梨さんは、非常に芝居ができる子だからこそ、即興に当初凄く悩んでました。かなり考えて芝居をやっていたと思います。その辺を注意して見てもらえれば、如何に小野花梨が全体の流れを考えて頭からやっているか分かると思います。目線とか、凄く芝居をしています。

近藤笑菜さんは部長役なんですけど、彼女はほんとに部長みたいにみんなをまとめようとして、なおかつ凄く悩んでました。助監督さんとかに色々と聞いていて、意見とかをいっぱいぶつけていたみたいなんですけど、僕はあまり聞かないようにしていました。

日高七海さん、この子も凄くできる子です。台本は一応皆に渡っていたんですけど、日高七海はそれすらも見なかった。その場の雰囲気でリアクションを変えられる子です。

男の子の佐藤蓮君は、もしあの状況で1人だけ高校生の男子がいたら、女子が強すぎてほんとに口出せなくて何も言えないっていうところ、彼自身もそうなっちゃった。それをそのまま芝居でやっているのがほんとにリアルで、結構観てくれた人が「ああいう男の子、そうなるよね」って。女子の力が強すぎるから何も出来なくて天井見るしかないみたいな感じ。

池田朱那さんは、一番女子高生っぽいというか、バランスをとってくれました。

そういう意味で一人一人芝居は出来るんですけど、それぞれタイプはみんな違うと思います。

無限ファンデーションお母さん役の片岡礼子さんとは衣装合わせの時に2時間ぐらい打合せをしました。絵が好きで、昔イギリスへ行ったみたいなエピソードを考えたんですけど、衣装合わせの会社にたまたまガウディの絵や絵本とかがあって「こういうの好きなお母さんいいわね」とか、たくさん喋ってくれて。それで、お母さんの人生の履歴書みたいなものが出来て、そういった意味ではみんなで裏の台本を作っているみたいなイメージです。
無限ファンデーション先生役の嶺豪一さんに関しては、ほんとにふとしたリアクションがとっても良かったです。嶺さんも凄く悩んでくれたんですけど、それがそのまま大人の先生が子供達に対して接しているようなリアクションになりうる、みたいな感じになったのでとっても良かったと思っています。

だから、(小雨さんを含めて)10人のキャストで10人それぞれ個性があると思います。

―― 皆さんとても自然体に見えました。お話を伺っていると、リアクションすることって、とても重要なことだと思います。掘り下げて、人間って何だろうということにまで行き着くのではないでしょうか?

大崎章監督
嬉しいですね。あんまり偉そうに言えないですけど、日本の特にドラマとか、芝居が凄く嘘臭くないですか?
別に僕はこれが正しい、100%これだって言いたいわけじゃないんですけど、一つの方法論の例として“豊富な経験がない女優さんでもこれだけの演技が出来るんだよ”というのを、なんとなくイメージしていたんです。つまり台詞がなくてもこれだけリアル。まあ、リアルって言葉自体が危なっかしいんですけど…。只単に表面だけのリアルは良くないと思うんです。でも、やっぱりこの状況で感情が入って一応役になりきって、となったら、涙も、言い方悪いけど他のドラマの涙よりは本当の涙、美しい涙になっている気がするんです。ちゃんと泣いているっていう。特に最後の方でナノカが泣きじゃくるんだけど、あれはほんとに泣いていて、あれ芝居じゃないので、すごく泣くじゃないですか、ほんとに(ナノカは)悪かったと思っているから。人間ってああなのかなって。あれも芝居を超えていたと思ったんですよね。
無限ファンデーション

―― 南さんも「ほんとに泣いていらっしゃいましたよね?」と聞いたら「ほんとなんです」と仰っていました。

大崎章監督
南さんも何度も泣いていましたけど、やっぱり。そうなんですよ!

―― ストーリーという点でも展開が予想できませんでした。

大崎章監督
ドキュメンタリーかと言うとそうではないんです。やっぱり芝居は芝居なんです、全部。ただし、凄い芝居論みたいになっちゃうんですけど、台本のあるドラマの芝居の時は、台詞を言うという頭があるけど、それは(この作品では)ないので。沙良ちゃんも「途中から本当に感情が入る」って言っていました。後半は(相手から)何と言われようが、自分はスラスラ言えるようになってきたって。

―― ずっと感情を押し殺してきたけど、監督がこのシーンだけは爆発してとおっしゃったシーンがありました。

大崎章監督
「ここはやっちゃっていいから!」と(笑)。相手の小野花梨さんには悪かったけど。

―― 小野花梨さんなりにも爆発していました。

大崎章監督
そうです、そうです。

―― ところで話題は変わりますが、ポスターにもある背景色がとても綺麗ですね。

大崎章監督
実はこれ、ほんとにこのリサイクル施設の袋なんで、本物です。ここには映っていないですけどイエローもブルーもホワイトもありました。ロケハンで行った時に無造作に置いてあって、それが凄く目についたんです。本編で小雨ちゃんが居る所って大体決まっているんですけど、そこにスタッフがグリーンやピンクやイエローの袋を持ってきて積んで。感覚の問題ですけど、僕としては色味があった方が好きなんです。実は壁の緑と重機の青と、これも現場がパステル調だったんです。それが凄く良くて、そういう色彩が僕は昔から好きなので、それは意識しました。

―― 監督がお召しになっている服も綺麗ですね(笑)、こだわりがあるのかなって(笑)

大崎章監督
映画『無限ファンデーション』大崎章監督(笑)
こだわりと言うか、好きと言うか。なんていうのかな、色があった方が元気になってくるんですよね、単純に(笑)。

―― それと、このタイトル『無限ファンデーション』の意味を教えて下さい!

大崎章監督
実はタイトル候補が沢山出ていて、例えば「雨上がりの夜空に」みたいに色々ありました。でも、「ファンデーション」という単語を思いついて。ファンデ―ションってほんとは下地とか土台とかの意味かと思うんですけど、高校生あるいは中学生が初めて化粧するときのイメージかな、と勝手に思って。
あと、素っぴんにファンデーションを塗ることが、なんだろう、大人になるようなイメージですかね。それで、「ファンデーション」っていいなと思ったんです。でも、ファンデーションだけだと全然タイトルとして良くないので、なんか付け加えないとと思った時に「無限」を思いつきました。
だから特別な意味はないですけど、「無限ファンデーション」を思い付いた時にまず音感がいいなと(笑)。覚え易いっていうんですか、それは凄く感じて、“これで行こう!”とスタッフに言いました。最初は「大丈夫かな?意味わかんねぇし(笑)」って言ってたんですけど、今となっては良かったです。

―― タイトルが意味を掘り下げてくれる役目を負ってくれていますね。

大崎章監督
「無限」っていうのはここに出てくる女の子たちの無限の可能性っていう意味に捉えてもらっても大丈夫だし、「未来へ」にも通じるし、仰る通りなんですよ。
凄く明確な意味があって「無限ファンデーション」を考えたんじゃなかったんだけど、なんとなく「無限ファンデーション」で行けるかなって感じで思いついた、僕が思いついただけなんですけどね(笑)。
「未来へ」って選択肢もあったんですけど、「未来へ」だけでは映画のタイトルとしは弱いんですね、分かり易過ぎてしまって。
勿論「未来へ」って映画なんです。未来ちゃんの話だし、最後の曲もそういう意味なんですけどね。それを脇の方から見ているのが『無限ファンデーション』ということです。

―― 西山小雨さんの【未来へ】がとても良かったです。歌詞も、特徴的な声なども、とても良かったです。

大崎章監督
僕が最初に【未来へ】を聞いた時に、一番心に残っているのはラストの間奏でピアノが盛り上がるところです。あそこが、素人風に言うと、オーケストラのように広がりがある、凄い広がりがあるから、ピアノを独りで弾いている曲というよりも、もっともっと世界に広がるようなイメージを勝手に感じて。そういうこと言ったと思いますよ、小雨さんに。あそこはすっごい弾き方をしますし。

―― 力強く未来に向かっていくイメージを感じます。

大崎章監督
映画『無限ファンデーション』大崎章監督
そうです、力強く自分自身に対しても聞いた人に対しても「当たり前なんかないよ」って凄く良くないですか?なんか「当たり前じゃなくていい」というのは「何をしてもいい」って…。なんだか凄く自由な歌詞だなと思います。

―― その意味すら即興に結び付きますね。

大崎章監督
そうなんです!

―― 最後に映画ファンへのメッセージをお願いします。

大崎章監督
今の世の中不安だらけで、誰しも不安がいっぱいあると思うんです。でも、夢に向かっていくということを持った方がいいと思うんです。それはちっちゃな夢でも大きな夢でも。この映画を観てもらえば、必ず夢に向かう力を感じられるし、絶対に誰もがその力を持っているんだよと伝えたいんです。だから沢山の中高校生に観て欲しいです。
是非、それを信じて、何かを信じて進んでもらえたら…。そうすれば必ず困難を乗り切れるとは言わないけど、そっちの方がいいんじゃないかと。変化をしていった方がいいし、前向きに感じて欲しいし、そういう映画になっていると思います!!
映画『無限ファンデーション』大崎章監督

2019年8月24日(土)より
新宿K’s cinema他順次全国公開中

■予告動画

■キャスト
南沙良

南沙良さん【インタビュー】最新主演作・映画『無限ファンデーション』台本がない即興劇に挑戦!

映画「無限ファンデーション」南沙良さんインタビュー

西山小雨
原菜乃華
小野花梨
近藤笑菜
日高七海
池田朱那
佐藤蓮
嶺豪一
片岡礼子

■スタッフ
監督:大崎 章
音楽・主題歌:西山小雨
撮影:猪本雅三
照明:松隈信一
サウンドデザイン:伊藤裕規
企画:直井卓俊
プロデューサー:越川道夫
助監督:張元香織
コンセプトデザイン:宮本茉莉
ヘアメイク:浅井美智恵
企画協力:Breath
協力:高崎フィルムコミッション

玉村町<日本/カラー/5.1ch/102min>
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

■公式サイト
https://mugenfoundation.com/

■コピーライト
©2018「無限ファンデーション」製作委員会




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  2. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  3. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  4. ライド・ライク・ア・ガール,画像
    前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く 映画『ライド・ライク・ア・ガール』…
  5. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  6. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  7. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る