普通は走り出す 渡辺紘文監督

異能・渡辺紘文監督の挑戦!
『普通は走り出す』劇場公開 &『叫び声』第32回東京国際映画祭出品記念
【インタビュー】

栃木県大田原市在住の映画監督・渡辺紘文映画音楽家・渡辺雄司の兄弟からなる映画製作団体「大田原愚豚舎」。大田原市を拠点に独自の映画製作を続ける彼らの最新作『叫び声』が第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されるなど、国内外で高い評価を獲得しています。
今回は、劇場公開最新作『普通は走り出す』特集上映「大田原愚豚舎の世界」、東京国際映画祭出品を記念して、様々な解釈が広がる渡辺紘文監督の作品群についてたっぷりと語っていただきました。

―― 監督が主人公を演じていらっしゃる本作ですが、どこまでが監督の素でどこからが創作なのかが判らなくなって、その内監督は素で全部演じているのかなとさえ感じました。

普通は走り出す 渡辺紘文監督

渡辺紘文監督

渡辺紘文監督
全く素じゃなくて、むしろ渡辺紘文というキャラクター、クズの映画監督というのをどういう風にすれば面白く出来るかを追求して生み出したキャラクターです。作中で名指しで映画関係者など色んな人が登場するのですが、そういう人に恨みもありませんし、あくまで創作です(笑)

―― あまりにもリアル過ぎて、それ故に“監督のことが知りたい”という気持ちになっていくんです。それは監督の狙いだったのかな、とさえ思いました。

渡辺紘文監督
そこまで僕を知って欲しいということはなかったです。むしろお客さんが、どうやったら笑ってくれるか、それが一番前提にはあった気がします。

―― 笑いを誘っていらっしゃる点もあると思いますが、ちょっとニヒリズム的なところがあり、抑うつとしたものがうまく表現されていると感じました。

渡辺紘文監督
僕のフラストレーションが多少反映されているのかもしれないのですが、映画を観ることでなぜかフラストレーションを溜め込んでいる人達が沢山いるなと思っていて、そういう人達を参考にした部分もあります。
例えば、話題になっている『ジョーカー』を観に行って「こんな凡庸な映画を作りやがって」みたいなことを言う人達もいるんです。なぜもっと純粋に楽しめないのかな?と思うのですが、映画を観てただ毒を吐いてる人達、自分のフラストレーションを発散させる道具として映画を使っちゃっている人達、そういう人達を参考にした部分もあります。そういう人達は率先してこのキャラクターを許せないと思うんです、自分達がモデルになってはいるのですが。

―― 鏡のような形で表現されているのですね。

渡辺紘文監督
僕自身だけではなくて、元々映画が純粋に好きだったはずなのに、いつの間にかねじ曲がってしまったというか、もちろん自分自身が反映されている部分もあると思うんですけど、純粋だったはずなのに何でこうなってしまったのかな、みたいな疑問からこういうキャラクターが生み出された部分もあると思います。
後半に自分らしき子供が登場し「これからお父さんと弟と映画を観に行くんだ」というシーンがあり、それは僕の子供時代でもありますし、お客さんにも本当に映画が好きだった頃を感じてもらえたらいいなというのもあるんです。

―― 監督自身は小さい頃から映画を観ていらっしゃったのですね。

渡辺紘文監督
そうですね。うちの親父がビートルズの熱狂的なファンで、映画も熱狂的なファンだったりしたので、幼少の頃から黒澤明監督の作品や山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズとか、洋画も色々と観ていました。

―― 『普通は走り出す』『叫び声』どちらも映画館で映画を観ているシーンがありました。純粋に映画が好きだったけど、その人達が皆いなくなってしまったようなイメージが込められているのですか?

渡辺紘文監督
心情的、心象風景みたいな映画館というよりも、田舎のリアルな風景という意味が強かったりするんです。ハリウッド映画を観に行ったとしても3人しか観客がいないような田舎の映画館の感じとか。

―― 観ていて感じたのは、観る人にとっては色んな解釈が生まれる作品で、監督が意図しない解釈もおそらく出てくるのだろうと、そういう幅の広さを感じました。

渡辺紘文監督
やっぱり、一つの答えを作り手が与える映画はあまり好きじゃないです。そういう映画作りもしたくないと考えているので、批判的な部分も含めて、色んな受け取り方、解釈をして欲しいです。

―― 『叫び声』もまさに色々な受け止め方があると思うんです。
例えば、東京に住んでいる我々と豚舎の経営をしてる人は、“食”という意味では依存関係にあって切り離せないわけです。でも、東京と大田原の生活環境はあまりにも違いがあるわけで、ありのままの大田原市の生活を訴える、伝えるみたいな狙いがあったのでしょうか。

渡辺紘文監督
特に、大田原の人達がこういう生活をしているよ、みたいなものを表現しようとは思わなかったです。昔から動物を相手に仕事をしているところに惹かれることは、何故かあって、『七日』(2015年)では牛舎で働いている人を撮り、牛を撮ったから豚を撮らなきゃいけないみたいな使命感が芽生えて(笑)

ページ:

1

2 3

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  2. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  3. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  4. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  5. 画像,EXIT
    韓国動員数940万人突破の大ヒット! 『新感染』の次に見るべきサバイバル・パニック映画はこれだ! …
  6. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  7. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…

Facebook





ページ上部へ戻る